第30話 つめたくてあたたかい


 夏のほてった身体に、つめたいスープがおいしい。


 時雨さんは今、2種類の試作をしている。赤と白のスープ。

 赤はガスパチョ。白はヴィシソワーズ。


 ガスパチョは、トマトの冷製スープ。ミキサーにキュウリ・パプリカ・ニンニクを刻んだものと、ちぎったフランスパンを入れる。オリーブオイルとワインビネガーをたらし、撹拌する。爽やかな酸味ととろりとした赤色が夏に合う。


 ヴィシソワーズは、ポテトのポタージュ。バターでポロネギを炒めてポテトを煮る。裏ごしして生クリームを入れ、さましてから最後は冷蔵庫できゅっと冷やす。ざらっとした食感が残って、やさしい夏のクリーム色。


 スープを掬うと、スプーンのつめたさに一瞬キンとしてしまう。口の中というよりも、自分の中の熱さを強制的に冷やされたようで。


 スプーンにくちづけする時雨さんがきれいで、思わずみとれた。



 花火の日の夜、部屋に帰ってから、時雨さんがこう呟いたんだ。

「恭があんなになったのは、私のせいでもあるんだ」


 恭さんとキスしてたの、きっと見てしまったよね。自分からそのことには触れられずに、私は黙って時雨さんの言葉を待った。



 最初は、私が困ってるのを見るに見かねて助けてくれていた。

 しつこい女の子に待ち伏せされたのが続いて、恭が「顔は同じだろ。俺は男だよ。俺にしとけよ」って言い寄って、そうしたらあっけない位に翻るんだ。


 適当なところであしらって別れたとか言ってたけど、どうやってあきらめさせたのかはわからない。私はわざと聞かなかった。

 そのうちに、私は困った時には奴に話すようになった。あいつが見て見ぬふりができないことを承知で、身内だというだけで、双子だというだけで利用してきたんだ。

 そう。あいつに、心の負担を全部押し付けてた。


「俺の女はお前だけじゃないんだよ。いちいち覚えてられないね」

 悪い男ぶって、そんなセリフを言ってるのを目撃したこともある。そんなことばかり続けてたら、灰汁みたいにたまって、辛くなってくるはずだ。

 私がズルイんだ。男である恭に押し付ければ済むって思ってた。次第に面白いゲームみたいに楽しんですらいた。別に私からすきになった訳じゃない。勝手に寄って来る方が悪いって。


 あいつが結花に抱きついてるの見た時、私は思わず「この子はちがう!」って叫んだよね。あの時のあいつの目が忘れられない。散々利用して今度は違うんだって、責める目をしていた。


 結花が恭に惹かれることはわかってたよ。

 いいんだよ、当然なんだ。最初から私を男だと思ってすきになったんだから、寧ろそれが自然だろ。今までだって、同じ顔を並べたら100パーセント、みんな恭の方を選ぶんだ。

 だから、結花もそうだったら素直にそれで構わないよ。といっても、恭という男自体は、まったく勧めないけどね。


 自嘲気味に話す時雨さんが、びっくりするくらいさみしそうで、私は本当に後悔した。傷つけてしまった。一瞬でも、確かに恭さんにふらっとした私は、ほんとうにバカだ。


「私がすきなのは、誓って時雨さんだけだよ」


 1ミリくらい違っていても、今の私はそう答える。



 いつのまにか、ひと月が経っていたんだね。

 時雨家の塗装工事が終わったらしくて、恭さんがそろそろ家に帰ると言う。絵の道具を片付けたら、もう大した荷物もなく、彼はさっさと立ち上がった。

「世話になったな。あばよ」

 笑って手を振って去っていく恭さんをぼぉっと見てた。あっけなく、風みたいに行ってしまうんだな。


 帰っちゃうんだ。


 あ、私どうしてさみしいって思っちゃうんだろう。やだ、私には時雨さんがいる。やっとまた二人きりになれるのに。


 少しだよ。ちくんって待ち針で誤って刺しちゃったくらいの、ほんのちょっぴりの痛み。


 私の差し出す甘いスプーンを、かぷっと口に入れた時雨さん。

 私がぱくっとした甘いスプーンを使って、そのまま一口掬う恭さん。


 その二人が重なって、また離れていく。


 掬ったのは確かにお砂糖だったのに、私が今感じているのは塩。

 頬を伝う涙が止まらずに、そんな自分に戸惑ってる。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます