第20話 野生動物とのふれあい

 そして魔猪を解体しようとして気付く。


「……そういえばこのナイフを使うのも初めてだったな」


 昨日買ったオリハルコン製ナイフを錬金術で強化したものだ。


「リア。素早く解体して処理しないと味が悪くなるんだよ」

「りゃあ」


 俺はナイフで大急ぎで解体していく。

 ものすごく使いやすい。切れ味も素晴らしい。

 我ながら素晴らしいナイフを作ったものだ。


「血抜きしないとだからまずここをこうやって……」

「りゃありゃあ」

「毛皮は価値があるから、あまり傷つけないようにしないとね」


 リアに聞かせるように作業内容を口に出しながら進めていく。

 リアは真剣な表情で、俺の手元を観察していた。


「毛皮は革になめしたほうがいいからな。このまま売るんだ」


 もちろん鞣しは錬金術でもできる。

 だが、必要な材料も何もない現状では物質転換や物質変換が必要となる。

 もちろん形態変化や形状変化も必須だ。

 つまり、錬金術で皮を鞣すのは大げさすぎるのだ。


 それは魔法で例えるならば、蝋燭へ火を灯すために火嵐ファイアーストームを使うようなもの。

 できないことはない。

 だが、繊細な調整に失敗すれば周囲が焼け野原になり、蝋燭は溶けきるだろう。


 聖剣を使ってバターをパンに塗ると例えてもいいかもしれない。

 可能だが、少しでも力加減を誤ればバターやパンだけでなく机まで斬り落としかねない。


 だから、特殊な事情でもない限り皮は専門業者に任せるのが一番だ。


 俺の説明をリアは真剣な表情でふんふんと聞いていた。

 毛皮だけでなく、牙や蹄、魔石を収納魔法へと仕舞っていく。

 今食べる分以外の肉も仕舞う。


「リアは生と焼いたのどっちがいい?」


 俺はそう言いながら、焚火を起す。

 そして近くにあった平べったい大きな石を上に乗せて熱していく。


「分厚くしてもいいけど、火が通らないと寄生虫が怖いかもな」


 野生のリアなら大丈夫だろう。

 だが人族の俺は少し気を付けた方がいい。


 とはいえ、寄生虫を体内に入れてしまっても、錬金術で作った薬を飲めばよいだけだ。

 だがそれは少し面倒だ。

 焼くことができるなら、あまり生で食べない方がいいのは間違いない。


 魔猪の肉を適度の厚さに切って、焼き始める。

 ジュウジュウという、おいしそうな音を鳴り、いい匂いが立ち込めはじめた。


「リアは生の方がいいのか?」

「りゃ?」


 リアはよくわかっていなさそうなので、とりあえず生の魔猪の肉を小さく切って与える。

 リアは羽をばたばたさせて、嬉しそうにパクパク食べた。


「やっぱり野生だから生肉が好きなのかも知れないな」

「りゃむりゃむりゃむ」


 そうしている間に自分の肉も焼き終わる。

 木の枝を使って、つまんで食べる。淡白な味だった。


「……うまいな。塩が欲しいけど」


 客観的に考えたら、塩が足りなさすぎる。

 だが、ものすごく空腹なので、おいしく感じる。


「素材の味ってやつだな」

「りゃむりゃむ!」


 空腹は最高の調味料とはよく言ったものだ。

 リアもすごくおいしそうに食べている。


「調味料も買っておくべきだな……」


 本当に買い忘れが多い。嫌になるほどだ。


「りゃありゃありゃあ!」


 俺が焼いた肉を食べていると、リアが鳴きながら羽をバサバサさせながら口を開ける。

 まるで親鳥に餌をねだるひな鳥のようだ。


「いっぱい食べなさい」

「りゃむ!」


 俺は生肉だけでなく、俺が食べていた焼いた肉もリアの口に入れる。


「りゃあ!」


 リアの反応は生肉より焼いた肉の方がいいようだ。


「焼いた肉の方が好きなのか?」

「りゃ!」


 どうやら、そうらしいので肉をどんどん焼いた。

 焼きあがった肉をリアの口の中に入れながら自分も食べてく。


 リアは猫舌ではないようだ。

 それも当然だろう。深紅の鱗を持つ竜は成長すれば火炎を吐くのだ。


 俺とリアが楽しくご飯を食べていると、背後から魔獣がゆっくりと近づいて来た。


「リャッリャッキシャアキシャアア!」


 魔獣に気付いたリアが警戒して鋭い鳴き声を上げる。


「大丈夫大丈夫。ただの魔狼だ」

「キシャキシャア!」


 リアは竜らしからぬ怯えようである。

 通常、竜というのは泰然としているものだ。


 だが、リアはまだ赤ちゃん。

 それに親元からはぐれて、傷だらけになっていた。

 怖い目に沢山あったのだろう。

 怯えるのも仕方のないことだ。


「大丈夫。全然怖くないからな」


 リアを落ち着かせるため、俺は優しく撫でてやる。

 そうしながら、後ろを振り返って魔獣を見る。


 そこにいたのは大きな魔狼だった。

 体高が一・五メトル近くある。


 魔狼は通常の狼よりも大きい個体がほとんどだ。

 とはいえ、体高一・五メトルは、特に立派な個体と言っていいだろう。


「ふむ? 身体はでかいが……がりがりだな」


 魔狼は、通常の狼と同じく群れで行動する。

 なのに、こいつは一頭だけで行動している。

 一頭だけでは狩りをするのも大変だろう。痩せてしまうのも仕方ない。


「ガルルルルル」


 飢えた魔狼は俺を睨みつけながら低い声で唸った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます