第2話 いつのまにか隣で眠ってる


「ああ、ごめん。ほぼ99%くらい誤解されるんだけどさ、私、女なんだよね。この声で、この喋り方だろ。眉毛は上がってるし、無理もないんだけどね。これでもノーマルだよ」


 口がお魚みたいにぱくぱくしている私に、時雨さんは呼びかける。

「おーい、ダイジョブかー」と、目の前で手をひらひらさせながら。

 だ、だめです。ショックがでかすぎて無理です。理解できません。

「ごめんなさいっ」

 とにかくその場から逃げるように走り出すのが精いっぱいだった。


 部屋に帰ってシャワーを浴びながら、混乱した頭を冷やそうとした。

 私、女の人、すきになっちゃったんだ。いつのまにか、だいすきに。

 片想いは覚悟の上だったけど、こんな形で失恋するなんて。

 あ、これからどうしよ、バイト。……もう続けられないよね。


 よくよく考えてみたら、思い込みってのは恐ろしい。

 一人称は「私」だったんだよね。俺でも僕でもなくて、わたし。でも、男の人でも「私」の人っているんだもーん。


 結局、夜の間ずっと眠れなくて、自分が仕出かした恥ずかしい告白を思い出してはうなされてた。

 とにかく今日はだめだ。お休みの電話をカフェに入れる。

 時雨さんが「わかった。でも、明日は来いよ。待ってるから」って。


 待ってるから、待ってるから、待ってるからー。うわぁあ。

 耳ふさいでも彼女の声がこだまする。ああ、だいすきなあの声。

 一気にものすごい疲れが襲ってきて、私はそのまま倒れ込むように眠ってしまった。


 目覚めた時にはもう日は傾いていて、薄紅色の夕暮れの空がきれいだった。

 ベランダに出て、外の空気を思い切り吸う。ああ、世界は変わっても終わってもいない。

 私はどうすればいいかな。もう見てるの辛い。

 でも、もう会えなくなったらもっと辛い。そんなのやだ。


 ねえ、私の恋ってそんな程度? 相手が女だったら、とっとと退散しちゃうくらいの想いだったの? 自分を挑発するような質問を投げかけてみる。

 だってノーマルって言ってたよ。女なんだから、時雨さんがすきになるのは男の人。恋の相手としては絶対選んでもらえないってことだよ。いいの、それで? 大体私だって女の人すきになったのなんて、初めてだよー。


 次の日カフェに行ったら、いつもと変わらない笑顔で時雨さんは迎えてくれた。

 だから私は自分の気持ちは封印して、ここにいようと決めた。だって、時雨さんは時雨さんなんだもの。もうだいすきなんだから。正直、女だって構わないよ! (ええー?)


 ともかく私は仕事に打ち込んだ。今までぽわわんと見とれてばかりだったから、ちゃんとここの戦力にならなくちゃ。ほら、きちんと笑顔で接客しよう。



 私の告白から1週間くらい経ったある晩、時雨さんが「この後飲みに行こっか」と閉店後に誘ってくれた。あ、見るにみかねて慰めてくれるつもりだな。


 時雨さんが行きつけのBar『Rain's Coat(レインズコート)』に連れて行ってくれる。

 レインコートRaincoatじゃなくて、Rain'sなのはなぜ。

 目印の看板には、小さな男の子がレモン色のレインコートを着ている絵。その子の胸には「雨」って名札がついていて、空色のおっきな傘を持って、青と白のしましまの長靴を履いてるの。雨君なのね。


「こんばんは、グレ。かわいいお連れさまと一緒とは」

「マスター、この子に似合うカクテル作ってやって。度数は低めのね」

 出てきたカクテルは淡いイエローで、匂いはパイナップルジュースみたいだった。飲んでみたら、夏の海岸のトロピカルな風が一気に吹いた。おいしーい。

 BGMに昔のミュージカル映画『Singing in the Rain』がかかって、めっちゃスキップしたくなる。


「ね、結花ちゃん、バイト辞めないでね」

「はい、辞めません」

 即答。ついでに、あなたをすきな気持ちも、自分の心の中では忘れません。


「いや、こんなこと言うのも何なんだけど、いつもこのパターンでバイトの子やめちゃうんだよ。女だってわかると離れてくから、いいかげん女らしくして、誤解ないようにすればいいんだけど、もう長年こういう感じだから今更ね」

 ふぅ、そうだよね。普通は女だってわかったらさっさと引き下がる。


「時雨さん聞いていい? 恋人いるの?」

「ああ、あはは。相手うちのオーナーだよ。時々いるでしょ、髭のオッサン」

 え、あのちとワイルド系の渋い髭の男の人が、時雨さんの恋人ー!

 いやいやきっとテレカクシでオッサンだなんて言ってるけど、まだ20代後半ってとこじゃないかな。二人とも違うタイプのイケメンで、気の合う友人だとばかり思ってた。

 そうだね。時雨さんに釣り合うとしたら、そういう大人な人だよね。


 時雨さんが煙草に火をつける。

 吸ってるとこ初めて見た。まだまだ知らない時雨さんの一面。

 細長くてきれいな指にメンソールの煙草をはさむ。男の人にしてはしなやか過ぎて、女の人にしては大きすぎる手。いつだって爪も深爪に近いくらい短く切ってる。中性的で紛らわしいことこの上ない。

 ふぅーって眉間にしわよせて吐き出す煙。すごくまずそうだよ。


「でもさ、私、ほんとに結花ちゃんがかわいい。手放したくない」

「時雨さん、私すきって伝えたんですよ? そんなこと言われたら期待しちゃいます」

「それは、私を男だと思ってたからでしょ」

「そうなんですけど。でも、もう私、あなたが女でもいいんです。どっちだって時雨さんは時雨さんで、だいすきには変わりなくて、どうしようもなくて」

 時雨さんの意地悪。ちゃんと封印しようとしてるのに。


「あれ、この子、泣き上戸なのかな」マスターが心配そうにのぞき込む。

「相手してあげれば? グレ、経験ないわけじゃないだろうに」

 そう聞いた瞬間、気づいたら訳わかんないこと発言してた!

「はいっ。お願いします。ゆりってよくわかりませんが、何でも言うことききます!」

 


 そして、目覚めたら朝だった。しかも、自分の部屋じゃない、よ。


 え、えええー。と、隣に時雨さんが眠ってるー。

 うわー、私、どうしよー。何があったー。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます