元悪役令嬢捜査官ロベリアと相棒リナリアの事件簿〜高慢令嬢から一転推理大好き捜査官になっていた悪役令嬢のロベリアの相棒に選ばれてしまった聖女でヒロインのリナリアはハーレムルートを捨てて難事件に挑む〜

作者 逢魔時 夕

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全45話

更新

  1. 前篇「港湾の質素倹約な伯爵殺人事件」
  2. CASE.01 あたし、乙女ゲームの世界に転生しちゃったみたいなので、前世の分まで人生を謳歌したいと思います。 by.リナリア
  3. CASE.02 悪役令嬢が悪役令嬢していないってどういうことなの!? 悪役令嬢は悪役令嬢の役割をこなしなさいよ! by.リナリア
  4. CASE.03 断罪確定の悪役令嬢に転生してしまったようなのですが……そんなことより、異世界に大好きな推理小説がないってどういうことですの!! by.ロベリア
  5. CASE.04 中世ヨーロッパ風の世界観の異世界なのに、何故仏教思想とか警察機構とかが存在するのかしら? 設定警察が召喚されてしまうわよ! by.ロベリア
  6. CASE.05 他の攻略対象とライバルキャラがリア充の甘々な雰囲気でパフェをアーンし合っているのに、なんであたしと王太子殿下だけギスギスした雰囲気なのよ! by.リナリア
  7. CASE.06 ワンコな後輩捜査官と腹黒王太子殿下から露骨に嫌われているんだけど、あたしってヒロインなのよね!? ……本当に自信が無くなって来たわ。 by.リナリア
  8. CASE.07 ようやく私の心を満たしてくれる、つまらない灰色の世界に彩を与えてくれる存在に出会えたというのに……。 by.ラインハルト
  9. CASE.08 転生悪役令嬢が悪役令嬢顔を見せるのが捜査官の上司二人がいる取調室に突入する時って、一体どういうことなのよ!? by.リナリア
  10. CASE.09 開き直った尻軽女が寧ろ清々しく見えるのは一体何故なのかしら? ……相手が男か女かで使い分ける女の仮面って本当に恐ろしいわね。 by.リナリア
  11. CASE.10 あたし、イケメン過ぎる女執事さんに惚れちゃいそうになっているんだけどどうすればいいの!? あたしにはラインハルトっている最推しがいるのに……。 by.リナリア
  12. CASE.11 私の心にポッカリと空いた穴がロベリアさんに埋めることができたのは、ロベリアさんがお嬢と同じ振り回し体質で私の本質が振り回されたがりだから……ということは断じてない。 by.アドリエンヌ
  13. CASE.12 そもそもあたしの中で、何故、ラインハルト王太子殿下が最推しキャラだったのかしら? ……そういえば、考えたことも無かったわ。 by.リナリア
  14. CASE.13 ロベリアって真っ直ぐで杓子定規なところがあると思っていたのだけど、案外柔軟に規則を破るところもあるのね。 by.リナリア
  15. CASE.14 現場検証をする前に第一発見者のメイドのシルキーが落とした爆弾発言が事件を御宮入りに大きく近づけてしまったわ! これ、本当に解決するの!? by.リナリア
  16. CASE.15 ようやく事件の犯人も動機が分かったのに……事件捜査が暗礁に乗り上げてしまったわ。 by.リナリア
  17. CASE.16 猛スピードで自走する魔法の四輪……って、本当にそのまんまなネーミングよね? もしかして、アドリエンヌってネーミングセンスがないのかしら? by.リナリア
  18. CASE.17 聳り立つ炎の壁を斬撃一つで消し去れないなんて、わたくしの剣の腕はまだまだ未熟ね。 by.ロベリア
  19. CASE.18 「猛スピードで水上を進む魔法の船」も「スーパーアルティメットグレーテストハイパージーベック号」もネーミングセンスはどっちも大差ないと思うわ。 by.リナリア
  20. CASE.19 ロベリアの相棒に選んでもらえたあたしは、本当に幸せ者だと思う。 by.リナリア
  21. CASE.20 いつか、ロベリアと共にこの時のことを振り返って笑い合える、そんな幸せな未来がやってくると……その時のあたしは、何一つ疑うことなく、信じていた。 by.リナリア
  22. 後篇「推理小説模倣犯連続殺人事件」
  23. CASE.21 これも、乙女ゲームの補正なのかしら? だとしたら、これほどまでに残酷なことはないわ! by.リナリア
  24. CASE.22 もしかして……ロベリアさんはあたし達のことを、そこまで大切に思っていなかったんじゃないかしら? by.リナリア
  25. CASE.23 あたしは……あたしの宝物だったロベリアの相棒の座から転落し、奪われ……これって、俗にネトラレっていうのかしら? by.リナリア
  26. CASE.24 武の除夜の力無き今、お前はこの国を蝕む三毒にどう対峙する? by.身体臭穢
  27. CASE.25 ロベリアの話をすると、心が軽くなってくる。あたしがどれだけロベリアのことが好きだったのか、言葉にすればするほど分かってくる。 by.リナリア
  28. CASE.26 ティーチさん、アダマース王国を滅ぼすために、まずは海賊をやめましょうか? by.村木護
  29. CASE.27 これはロベリアさん(様)の相棒の座をかけた女の戦いなのです!! by.リナリアandリーブラ
  30. CASE.28 霊峰の山小屋でコクの深い厚みのあるアップルパイを提供するって、どこぞの世界最強の剣士さんみたいですね? by.ユウリ
  31. CASE.29 男子ウケするゆるふわ女子って同性から嫌われやすいのよね。 by.リナリア
  32. CASE.30 悪役令嬢が断罪されてめでたしめでたし、ふざけんじゃないわよ! 悪役令嬢よりもタチの悪い魑魅魍魎が跋扈しているじゃない!! 裁かれるべき人が他にいるでしょう!? by.リナリア
  33. CASE.31 月村さんを苦しめた貴族達や聖職者の末路に相応しい最後だとは思いませんか? by.村木護
  34. CASE.32 ライバルキャラを攻略できる百合ルートがあるってことは……もしかして、この乙女ゲームの世界では百合が認められているの!? by.リナリア
  35. CASE.33 世間がどうかじゃない、世間の評価なんて気にする必要はない。結局、本人たちが幸せなら、それが一番なんだから。 by.リナリア
  36. CASE.34 一つの信念を、理想を掲げて生きた人間のその人の残したものを否定されることを、もしかしたら私は許容することができなかったのかもしれない。 by.ユウリ
  37. CASE.35 地獄で受ける苦痛の十六倍もの苦悩を前世で味わった俺達には、天人のような苦しみのない世界を味わう権利があると思いませんか? by.身体臭穢
  38. CASE.36 痛みがあるからこそ幸せが尊いものになる。その苦しみから逃げた先に――解脱に――果たして価値はあるのでしょうか? by.身体臭穢
  39. CASE.37 月村さんがどこまで飛べるのか、見守るのも楽しそうだからね。 by.身体臭穢
  40. CASE.38 共同幻想を前にすれば、個人の夢や感情など何も役に立たない。お前達もそれを理解する日が近いうちに来る。 by.ローレンス
  41. CASE.39 検挙率百パーセントである必要はない。間違っていたならしっかりと謝罪し、再度真実を追及する――それができない人に、私は捜査官を名乗る資格はないと思います! by.ロベリア
  42. CASE.40 わたしのぽやややや! で、みんなが元気になってくれたら嬉しいの。 by.ベアトリーチェ
  43. CASE.41 ロベリア嬢は俺が見る限り一人でも生きていくことができる類の人間だ。誰かの助けを借りずとも生きていける……あまり依存し過ぎてロベリア嬢を苦しめることがないようにな。 by.サピロス
  44. CASE.42 何もできることなくて船長の威厳が無くなりつつあるんだけど、この絶体絶命の状況で船長室の椅子に踏ん反り返っていたらマジでお飾りの船長になっちまうじゃねぇか!? by.ティーチ
  45. CASE.43 歩く厄災! 天変地異!? どう考えてもコイツの討伐の方が優先でしょ!? by. アイリス
  46. CASE.44 わたくしはリナリアに……わたくしの相棒になってくれた日畑さんに最高の相棒だと思ってもらえるような、日畑さんに相応しい相棒になりたい。 by.ロベリア
  47. CASE.45 何も気にすることはあらへん。貴女は頑張った……そう、貴女の大切な友達は最期にそう言ってくれたんじゃあらへんか? なあ、ベアトリスさん。 by.ユウリ