第33話 過去からの待ち伏せ


 少しずつ夏の陽射しが和らぎ、秋っぽい空気に変わってきたある夕方のこと。


 私はちょうど藤木君にラテを運んで、明日の授業について少しお喋りしていたところだった。

 2学期に入って早速、小論文の課題が幾つか出てテーマを決めあぐねていたんだ。


 そうしたら、店の入口からこちらに向かってずんずんやって来る人が見えて。

「隼人、どうしたの?」

 この前、彼女と一緒に来ていた元カレだった。

「結花、話があるんだけど。今日はバイト何時に終わるの?」

「えっ……。閉店までだけど」

「そう。じゃ、その頃また来るから」

 隼人は私の返事も聞かずにさっさと出て行ってしまった。


 あっけに取られる私に、藤木君が心配そうに声を掛けてくれる。

「なんか凄い勢いだったね。知り合い?」

「うん。あ、でも大丈夫」


 何だろう、話って。別れ方が良くなかったから? 

 この前ここに来た時に、まだ私が傷ついてると感じて謝りに来たのかな。

 それくらいしか思いつかない。そんなことわざわざしなくていいのに、妙なとこだけ律儀なんだから。


 私はその後もずっと隼人の話が何なのか気になって、心ここに在らずだったかもしれない。

 いつ藤木君が帰ったのかも気づかなかった。 



 閉店して帰り支度をしてから時雨さんを探した。まだジローさんと明日のランチの打ち合わせをしていたので、先に外に出てみる。

 隼人、ほんとに待ってるのかな。

 あ、いた。庭先で彼がこっちに向かって手を振っている。


「結花。良かった、会えて。連絡先みんな変えたんだね。電話もLINEも繋がらないから、アパートに行ったんだ。そうしたら誰もいなかった。もうあそこは引っ越したんだね。今どこに住んでるの?」

 は? なんで隼人が私のところに来たりするの? そんなに矢継ぎ早に質問しないで。

「待って。もう私のことは構わないで。心配しなくても大丈夫だから」

「俺さ、この前ここで偶然出会ってわかったんだよ。やっぱり結花がすきだってことに気づいたんだ」

 な、何それ。私が遮ろうとしたら、すっと人影が私の前に入って来た。


「はい、ちょっと待って、そこの君。橘の元カレだよね」

「そうですが、あなたはここの店長さんですよね」

「はい。ある時は店長、またある時はこの子の保護者です。大事なうちの子に変に色目使ってもらっては困ります」

「プライベートに口をはさむんですか。ただのバイト先の責任者ですよね」

「事情は聞いてます。自分からふっておいて、今更、ですよね」

 うわぁ、二人の間を「ですよね冷凍ミサイル」が飛び交ってる。


「別に教える必要もないんですが、プライベートでも、この子は私のパートナーです。まだ何か?」

 時雨さんの最終攻撃で、隼人は唇をギュッと噛みしめて、引き下がって行った。

「おととい来やがれ」

 なんて言いながら、時雨さんたら小さくガッツポーズしてる。

 大人なのに、そういうとこが子供っぽいね。でも、すき。そんなとこもだいすき。 



「ほら、帰るぞ、結花」

 帰り道、ずっと時雨さんは黙っている。ずんずん前に行ってしまう。

 なんかコワイ。背中が怒ってる気がする。


 家に着くなり、やっぱり。

「あのさー、結花。君は無防備すぎる!」

 えーん、いつもやさしい時雨さんに叱られちゃったよ。


「なんでバイト終わる時間とか、あいつに教えるんだよ。より戻したいのか? 例の『抱くのは二十歳になってから男』だろ。律儀なんかじゃない、ロクな男じゃないよ、バカ」

 時雨さん、恭さんから聞いてたんだね。

「ああ、恭から、『あの男、必ず今度は一人で来るから気をつけろ』って言われてたからな。おお、来たな!って」


「あの男はさ、結花がきらきら働いてるの見て後悔したんだよ。もっとしょぼくれて悲しみに浸ってたら満足だったのにさ、自分といた時より可愛く見えて、逃した魚は大きかったって。彼女がいる癖にあわよくばやり直そうって考えだよ」

 え、私のこと、可愛いって?

「こら、可愛いってとこだけ反応して喜ぶな」

 ぽっぺをきゅっとひっぱられる。痛いよぉ、もごもご。


「まったく隙だらけなんだよ、結花は! 私が出ていかなかったら、きっと情に流されていつの間にか元サヤだったぞ」

 えー。私、そこまで優柔不断じゃないよぉ。ちゃんと断ってるとこだったんだよ。

 なんだか、いたたまれない。それはきっと隼人のことだけを言ってるんじゃないよね。えーん、ごめんなさい。

 泣き真似したら、ぎゅっと抱きしめられた。

「もういいから、ちゃんと私のとこにいろよ」

 そう言って時雨さんは、私の頭を抱き寄せて、何度も髪をやさしく撫でてくれた。


「結花がきらきらして見えたのは、今は私のことをすきだからだ」

 やだもう、自信満々だなぁ。時雨さんのうぬぼれ屋さんっ。


 でも、あなたがいてくれたから、私の失った恋はやっときちんと収束して行ったんだ。

 すきだった気持ちに悔いはない。

 これからも私は人をすきになるのに、決して後悔はしない。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます