第42話 君に恋はしていない


 夜カフェの準備は、着々と進んでるみたい。


 1週間前、時雨さんが作ったポスターを掲示して、ちらっとチラシをレジ横に置いて初宣伝がはじまった。星空の下に本を読んだりワインを飲む人たちのシルエットが映っている写真がベースのデザイン。わくわくするね。

 そして、カフェのサイトにも告知したら、予約ボタンがあっという間に定員の10名でいっぱいになっちゃった。お客さまの期待が伝わってくる。


 木曜の夜。時雨さんは藤木君とテーブルをセッティングしながら話し込んでいる。

明後日の夜には、第1回『雨の庭の夜カフェ』が開催されて、ここにキャンドルが点るの。

 企画がスタートしてから、時雨さんは藤木君といることが多くて、今夜もこのあとBarで打ち合わせをするって、二人で消えてしまった。


「祐、行くよ」って、もう名前で呼んでる。

 私は誘ってくれないんだな。うう、ジェラシー。とぼとぼと坂を上って家路に着く。

 さて、遅れてた宿題のレポートでも書きましょう。今は、目の前のやらなきゃいけないことをクリアしていくしかない。



「おかえりなさい、時雨さん」

「ただいま、結花」

 こうして一緒に暮らすようになって、何度も繰り返されてきた言葉。

 二人で帰って来た時は、部屋に向かって「ただいま!」

 互いに向かって、「おかえり」「おかえりなさい」って、ほほえみ合った。


 私たちは変わっただろうか。同棲というよりは居候がぴったりの小さな私にとって、あなたは大きすぎて、ただ頼り過ぎて、恋焦がれてしまって、今も片想いに変わりない。

 どうしてあなたが私と暮らす選択をしたのかも、私にはわかっていない。見るに見かねてなのか、少しでも私に何か感じたのか、何もかも。


 ことり、とテーブルの上に、入れたてのロイヤルミルクティを置く。

 気づいてほしい。はちみつを入れた意味に。シナモンスティックの香りが広がって空中に淡く溶けていく。

「私にとって、あなたは必要。でも、あなたにとって、私は本当に必要なのかな」


 ふと漏れた疑問に、あなたが聞き返す。

「その質問は、精神的なこと? それとも?」

「両方です。二つ同時でなければすきになりません。もちろん今は片方がなくなったとしても変わらずに。きらいにもなれません」

「そうだね。切り離せるようで切り離せない。でも、敢えて今、気持ちの方を伝えるとしたら……」


「私は、結花、君に恋はしていない」

 そう、時雨さんはきっぱりと言った。


 恋はしていない。私にときめいてはいない。

 心の中で反芻する。繰り返し、その言葉が私の奥に届くまで、何度も。

 異性じゃないからという意味かもしれないけど、そんな言い訳は関係ない。


 いきなりの吹雪で心が冷たさに覆われていく。

 覚悟のない私は、あなたに見放されてしまって、まるで大事な風船の糸を離してしまったこどものようだ。

 ここは部屋の中だけど、夜の空に向かって小さくため息をついてみる。見えなくなっていく風船の影を追う。なんだろう、この絶望感は。心に大きな空洞が広がっていく。

 わかっていたんだ。私では全然たりないだろうなってこと。でも。


「私、誰にも菜月さんを渡したくない」

 あえて、時雨さんではなく「菜月さん」と呼ぶ。はじめて名前を呼ぶのはこんな時じゃないはずだったのに。届かなくても伝えたくて。


「結花、それは誰にもできないよ。私は私であって誰のものでもない。君のことは大切だけど、それは無理だ」

「私のこと、大切だとは思ってくれているんですか」

「大切だよ。恋ではないけど、愛と言ってもいいくらいに」

 

 私は混乱している。恋と愛では、愛の方が行き先が深い気がしていたから。

 でも、時雨さんは恋を否定して、愛と名付けている。


「最初はただ可愛いって思って、そばに置いておきたかっただけ。だんだん愛しくなってきて、手に入れたくなった。それは心でもあり、身体でもある」

「時雨さんは、恋じゃなくてもキスできる人なんですね」

「そうだね。私はそういう人間だ」

 ふっと優しく笑う目の前の人が、遠くなっていく。

「結花は、ほんとに女だな。私のことすき?って確かめないといられない。自分を見てくれてないと生きていけないの。まるで普通の女の子だね」


 あなたは私に失望していく。私の行くべき道は何処にあるんだろう。


「私は誰のものでもない。誰のものにもならない」

 時雨さんは今、私を遠ざけようとしている。まるで決意するかのように。


「私はいつだって『来る者拒まず、去る者追わず』だった」

「そこに時雨さんの気持ちはないの? いつでも受けて眺めているだけ?」

「あのね。結花の周りで地球は回ってるわけではないよ。全て自分の理屈で考えちゃだめだ。私を変えることができるなんて思ってほしくない。そんな簡単じゃないんだ。私には今まで生きてきて、頑として受け入れられないことがたくさんあって、そう易々とはうなずけないんだ」


 そう言われて、はっとした。

 私、わがまま言ってただけなのかな。みんな自由。みんな自分の世界を持ってるのに。


「一つ言えることは、恋じゃなくても、私にとって結花は、かけがえのない人になってる。だけど、必要だとは言わない。それは誰にもね、思わないようにしているんだ。そうじゃないと自分が保てない」

 とてもさみしいような気分になる。でも、知っていたような気もする。


「いつのまにか、どうしようもなく、愛してる。ただ、それだけ」


 私はその言葉をどう受け取っていいのかわからないまま、途方に暮れた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます