第2話 転生? 転移?

 一変していたのは風景だけではない。

 季節、風の匂い。時刻も違う。


「魔王城の中で魔王と戦っていたはずなのだが……」


 魔王城どころか室内ですらない。周囲はまばらに草の生えた平原だ。

 しかも昼だったはずなのに、夜である。


 それだけなら何時間か寝ていたのだろうと判断するのだが、季節が違う。

 冬だったはずなのに、今は暑い。


「……魔王は? ……逃げられたということか?」


 魔王の気配は周囲にはかけらもなかった。

 魔王が最後に行使しようとした魔法は、明らかに逃亡のための魔法だ。


 そして、今俺の目の前に魔王がいない。

 ということは、俺は魔王を最後の最後で逃がしたということだろう。


「……本当に詰めが甘い」


 反省してもしきれない。

 油断、いや、驕りがあったのかもしれない。

 史上最高の錬金術師、大賢者と称えられ、調子に乗っていたのだ。


「常に驕らないようにと心掛けていたつもりだったのだが……」


 いつの間にか俺は驕っていたのだろう。

 八十歳にもなって恥ずかしいことだ。


「まさか賢者の石を横から勝手に使われるとは……」


 通常では考えられない事だ。

 俺の支配下にある賢者の石を、プロテクトをこじ開けて横から強引に使うなど。


 どのような術理を使ったのか。

 さすがは魔族の王にして魔法の王。魔王である。

 魔法は錬金術の下位互換とすら言われている。

 そんな魔法も極めたら、錬金術よりも恐ろしいことができるのかもしれない。


「いや、錬金術を魔法の上と考えていたこと自体、傲慢だったということだろうな……」


 プロテクト自体は錬金術ではなく魔法だ。

 ならば、魔法の王である魔王が、錬金術師のプロテクトを食い破ってもおかしくはない。

 そんなことにも気づかないとは。


「弱い魔導師ばかりを相手にしていたせいで、油断していたのかもしれない」


 俺が出会った魔導師は、一流と呼ばれるものですら俺より魔法の下手な者ばかりだった。

 やはり魔王は別物だ。

 これからは魔法にも一層敬意を払わねばなるまい。


 俺は反省のあまり、思わず額に手をやった。


「……なん……だと?」


 その時、初めて気が付いた。

 肌の質感が違う。髪の毛もふさふさで、つやつやだ。


 自分の身体を見た。なぜか全裸だった。気温が暖かくて良かった。

 いや、そんなことはどうでもいい。


 なぜか肉体が若々しかった。まるで二十歳前後のころに戻ったかのようだ。


 今の俺は八十歳。

 衰えないよう鍛えたり、錬金術の秘薬で老いを遅らせようとはしてきた。


 それでも歳には勝てなかった。

 もちろん「お若いですね」とよく言われた。

 だが、それは七十台にしか見えないとか、六十代かと思いましたとかそう言うレベルだ。

 二十歳前後は明らかに若すぎる。


「これはどういうことだ?」


 普通に考えたら、魔王の魔法による効果だろう。

 だが、魔王が俺を魔法で若返らせるメリットは皆無だ。


「この状況は、もしや魔王にとっても想定外の事態なのか?」


 頭をフル回転させて考える。

 魔王が逃亡に使う魔法。そう考えると、最も可能性が高いのは転移魔法だ。


「俺の肉体はともかく、季節と時刻が真逆ということは……」


 星の裏側に転移させられていれば、時刻も季節も真逆になる。

 だから、俺は天測して現在地を調べてみることにした。


「……おかしい。ここは魔王城の位置だな」


 俺は天測の素人なのであまり正確ではない。

 だから、さほど精度の高くない俺の天測による誤差は当然あるだろう。

 とはいえ星の裏側ならばさすがにわかる。


 天測だけでは不安なので、念のために改めて周囲の地形を注意深く観察する。

 遠くに見える山の稜線には見覚えがあった。

 俺の今いるこの場所は、魔王城の位置からそう遠くないようだ。


「とりあえず、情報を集めないといけないな」


 魔王の術が成功した結果としてこうなったのか、失敗したせいでこうなったのか。

 それもわからない。


「魔王がどうなったのかも気になる。とりあえず人里に向かって情報収集だな。だが……」


 その前に大事なことがある。俺は全裸なのだ。

 そこで俺は近くの森へと入り、草木から衣服を作ることにした。


 賢者の石はなぜか消失していた。

 賢者の石なしで、物質転換を使うと魔力消費が大きすぎる。

 念のためにやめておいた方がいいだろう。

 近くに魔王がいるかもしれないのだ。


 俺は魔力消費を抑えるために形態変化を用いて衣服を作る。

 木の皮から繊維を取り出し、魔法で編み込んで服にしていくのだ。


 服作りは数十年前に一度やったきりだ。なかなか難しい。

 あまりよい出来とは言えないが、何とか服と呼べるものを作り出して着用した。



 そして、俺は歩き出す。

 あてもないので、探索魔法で人がいないか探りながら歩いていく。


 そして二時間歩き、魔王城から最も近い街があった場所まで来た。

 だが、そこはただの原野だった。


「……どういうことだ?」


 注意深く見てみると、建物の基礎の名残や柱の後のようなものがところどころに残っている。

 道の痕跡も、なんとなくわからなくもない。

 それはそれとして、困惑することが多すぎて「どういうことだ?」が口癖になりかけている。

 気を付けなければなるまい。



「……まるで街が滅んで数百年後のようだ」


 そして俺は一つの可能性に思い至る。

 今は魔王と戦ってから、数百年後なのではないだろうか。

 もしかしたら魔王の発動した魔法は転移魔法ではなく転生魔法だったのではないだろうか。

 それに巻き込まれて、俺も転生することになったのかもしれない。


「俺は数百年後の世界に転生したということか? いや、しかし……」


 転生ならば現世の俺が生まれてから今までの記憶がないとおかしい。


「転生でも転移でもないのか? だが痕跡を見ると数百年は経っていそうだが……」


 困惑しながら、再び俺は周囲を探索魔法で捜索しながら歩き出す。


「薬草が沢山生えている……」


 これだけ良質な薬草が生えているのに手つかずだ。

 冒険者や錬金術師たちは、この群生地に気付いていないのかもしれない。

 非常に幸運と言っていいだろう。


 俺は嬉しくなって、どんどん薬草を採集していった。

 藪をかき分けて、木の皮の服がボロボロになっても気にしない。


「薬草を沢山採れるのはいいのだが……」


 蚊やアブが刺そうとしてくるのが、とてもうっとうしい。

 蚊などは刺されたらかゆいだけではない。

 病気を媒介することもある。非常に厄介だ。


 俺は近くにあった沼地にいって、虫よけのために全身に泥を塗る。

 木の皮の服が汚れるが、どうせ使い捨て前提で作ったものだ。

 構わず上から泥を塗りたくった。


 そうして薬草採集に熱中していると、お腹が「ぐぅっ」となった。

 夜空を見上げて時刻を確認すると、四時間ほど経っていた。

 時間を忘れて薬草採集に熱中していたようだ。

 お腹が空くのも当然である。 


 俺は食べられるものを探す。

 川のほとりで蛇と蛙を見つけたので解体して焼いて食べた。


 ナイフがないので硬めの石を砕いてナイフ代わりにしたのだ。

 錬金術でナイフを作ってもいいのだが、魔力を節約することにした。

 何が起こるかわからないのだ。


「あまり出来のいいナイフにならなかったな」


 切れ味が悪いため、きれいに切れず返り血を浴びてしまったが仕方がない。

 どうせ泥だらけなのだ。


 お腹が膨れると、再び薬草採集に熱中する。

 蛇の皮をベルト代わりに、蛙の皮を帽子代わりにして快適に採集を続けた。

 人を探すため、広範囲に探知の魔法をかけながらだ。


 夜が白み始めたころ、やっと遠くに俺は複数の人がいることを探知できた。


「やっと人と会える!」


 俺は嬉しくなって走り出す。

 だが、人のもとにたどり着いてみると、戦闘の真っ最中だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます