第24話 Don't think, TOUCH !


 水曜日の午後、境さんが暑中見舞いにアイスクリームを抱えてやって来た。

 私は待ってましたとばかりに、盛大にえーんと泣きつく。


「境さんたら酷いよぉ。時雨さんが双子だってこと教えてくれないなんて」

「まあな、トップシークレットだからな。これで結花も秘密結社の一員だ」

 ウィンクをしながら境さんが袋を開けると、時雨さんと恭さんがさっと自分の分を取っていった。早っ。お気に入りがあるんだな。 


「具合悪い時は、店の他の者に任せて休んでいいって言ってるのに、恭が面白がって店出たがるからな」

「今まで気づいた奴いないよ」

 まったく悪びれもせず、恭さんがコーンのチョコアイスにカリカリ噛り付きながら言う。

「もともと俺と境が知り合った方が先なんだ。同じ男子校出身だからな。ね、先輩」


「こいつ生意気な1年で有名でさ、でも話したら気が合っちゃったわけ。それである日家に遊びに行ったら、同じ顔の女の子がいた。腰抜かす程の衝撃のせいか、なぜだか、ひとめぼれ」

 ふっと笑う境さんが、なつかしそうな顔をする。


「境、変態なんだよ。俺と同じ顔に惚れるとか、ほんとは俺のこと好きかよって思って焦ったもんな」

「俺にも未だにわからんよ。どういう思考回路でそんな面倒なことになるんだか。菜月も最初すごい胡散臭そうに俺のこと避けてたしな」

「恭から、色々武勇伝だけ先に聞いてたからね」


 時雨さんはカップのかき氷を木匙でつつきつつ、イチゴで舌を赤くしながら笑ってる。

「あ、いや、黒歴史は忘れようか……」

 境さんは分が悪くなってきたので、冷蔵庫にビールを取りに行った。


 あの大人な境さんがこの二人にかかると、高校生みたいに屈託なくって。三人、仲がいいんだなぁ。

 でも、ほんと理解不能。友人にそっくりの女の子をすきになるって、常人にはさっぱりわかんないよ。



 ランラン、しろくまアイス。パイナップルが入ってるの。

「やっぱ残るのはこいつか。うまいのにな」

 バニラアイスを片手にソファーに座った境さんは、蓋の裏についたクリームを舐めるかどうか迷ってるみたい。一人だったらきっとやってるね。


 いや、それより今がチャンスだ。

 時雨ツインズがおつまみを作りに同時に席を立ったので、私はこの隙に、境さんにこの前のほくろの一件の話をする。耳にかぷってされたのは隠しておこう。

「だから、ほくろも使えないんです。でも、境さんには見分けがつくんですよね。教えて下さい。どこなんですか」

「そんな大事な研究成果、簡単に教えるわけないだろ。それとも、教えたら見返りある?」

「はぁ?」

「恭に抱きつかれたんだって? やりそうなこったな。抱きごこち最高って言ってたぞ。俺も……」

 ぱしっ。皆まで言わせないぞ。抱きごこちって何よー。抱き枕じゃあるまいしっ。

 もうー、境さんと恭さんってめっちゃ同じ香りがする。同類項だー。カッコでくくってまとめておかないと! 名前も「キョウイチ」同士だもんね。この人たちロクな高校生じゃなかっただろうなぁ。


 気を取り直して。

「左利きは完璧に見抜くポイントだと思うんですけど、これすら恭さんクリアしちゃうんです。右でも同じように何でもできちゃうんだもの」

「あいつ凄い器用だし、観察眼も半端ないからな」

「だから、境さんに聞いてるのにぃー」

「表情とか目の輝き具合とか、俺にはね、すぐ分かるの。長年の付き合いだからな。それよりも決定的なのは……」


 ん? 決定的なのは? 私はそこに食いつく。

「恭一の接し方。菜月と誤解されて抱きつかれたりしたら鳥肌もんだからって、俺にはすごくわかりやすくする」

 ……私には寧ろ誤解されようと騙してくるんだな。ああ……。


「だけどさ、結花、バカだな。もっとはっきり区別できるもん、あんだろーが」

 え? それ、何ですか? もったいつけてないで教えて下さいよー。


「さわればいいんだよ。胸。いくら菜月がツルンとはいえ、さすがに違うから」

 きゃぁあああー。そんな大胆なーーー。

「ま、俺が菜月にやると、ぶっ飛ばされるけどな」


「もっと言ったら、下。むぎゅっと、ついてるやつ」

 ……。いちいち話すたびに、そんなセクハラできませんっ。


 でもでも、そうだ。キスする時は、それ必要かも。

 折角くちびるにちゅが解禁になったのに、ごたごたしてて全然時雨さんに抱きつけてないんだもん。

 あ、もちろん胸の方ね。時雨さんにさわれる、正当な理由ができちゃった。しめしめ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます