第50話 花束を結ぶリボンみたい


 いらっしゃいませ。

 時雨さんの爽やかな笑顔で始まる、今朝のカフェ。

 朝8時に『雨の庭』が開いている。試験的な朝カフェの1週間。


 ヒンヤリとした朝の空気が、一日のはじまりを伝えてくれる。

 店の奥から漂ってくる香ばしい匂いが、私たちをくすぐってくるの。

 水蒸気で窓が少し曇って秋の気配。指ですっと落書きしたくなる。


 外はしとしと雨が降っている。

 もう時雨の季節だ。秋から冬にかけて降るつめたい雨。

 この雨の到来は寒くなる一歩手前。こうして空気が一段、また一段澄んでいく。

 ここ数か月で、私の人生は急展開。自分でも驚くほど素直に生きてしまっている。


 私の横には、恭一さんが座っている。本日はお客として。

「おはようございます」

 時雨さんが朝カフェのメニューをテーブルに置きながら挨拶する。

「おはよう菜月。昨夜はサンキュ」

 二人が交わす会話とほほえみ。私はこうして見ていられるのがしあわせだ。 


 はじめてだね、このカフェに同時に、あなたとあなたがいる。菜月さんと恭一さん。

 ジローさん以外のスタッフが、二人を発見するたびに、指をさして口をパクパクしているのが面白い。とうとうみんな知ってしまったか。



 さて、朝メニューは何だろう。

 うふ。サンドイッチだ。具が色々あるね。このみでホットサンドにもできるんだ。


「サンドイッチの具でいったら、境はレタス、小夜子はパストラミビーフってとこだな。そして、結花はたまご。ってことで俺はたまごにする」

「あ、私もたまごです。もちろんディルを添えて下さいね」


 スープは2種類から選べるの。

 ボルシチとクラムチャウダー。冬が間もなくやってくる前の、赤と白。

 恭さんは赤、私は白。もちろん、そっちのも味見させてもらうつもり。


 あったかいラテを飲みながら待っていると、そこに藤木君がやって来た。

 期待通り、いや、想像以上にびっくりしてる。目が当社比2倍になってるよ。

「え? 二重人格じゃなくて、双子……。それは思いつかなかったなぁ。うわー」

 茫然と立ち尽くしている藤木君の肩を、時雨さんがぽんぽんとたたく。 


「僕がいつも話している、本がすきな時雨さんは、どちらですか?」

 時雨さんが、はいっと答えて、小さく手を挙げた。

「改めまして、時雨菜月です。こっちは兄の恭一。ちなみに私は……、女です」


 藤木君、お目目まんまるで固まってる。一気に5倍にふくらんじゃったね。

「えっと、僕のあこがれている時雨さんが、お、女の人で、結花ちゃんの恋人がお兄さんの方? えー。あ、だめだ。オーバーフロー」

 クラクラしている藤木君に椅子に座るようにすすめて、私たちはスープを交換した。


 赤蕪ビーツのボルシチには白いサワークリームがちょこんとのってて、あら、その上にディル。濃厚でちょっと酸っぱくて、じんわりしてくる。


 白のホワイトクリームのチャウダーの中に、赤い京人参が見え隠れ。こっちはパセリが散ってる。やさしくやわらかくクリーミー。どっちも色がきれいで、おいしーい。

 スープをふぅふぅすると、湯気が昇って、みんなをあっためていくね。



 一度休憩するから家に帰るという時雨さんと一緒に、恭さんと私も坂を上ってきた。

 そしてもう一人。時雨さんの傘に入って、並んで歩いて来たのは藤木君。

 

「どうぞ、入って」

「こ、ここは時雨さんの家?」と藤木君が訊ねて、

「そう。そして結花と住んでいるんだ」と時雨さんが答える。


 マンションの窓から観覧車を見つめる。いつものように。

 今日も当たり前にそこにあって、まだ開園前だから止まったまま静かに佇んでいる。

 ここからはじめて見たのは5か月前。Barで酔っ払って、気づいたらここで時雨さんと一緒に寝てたんだよね。あれから怒涛のような毎日だったな。


 部屋のテーブルに4つ紅茶が置かれる。エキゾチックな花の香り。

 私をはさんで時雨ツインズが両脇に座る。

 で、目の前には鳩が豆鉄砲をくらった状態の藤木君がいて、なかなか口を開こうとしても言葉にならない。うん、わかる。私もそうだったもん。

 時雨さんが女だって知った時の驚愕。しかも君は一遍に双子の事実まで知っちゃったんだもんね。


「祐、驚いた?」

「はい。僕が感じていた違和感は、恭一さんと話していた時のものだったんですね。なんだか目つきが違うなぁって不思議だったんです。はぁ、合点がいきました」

 ……目つき。なんだろ。恭さん睨んでたのかなー。あはは。


「あとね、元々結花の恋人なのは、私の方。つい最近、二人・・の恋人になってほしいって申し込んだところ」

「え? はい? 結花ちゃんは菜月さんが女性だと知ってて?」

「最初は知らなかったんだけど、そう聞いてもすきだったの。後から恭一さんのこと知ったんだ」

「二人の恋人って、はぁ……」

「俺たち、結花、取り合ってるんだ。平和的に共有を希望したわけ」

「ぼ、僕の理解の範囲を超えました……。ちなみに、僕も結花さんに告白したんですけど、あっさりフラレましたが」

「なんだ、結花、もったいないじゃん。祐、いい男だよ」

「時雨さん、何ですか、その発言はー」


 しばらく考え込んでいた時雨さんが、ぽんっと軽く言うの。

「あのさ、当分の間、境がまたアフリカに行って留守にするから、あのマンションに住んでもいいよって言ってたんだけど、部屋4つあるのね。この4人でシェアする? ああ、祐。そこね、本の数が半端ないよ」

 私が想像したより遥か斜め上空を、とんでもない提案が飛んでいる。い、いや、いくらなんでもそんなー。


「いいねー。結花の選択肢もふえる。但し、譲る気はない」

 恭さん、面白がってるしぃ。

「はいっ。ぜひよろしくお願いします。僕、参戦させて頂きます!」

「ええー。祐君、そんな簡単に。よく考えた方が」

「あ、祐君って呼んでくれたね。やったー、はじめてだ」

 あ、つい、つられちゃった。


「ふぅん。私が祐のこと誘惑しようかな」

 ……。マジですか。

 あ、あれ? なんか藤木君、顔赤くない?

 私に対してじゃないな。

 時雨さんが女とわかってからの藤木君の複雑な表情を、私は見逃さなかった。

 うーん。時雨さんの藤木君の可愛がりようも並々ならぬものがあるよなぁ。


 私たちの関係、更に複雑化しそう?って、なぜかまたナチュラルに受け入れてしまいそうな私の心模様。

四重奏カルテットだな。あ、それどころかアフリカとイタリア含めて六重奏セクステットか」

「ああ、よりによってスペルがSEXTETだ」

 恭さんは面白そうにニヤニヤして片眉上げてるし、時雨さんは口笛吹いてる。まったく手に負えないツインズだよー。




「結花は、花束を結ぶリボン」

 恭一さんが言う。


「色んな花や蔦が絡まった人たちを、一つにする結び目だね」

 菜月さんが言う。




 誰もこの恋の行方は知らないけれど、きっとこれからも甘くて、苦くて、騒がしい日々が続いていく。


 そんな予感がする、時雨の降る朝。






fin.





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

スプーンに時雨 水菜月 @mutsuki-natsumi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ