黒猫、悲願達成


 ドワーフのお兄さんたちが村へ帰る時、道を作る時用の魔法札を使った。どこまで届いたかはわからないけど、しばらくは歩きやすい道になってると思う。


 レンガの家も出来上がった。使役精霊たちの仕事はホント早い。そしていい仕事をする。落ち着いたたたずまいで、とてもかわいい家なんだよ。

 でも、あれ? 城の予定だったような気がするんだけど……。魔王たちが住んでる家よりは大きいけど、どうって言ってもお城じゃない。


「ミュナ様! やっと住むところできましたねぇ! 早く引っ越ししましょう!」


「えー? でもお城じゃないよ」


 ルベさんは白目をむいて、この期に及んでまだそんなことを! と言った。

 いや、ホント、テント気に入っちゃってさ……。


 温泉近くの土台の上に張ったテントは、もちろん[無魔法結界アンチマジックフィールド]の外側なものだから、魔法使いたい放題。そして魔法陣でいろいろ便利にしてあるので快適なんだよね。

 なんたってすっぽり納まっている感がたまらないんだよー。


 そんな日々の中、とうとうアレが出た。


 出た! 出た!! 温泉出たーーーー!!


 高く噴き出た温泉に、私と使役精霊たちはくるくると小躍りした。

 とりあえず、溶けたら困るからツッチーとドロシーはもうちょっと離れようか。え?泥から作られたけど、もう泥じゃないからだいじょうぶ? ――――泥じゃないなら今は一体何。


「えーっとね、えーっとね、お風呂。お風呂作りたいでしょ。あと炊事場に流れるようにしたいニャ。あとできたら、町全体が温まるといいなー」


 ふんふんとツッチはうなずいて、またみんなに指示を出した。監督! よろしく頼むよ!


「黒猫、温泉出たの?!」


 走ってきた魔王が「おおっ」と吹き上がっている温泉を見上げた。


「成分、どんな感じ? 料理に使えたらいいな」


「魔王は料理バカだニャー。成分はわかんない! でもきっといいに決まってるよ!」


「そっか、わからないかー。黒猫はかわいいなぁ。じゃ、俺が鑑定していい?」


「え、鑑定できるの?!」


「うん! 鑑定[食物]っていうのが……あっ、これ言っちゃいけないやつだった!」


「……ナニモ、キカナカッタヨ?」


「ほんと? よかった。――――効能は切り傷、打ち身、神経痛など。飲料可、胃腸に良い。なかなかいい湯みたいだよ!」


 ……今のは聞いててもよかったんだろうか。


「そうだ、卵! 俺、卵買ってくる! 今日のお昼は温泉卵にしよう!」


 魔王はあっという間に[転移]でいなくなってしまった。

 ホントに料理バカだと思う! でもそこがいいとこだな!


 温泉の噴き出し口の周りを、使役精霊たちがレンガを使ってぐるりと囲み始めている。

 三か所出口を作って、一つを炊事場へ通して、そこから町の外へ流す水路を作るつもりらしい。残りの二か所は横に槽を作って貯めておくようにするみたい。ちょっとうちのゴーレムすごくない?! そんなのどこで覚えてくるんだ?!


 あとはよろしくねとみんなの頭をなでなでして、私も[転移]した。




『銀胡桃』では、トムじいがなんとなくさみしげな背中で作業をしていた。


「トムじい、こんにちは」


 声をかけると、トムじいははっと振り向いた。


「ミュナか。いらっしゃい。――――ルベウーサはどうしてる?」


「ルベさんは道具作ってます。ドワーフの知り合いができたから、やる気だしてるよ」


「……そうか。元気にやってるならよかった」


 どっちかって言うと、そう言ってるトムじいの方が元気ないんだけどな。

 うちの近くで採れたこれ見て欲しいんだけど――と、黒猫国で採れた鉱石を見せる。


「――――ん? これは、珍しいのが出そうだぞ」


「ホント?」


「ああ。預かって製錬しておいてやろう。…………本当ならルベウーサに精錬の技術も教えたかったんだがな」


 技術自体はドワーフの人たちに教わってもいいんだろうけど、そういうことじゃないんだよなぁ。


「……トムじいが[転移]を使えれば、いつでも来れるけど……」


「庶民はなかなか[転移]は使えんな」


 転移は一回に魔粒を三千レト分くらい使う。このくらいお金がかかるレベルの魔法を何百回と唱えないと、転移が使えるスキル値まで上がらないんだって。

 だから、そこまでのスキル値にするのは、貴族やお金がある商人などじゃないとむずかしいみたい。


 スキルが低いうちはスキルも上がりやすくて、初級魔法の生活魔法くらいは使っていればそのうち全部使えるくらいになるらしいんだけどね。


「あ! トムじい、今日だけお店お昼休みにするのは? 私の転移でお昼ごはん食べに行こうよ!」


 魔王が温泉卵って言ってた。きっとすごくおいしいよ。

 いや、だが……と遠慮するのをせかして、お昼休みの貼り紙をだして、腕をつかんだ。


「[同様動ダスチェフォロー][転移アリターン]」


 黒猫国へようこそ!

 ちょうど魔王の料理の手伝いをしていたルベさんが、こっちを見てあっと息をのんだ。


「師匠ーーーー!!」


 赤い髪が跳ねる。うれしそうに駆け寄ってくる姿を見て、トムじいもやっと笑顔を見せた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る