第46話 ナルキッソスのくちづけ

 

 夜カフェの次の日は、特別におやすみの日曜日。

 何故なら毎年この時期は、とある田舎のワイナリーに招待されているからなんだって。

 今年できた葡萄酒を片手に、天からの恵みを祝う収穫祭。


「結花も一緒に行こうね」

 誘ってもらって時雨さんと恭さんと三人で列車に揺られていく。本当は車で行かないと不便なところだけど、ワイン飲みに行くから帰りの運転がだめなのです。


 恭さんがめずらしく寡黙だ。いつも私をからかうような目で見るのに、今日は静寂が似合う横顔で窓の外を眺めている。

 怒っているのかと思ったけど、瞳の色は優しいから、それは違うみたい。まるで流れる景色と同化したようにやわらかく。

 黙っていると睫毛の揺れすら優雅で、美しいなと素直に想うんだ。


 わずかな陽が射す曇りの中を列車はゆっくり進んでいく。窓の外にはコスモスが揺れている。つられているのか、時雨さんも何も喋らない。

 三人が並んで座れる席に、私をはさんで二人が座っているの。私は時々交代で二人の耳からイヤフォンを借りて、両方の音楽を聴き比べてみる。私のこの甘えた行動で、大切な人たちを繋げているみたいで勝手に嬉しくなったりしてしまう。


 時雨さんはフォーレを聴いていて、恭さんはどこかなつかしい甘めの洋楽。

 曲名を覗いたら、The Lovin' Spoonful「Rain on the Roof」ですって。

「偶然知ったんだけど、かなり前の曲らしい。カフェのテーマ曲っぽいだろ?」

 片頬を上げてウィンクするのが、やはり恭さんらしい。

 カフェ『雨の庭』であり、私たちの曲。なんて。

 君がすきだよ。スプーン一杯分ね。そう言われたみたいに。まるくて、甘くて、かき混ぜるもの。



 駅からかなり歩いて、急斜面の葡萄畑に到着した。もう収穫が終わって葡萄の粒は残っていないけど、まだ葉は枯れずに緑の割合が多い。

 その丘の向こう側にレンガ造りのワイナリーの建物があった。中はヒンヤリとして一筋の光が射して、ステンドグラスが美しい教会のよう。


 髭のソムリエが「テイスティングはグラスは持ち上げずにテーブルに置いたまま、そっとグラスの台の部分を揺らしてみて下さい。それから口にお含み下さい」と言うので、その通りにしてみる。誓いの儀式のように厳かな空気が流れる。

 できたてのワインのフルーティ具合。光が舞うように、新しい香りがふわっと立ち昇る。背筋をピンとさせて、清々しい気持ちになっていく。何故だか今日は神妙な心持ちになる。


 人混みが苦手な私たちは、いつしか葡萄畑の端にある木のテーブル席を見つけて、そこに移動した。

 時雨さんはゆっくりカメラのシャッターを切りながら、何か手帳にメモ書きをしている。恭さんはスケッチブックと色鉛筆を取り出して、丘の絵を描いている。

 今日は暖かいから二人とも白いシャツ姿で、葡萄畑から吹いてくる風にはためく後姿に、私はただ見とれている。

 ワインが効いてきて、ぼんやりと眠い。

「あ、またこの子おねむになっちゃった」

「ブランケットかけとかないと、風邪ひいちゃうな」

 うつらうつらしていると、二人の声がだんだん遠くなる。ぽわん。



 夢を見ていた。森の奥に木の小屋があって、私は外からその窓をのぞきこんでいる。煮込まれたお鍋からおいしそうなシチューの香りがしてきて、思わず唾を飲み込む。湯気が上がって、少しずつ窓が曇って見えなくなっていく。あれ、テーブルにいた二人はどこ。


 はっとして目が覚めた。夢、だよね。あれ、でも周りが真っ白。これって霧なのかな。いつのまに? 雲の中に置き去りにされてしまったみたいだ。


 かき分けると少しずつ視界が開けてきて、見えたものに戸惑う。

 心臓がどきんとして、体が硬直してしまった。


 二人の時雨さんが、キスしている。相手を求め合うように。

 

 それはまるで合わせ鏡で、ナルキッソスのくちづけのようだった。


 ギリシャ神話。ナルキッソスが水面を覗き込むと、そこには美しい少年がいた。

 それは鏡に映った自分。自分に自分で恋に堕ちる。もう二度と離れることもできず、そこに咲く水仙の花、ナルシスになる。

 

 霧の中の二人は、二人ともそのナルシスのようで、美しくて近より難い。

 頬に手を伸ばし、手を取り合い、慈しむように。二人はそれぞれ別の人間でありながら、互いを求めて一つになろうとする幻影に見えた。


「本当の私を知ったら、結花は、私をきらいになる」

 その言葉の意味は、こういうこと?

 二人が私の方を振り向いた。確かに目が合ったのに、何も見なかったかのように、再びくちづけをはじめる。まるで私に見せるかのように。


 そろそろ私たちの正体を明かそうか。そんな声が確かに聴こえた。禁断の果実。



「起きてる? 結花?」

 帰りの列車の中で、無意識のうちに通路をはさんで反対側に座った。膝を抱えて小さくなった私のところに、二人がやって来る。


 聞いてくれる? そう言って、私の左手を両手で包むのは菜月さんだ。


 私が愛しているのは恭だけだ。今までも、きっとこれからも。

 ずっとそう思って生きてきた。そして、私の片想いだと思っていたんだ。 

 恭が女の子を抱くと、私にはわかる。苦しい、甘い、空しい、伝わって来るダイレクトな手触り。

 そんな時の恭の顔が見たい。知りたい。一人でずっと悶々としていた。

 そんな自分が嫌で、もう逃げたかった。だから、高校を出てすぐに家を出て一人暮らしをはじめた。


 私の右手を握ってから、恭一さんも話し出す。


 菜月だけじゃないよ、俺もだ。そう伝えに行って、この手に取り戻したかったけれど、菜月は禁忌タブーを震える程に恐れていた。

 互いが他の異性とふれあうと感じるその現象は俺にも起きていて、菜月が思い余って境にはじめて抱かれた夜は、自分を喪失するくらいの苦痛を味わった。

 なぜ、あいつなんだ。俺がいるだろうにって。滑稽だよな、兄妹で、双子で、誰にも許されないのに。


 二人が交互に想いを告げるのを、私は受け止め切れないままに、ぼんやりと聴いていた。夕闇に堕ちていくのは景色だけではなく、私の沈んだ心。


 恭も私を愛してると知った時、私はもうそれで十分だと思った。願いは叶ったんだ。

 けれどもう人生は終わりだ。もしも私が恭と合わさったら、きっとぴったり合い過ぎて、ロックがかかって外せなくなるんじゃないかと思って、私は怖かった。だから境に頼んで形を崩してしまいたかった。誰でもいいわけじゃなかったんだ。


 俺はそれが理解できなかった。もう二度と外れなくなるなら、それならそれで構わなかったのに。

 タブーなんてどうでも良かった。不吉なことが起こるとか、誰かに決められた謎の仕来たりより、菜月に裏切られた方が辛かった。だから無理矢理、離れることにした。


 そのあと恭は他の女を探し始めた。誰かと寝ると、夜中に私の中でリアルで残酷な感触として響く。だから、私はアメリカに渡ったんだ。

 けれど、遠くに行けば薄くなるという思惑が、より恋しさがましてしまうなんて。顔も見えないところにいて、性反応だけ強くなるだなんて、まるで拷問だったよ。


 俺も同じだった。必死で耐えていたけど、もう限界で。境に告白して、菜月を迎えに行ってもらった。傍にいないと、精神的にも肉体的にも参ってしまうんだ。


 私たちは無理に離れられないことを知った。けれど、強固に惹かれていても、未だに抱き合うこともない。互いが互いの相手にすることを感じて通じてきた。稀有な人生だ。


 世の中の男女の双子がこんなんだったら、みんな生きていくのが辛いだろうな。もう狂ってるんだ、俺たちは。だけど。


 結花が現れて、景色が変わった。


 君がいてくれたから。


 結花がいたら、大丈夫な気がした。



 苦しかっただろうな。いや、現在進行形で。


 わからない。わからない。けれど。


 私の目から勝手にどんどん涙がこぼれて、ほんとは拭いんだけど、二人に手を握られているから、できないよ。

 代わりに二人が受け止めてくれる。あふれる涙がつたう頬に手をよせて。


 そんな日々に希望をくれたのが、結花だった。なぜだか、甘くてしあわせになる。

 君を通して、より結びつく。そして、君がもっとすきになる。はじめての感覚だったんだよ。



 私たちの、恋人になってくれないか。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます