黒猫、拷問部屋を許可する


 お風呂屋は[無魔法結界アンチマジックフィールド]の中に作るから、私の書いた巻物スクロールでさっと作るわけにはいかない。魔法陣は魔法だから結界内で使えないんだよ。


 なので、まずパーツごとに巻物に書いて、結界外で[解巻物]して作る。それをツッチーとドロシーが持ち込んで組み立ててくれている。

 ゴーレムたちは必要な時に大きくなれてびっくりしたよ。便利だよねぇ。

 もちろん他の使役精霊たちもちゃんとお仕事しているよ。


「黒猫様」


 うやうやしく近づいてきた魔王が、片膝をついて頭を下げた。


「なんだ魔王」


「燻煙……違った、煙による拷問部屋を作ってもよろしいでしょうか」


「よかろう」


 うなずくと、魔王は「ありがたき幸せ……」と言って下がっていって、ひゃっほーと木材を物色しに行った。

 拷問部屋。ククク……。魔王、よくわかってる。どんなのができるか楽しみにするとしよう。


 でもまさか、拷問部屋から漏れ出る燻製のいい匂いに、「おいしそう! 待てない!」と私が拷問されるとは思わなかったよね。

 そこをすかさず頭なでなでからの味見の必殺技で、あーんさせるとは……! 恐るべし魔王!




「黒猫様」


 また魔王がやってきて、膝をついている。


「羊……違った、生贄を用意してもよろしいでしょうか」


 !!

 今、羊って言った! 前に、食べるのかわいそうになるからダメって言ったのに!


「だ、だめニャ。許可しニャい」


「ふわふわでございます」


「くっ……。だめニャ! だまされないニャ!」


「もこもこでぎゅうぎゅうに……」


「ホントのことを言うニャ!」


「新鮮ラム肉食べ放題」


「やっぱり!」


「しまった……! ソーセージ作るのに腸ほしかったのに! 仕方ないなぁ。肉屋で買ってこよう」


 !!

 肉どころか、腸とか言ってるんだけど!! 恐るべし魔王!




「黒猫様」


 またまた魔王がやってきて、膝をついている。


「な、なんニャ……」


「鶏……違った、生贄を用意してもよろしいでしょうか」


 今度は鶏?!


「だ、だめニャ! 許可しニャい!」


「ふわふわのぱたぱたでございます」


「ふわふわのぱたぱたいらない! フレスで間に合ってる!」


 私がそういうと、呼ばれたと思ったのか風の使役精霊のフレスが、さーっと飛んできて頭に止まった。


「新鮮卵食べ放題でございます」


「うっ」


「唐揚げに鶏がらスープまで、余すとこなくいただけるのでございます」


 唐揚げ! 鶏がらスープ!


「サクッとじゅわっと……」


「サクッとじゅわっと…………許可する!」


 くっ……。屈せざる負えなかった……。恐るべし魔王!




「――――コイツら、何やってんだ」


「ミュナ様と魔王様はいつも楽しそうですねぇ」


 コニーとルベさんがこそこそ言ってるけど、聞こえてるから。

 私は魔法陣を書くのを終えて、ルベさんの入れてくれたパルドム茶をいただいた。あー、温まるなー。


「ミュナ様、お風呂屋はだいぶ出来上がりましたね」


「うん、外側はほとんどできたから、あとは中身だなぁ。もうちょっとでできると思う」


「ミュナ、おまえ本当におかしいからな。普通、家建てるのは大工だからな」


「そういう決めつけが魔法陣の可能性をつぶすのだよ」


「――くっ。えらそーに……」


 ふふん。えらそうじゃなく、えらいのだ!


「おつかれさまだっす!」


 ドワーフのみなさんもお茶の時間に集まって来た。その中でドワーフのお姉さんドルディーさんが目を輝かせている。


「ミュナちゃん、お風呂見てきただすのよ。蒸し風呂があるだすのねぇ!」


「あ、わかった? 蒸し風呂あるよ! 水風呂もあったほうがいいんだよね?」


「わかってるだすな! 水風呂大事だっす! 外にあるともっといいだっす」


「外?! 寒くないの?!」


「雪の中ちょっと凍った湖で泳ぐんだすよ。温まって冷やすが醍醐味なんだっす」


 ひー、寒そう!!

 でも、そうか、ドワーフ村も蒸し風呂文化なんだ。ドワーフの村もあちこちに集落が散らばっているんだけど、ワスラ火山地区にある村にはほぼ蒸し風呂があるらしい。

 じゃ、蒸し風呂と水風呂は外に作るか……。ううっ、雪の中の水風呂、想像しただけでも寒い……。


「おやつどうぞー」


 魔王が小鉢をみんなに配っている。

 今日のおやつは何かなー!


 受け取った小鉢には、まごうことなきとろとろのあの温泉卵が入っていた。


「温泉卵だ!!」


「うん、温泉の流れに段作って、どの場所の温度ならいい感じに固まるか実験したんだ」


 塩をちょっとかけていただくと、あったかとろとろウマー。寒い時期にうれしいおやつだね。


「魔王様! すごいですぅ、とろけますぅ!」


「なんだこれ?! ケイシー、おまえ天才?!」


「すごいだっす! とろとろだっす!」


 みんな大喜び。

 そういえば前にとろとろの温泉卵が乗ったピザ食べたなぁ。厚切りベーコンとおいしかった……。

 日本のことを思い出して、ちょっとしょんぼりした。ふと、頭が暖かくなって、ふわふわとなでられた。


「黒猫、どうしたの?」


「なんでもない」


「……なんか食べたいものある?」


「ピザ……あ、トマトってこの時期ないよニャ」


「そうだねぇ。黒猫、トマト好きなの? 暖かくなったら植えようか」


「うん。ナスも植える」


 ナス大好き! 畑かー。自家製野菜もいいよなぁ。じゃ、冬のうちに畑の計画も立てておこう。


「どこに畑作る? 町の真ん中だともったいないよね」


「敷地増やすのもやぶさかじゃないニャ」


「黒猫ってば、魔法陣書きたいだけでしょ」


 魔王と畑の話をしていると、ルベさんが声を上げた。


「あっ、雪! 雪降ってきましたよ!」


 みんな一斉に炊事場まわりの屋根の外を見る。

 灰色の景色の中、ちらりちらりと舞う雪。


 この日、ワスラ火山地区の黒猫国に、初雪が降った。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る