第9話 雨のち晴れのち曇りの音


「結花ちゃん」

 時雨さんの声と、コンコンと部屋をノックする音。


 ドアを開けると、時雨さんが心配そうに立っている。

「どうしたの? 宿題大変?」

「ううん、大丈夫です」

「入っていーい?」

「あ、はい。どうぞ」

 部屋に入って来た時雨さんは、ベッドにぽーんと気軽に座った。私はまだ胸がどきどきしてる。


「どした? 今日は疲れちゃったかな」

 視線をどこに合わせればいいのかわからない私に、時雨さんはやさしく声をかけてくれるから、やっぱり正直に伝えよう。


「え、えっと、む、胸が気になっちゃって」

「あ? は? ああー。うわー。結花ちゃんってば!」

 立ち上がって急に胸を両腕で隠す時雨さん。

 え、い、今頃? この前から気付いてるのにそのまま自然体なんじゃなかったのかー。


「ちょっと待っててね」

 しばらくして戻ってきた時雨さんは、グレーのタンクトップを中に着て、下もクロップド丈のパンツを履いてきた。

「家にいる時はいつも気にしてなかったから、ごめん。でさ、結花ちゃんは部屋でブラしてて窮屈じゃないの?」

「実はここにいるときは外してて、部屋出る時につけてました。今はさっき戻ってきたばかりだからオンで」

「はは、オンとオフなんだ。そっか、そうだよなぁ。まったく無頓着ですまん」


 そして、椅子に座ったままの私の胸に視線が注がれる。

「レースのブラか。お花みたいでかわいいな。私はいつもシンプルというか色気も素っ気もないやつで、そういうのつけたことないな。似合わないしなー」


 わぁ、じーって見ないでー。そんなに顔近づけないで。

「ね、ついでに聞くけど、サイズはCカップくらい?」

「限りなくCに近いBです」

 懸命に見栄をはってしまったけど、直球の質問が恥ずかしくて私の声は消え入りそうだった。

「ふぅーん。やわらかそうだなー。自分だとあんまり男と変わらないからね。太った男の方が胸ありそうだもんな」

 爽やかに笑った時雨さんは、立ち上がって部屋を出て行く。

「今度、つんつんさわらせてねー」


 は、い、あ……。完全に弄ばれてる。



 しばらくぼんやりしていたけど、初日から全然だめだ。寝た方がいいかな。

 水を飲みにキッチンに行ったら、ベランダで煙草吸ってる時雨さんが目に入った。

 空見上げて煙をふぅーっと吐いてる。すらっと背の高い美しい人。「私の想い人はこの人です」って指差して確認したくなる。


 リビングではピアノの曲が流れていた。静かに緩やかに響く音色に 耳を澄ませていると、時雨さんが窓を開けて戻ってきた。

「テレビは置いてないんですね」

「そう。必要ならネットでニュースや映画とか観られるからね。音楽を聴いてリラックスして、また明日のことを考えてる方がすき。視覚から入りすぎると神経が休まらないから、私にはこの方がいいんだ」


「おいで」

 今度は手招きされるままにソファーのところに行き、時雨さんの隣に座る。

 程よい固さのソファーが、体をすっと包み込んでくれる。焦げ茶色の革にベージュ色のカバーがかかっていて肌触りがいい。


「目を閉じて、音だけに集中してごらん」

 あ、オーディオの音が、ここに座って聴くのが一番いいように設定されているんだ。ふわぁっと空気でくるんだように耳に届く。


「これ、カフェでもかかかっている曲ですね」

「よくわかるね。ドビュッシーの『夢 Rêverie』だよ」

 ピアノの一音一音がやさしくて甘い。

「私はこれを聴くとフラットな気分になれるんだ。天使が地上に着地して、ここが水平の基準点だよって指さしているみたいにね」

 時雨さんが語る言葉をみんなとっておきたくて、私は時間を止めたくなる。


「実はね、雨の日には明るい音を、晴れの日には雨のような音を選んでいるんだ。いつも曇りくらいのニュアンスに保てるような音楽を探している。『夢』はどちらの日にも似合うんだけどね」


 カフェでかかる音楽は耳を澄ましたくなる美しい音色だけど、だからといって聴き過ぎて空間を妨げるようなことのないものだ。

 レース越しのような、曇りの日の淡い光がちょうどいいのかもしれない。


 それでいて気になる音。

「この曲の題名は何ですか」って訊ねてくるお客様も結構いる。

 そうすると、いつも時雨さんがそっと伝えに行くんだけど、その時の嬉しそうな顔ったらないの。気づくと話し込んじゃったりしてる。

 すきなことを話してる時の輝いた瞳がまぶしい。


 ああ、今日は緊張したから急に眠たくなってくるよぉ。ふぁー。

 結局そこで寝ちゃったみたいで、いつのまにか照明が落されてブランケットがかけられていた。こどもか、私は。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます