第35話 井戸を作ろう

 家に限らず、何かを作るのは楽しいものだ。


「ふむ。とりあえず、地下に水が流れているか調べてみようか」


 俺は魔法で地下の状態を調べる。

 予想通り沢山の地下水脈が走っていた。

 大きな川が近くを流れているのだ。地下に水脈がない方が珍しい。


 俺はまず井戸を作ることにした。

 錬金術で、足元の土と大気中の空気を入れ替えることで、効率よく穴を掘る。

 ヨナやトマソンと出会った時、魔熊に使ったのと同じ術である。


 同じと言っても今の穴掘りの方がずっと簡単だ。

 空気中の水を集めなくてもよいし、集めた土を空中に保持せずとも好いからだ。


「りゃっりゃ!」


 錬金術に興味があるのか、興奮気味にリアが鳴く。

 せっかくなので、俺は説明しながら進めることにする。


「リア、これは錬金術用語で物質移動という技術なんだ」

「りゃぁ~」


 物質移動は錬金術の術理の中でも基礎中の基礎だ。

 魔力消費も計算も、物質変化などに比べて圧倒的に少くて済む。


「簡単だから錬金術を学ぶならこれからスタートしてもいいかもしれない」


 俺はリアに説明をしながら、円筒状に水脈まで穴を掘る。

 横の壁は、ヨハネス商会で買った石でしっかりと固めながら掘り進めた。


 掘り終えると次は地上部分に石を加工して組み立てる。

 そして金属を加工して、手押しポンプも作って設置しておく。


「成形だけなら簡単にできる。だが装置は機構を理解してないと作れないんだ」

「りゃあ?」

「錬金術師は装置の構造にも詳しくないといけないんだよ」


 リアにそんなことを説明していると、遠くから子供が眺めていることに気が付いた。

 こげ茶色の獣耳と尻尾が生えているので獣人の子供だろう。


 木の陰に隠れてこっそりと見ている。

 とはいえ、熟練の冒険者の俺にとっては丸見えなのだが。


 ガウも気付いて、警戒しているのか姿勢を低くする。

 吠えないのは偉い。


「ガウ。警戒しなくていい。吠えなくて偉かったな」


 俺はガウの頭を優しく撫でながら子供を観察する。


 十歳前ぐらいの男の子だ。

 王都の外に普通の子供がいるわけがない。避難民の子供に違いない

 手に木の桶を持っている。川に水を汲みに行こうとして俺たちに気づいたのだろう。


 俺は子供に気にせず井戸の装置を動かす。

 取っ手を手動で動かすと、ポンプで水がくみ上げられる仕組みだ。

 しばらく動かすと、バシャバシャと水が蛇口から流れ始める。

 その水を桶にためた。


 そしてまず俺が飲んでみる。

 錬金術の分析技能で、毒性がないことはチェックしている。

 だが、水は本当に細かな内容物の違いで味が違うのだ。


「ふむ。おいしいな。ガウたちも飲んでいいよ」

「りゃあ!」

「がぅ!」


 リアが俺の肩の上からぴょんと降りて、ガウの頭の上に乗る。

 そしてガウは嬉しそうに、その桶から水を飲みはじめた。

 リアはガウの耳を掴んで、自分も身を乗り出して水を飲んでいる。


 リアもガウも喉が渇いていていたのかもしれない。


「おいしいか?」

「りゃ」


 リアは返事をしたが、ガウはぱちゃぱちゃ音を立てて、一生懸命水を飲んでいた。

 そんなガウとリアを撫でてから、俺はこちらをうかがう子供に声をかける。


「少年。水が欲しいなら、これを使いなさい」


 気づかれているとは思わなかったのだろう。

 子供は、びくっとした後、ゆっくりと近づいて来た。

 子供はガウをじっと見ている。


「その大きな魔物は、お兄さんの?」

「ガウか? ああ、俺は冒険者で、ガウは俺の従魔なんだ。危険はない」

「冒険者なんだ、凄い」

「俺はルードヴィヒ。ルードと呼んでくれ。そして、こいつらはガウとリアだ」

「おれはタルホっていうんだ」


 自己紹介を済ませると、タルホの興味は井戸に移る。


「ルードさん、これは何だい?」

「これは井戸と手押しポンプだな」

「手押しポンプ?」

「これをこうやって……」


 使い方を実践して見せると、タルホの目が輝いた。

 尻尾が勢い良く揺れる。きっと犬か狼あたりの獣人だろう。


「す、すごい!」

「手押しポンプはそう珍しい装置ではないだろう?」


 少なくとも千年前には普及していた装置だったはずだ。

 それに金属加工だけでいいので、錬金術なしでも作ることができる。


「そりゃ、おれも見たことあるけど、ルードさんあっという間に作ったから」


 装置自体に驚いたのではなく、あっという間に作ったことに驚いたようだ。


「……俺は本物の錬金術師だからな、そのぐらいできる」

「本物?」

「ああ、巷の自称錬金術師は詐欺師だが、俺は本物だ。このぐらいはできる」

「す、すげー。錬金術師すげー」


 タルホは心底感動しているようだった。

 錬金術師への偏見が少ない子供に錬金術の凄さを広めるのはいい方法かもしれない。


「タルホ。この井戸は自由に使っていいよ」

「え? いいの?」

「ああ、みんなにも使っていいって伝えておいてくれ」

「ありがとう!」

「もし希望があれば、もっと集落の近くに井戸を作ってもいい。言われたらすぐ作るよ」


 便利な井戸とはいえ、集落の近くに勝手に作るのはよくない。

 希望を聞いてからにすべきだろう。


「すげー、さすが本物の錬金術師!」

「遠慮はしなくていいからな」


 俺はそう言うと、次の作業、つまり家の建築へと移ることにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます