第33話 ヨハネス商会への帰宅

 ギルド受付担当者はニコニコしていた。


「えっと報奨金ですが、魔人三匹討伐で三千万ゴルド。炎の魔人の賞金が五千万ゴルドです」

「それはありがたい」


 合計で八千万ゴルドである。

 魔人を一匹倒せば千万ゴルド固定でもらえるシステムらしい。


 千万ゴルドというと、トマソンたちと出会った時に倒した魔熊の賞金の二倍だ。

 魔人は、あの魔熊より二倍以上強いと思うが、そういうシステムなら仕方がない。


 ゴブリンと魔猪の討伐の報奨金を合わせて八千八十万ゴルドだ。

 これだけあれば、俺が出した薬草採集の依頼の報酬も充分払えるだろう。


 それに色々なものを買える。小さな家も買えるかもしれない。

 だが、小さな家ではガウはつらかろう。

 ガウと一緒に暮らし、錬金術の工房も用意するには八千万程度では難しい。


「ぁぅ?」


 ガウがこっちを見上げていたので、俺はガウの頭をワシワシ撫でた。

 三千万ゴルドだけ受け取り、残り五千八十万ゴルドはギルドに預けておく。


 その後、俺はリアとガウの従魔登録を済ませる。

 冒険者カードを魔導機械にセットして、ガウとリアの魔力を登録するのだ。

 本当にすごい技術だ。


 やることを全て終わらせて、俺は冒険者ギルドの建物を出る。


「さて……」

「がう?」


 大きなガウがいる以上、ヨナの居候を続けるのは難しかろう。

 だが、ヨナにはこれまでのお礼を言うべきだ。


 それにせっかく大金を手に入れた。

 ヨナとトマソンたちのためにお礼の菓子折りを買って、ヨハネス商会へと向かう。


 ヨハネス商会の従業員用通用口から入ると、たまたま従業員の一人と出くわした。


「うわっ」

「すみません。うちのガウが大きくて……」

「なんだルードさんでしたか。従魔ですか?」


 その従業員は、俺がヨナたちに出会った時の荷馬車の一行の一人だ。

 それゆえ、俺とは顔見知りなのだ。


 俺はガウとリアのことを紹介する。

 そして、大きなガウのために宿を変えようと考えていることを従業員に話す。


 それを従業員は真面目な顔で聞いていた。

 俺が話し終わるとすぐに従業員が言う。


「すぐにヨハネス商会長を呼んできますね」

「ヨナは忙しいだろうから呼ばなくても……」

「そういうわけには参りません。とりあえず、ここは狭いのでこちらで!」


 従業員は俺とガウ、リアを通用口から少し入ったところにある食堂へと案内してくれた。


「本当は客間に案内したいのですが、ガウさんは大きいですからね!」

「ぁぅ」

「ヨナは忙しいだろうから、伝言してくれるだけでいいのだが……」


 俺はもう一度そういったが、従業員は気にしない。


「少し待っていてくださいね! すぐ連れてくるので! ルードさんにお茶をお出しして!」


 ヨナは忙しいと思うので遠慮しようとしたのだが、職員は走って行ってしまった。

 すると、すぐにお茶とお茶菓子が運ばれてくる。

 ガウとリアにも白湯が出された。


「がふがふがふっ」

 ガウは喉が渇いていたのか勢いよく飲む。


「りゃっりゃ!」

 リアはお茶菓子が気に入ったようだ。両手でつかんでハムハムたべる。


「ルードさん! お待たせしました」


 ヨナは本当にすぐに来た。

 ヨナの声がした瞬間、肩に乗っていたリアは警戒したのか俺の後頭部へと回り込む。

 あまり隠れ切れていない。尻尾は完全に見えている。


「さすがはルードさんの従魔です。本当に大きいですね!」


 そしてリアの尻尾に気づく。


「その子は竜の子供ですか? その子も従魔なのですか?」

「そうだ。竜の赤ちゃんだな」

「さ、触っても?」

「リア、竜の赤ちゃんは警戒しているから、もう少し待ってくれ。ガウなら大丈夫だ」

「はい。ヨナ・ヨハネスです。よろしくお願いしますね」


 ヨナはテンションが高めにガウとリアに自己紹介をする。

 もしかしたら動物が好きなのかもしれない。


 すぐにヨナはガウを撫で始める。ガウは無言で尻尾を振っていた。

 そして、俺はヨナに経緯を説明する。


 ヨナはガウを撫でながら真剣な顔でふんふんと聞いていた。


「そういうことがあったのですね」

「ああ、そこでガウと一緒に過ごせる部屋に移ろうと思っているんだ」

「……確かに護衛用の宿舎では狭いかもしれませんね」


 俺は今まで泊めてくれたお礼を言い、菓子折りを渡す。

 すると、ヨナが言う。


「ですが……。王都で宿をとるのは難しいかもしれません」


 魔王軍のせいで避難民が大量に押し寄せてきている。

 宿屋はもちろんのこと、空き家空き部屋の類いも満杯なのだそうだ。


「需要が高くなりすぎたせいで、家賃も高騰もしていますし……」


 貧しい避難民の中には家のない生活をしている者も多いようだ。


「……そうだったのか」

「がぅー」


 今日明日なら、俺は冒険者ギルドの宿舎に泊めてもらえることになっている。

 だが、冒険者ギルドの宿舎はみんなの施設。一人で長い期間専有するわけには行かない。


「私としましては、ガウさんとリアさんが部屋に泊まるのは全く問題ないのですが……」


 そしてヨナはガウの頭を撫でる。


「ガウさんは狭くてストレスがたまりそうですよね……」

「……王都の外に小屋を建てるのは違法だろうか?」

「違法ではないですが……危険ですよ」


 ヨナは心底心配そうにそう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます