黒猫、絶望の午後七時


 小さな集落の中に、トムじいのお店があった。

 細工屋『銀胡桃ぎんくるみ』という看板がかかっていて、ナイフや食器やはさみ、ランタンなどが売られている。


 ランタンに金属の鳥の飾りが付いてるのとか、金・銀・黒銀・銅のいろんな色のスプーンとフォークとか、かわいいのいっぱい!

 鍋とかフライパンも売ってて欲しい気もするけど、料理スキル10だしな。ムダづかい間違いない。


「ミュナはなんかほしいものがあるのか?」


 楽しくてあちこち見てたら、トムじいに笑われた。

 だって、おもしろいのいろいろ売ってるんだもん! そういえばこっちの世界に来て、初めてお店をゆっくり見たな。

 日本にあるものでも見たことがない材質で、見飽きない。


「わしはメシの支度するからな。店でも庭でも好きに見ていいぞ」


「はい。お手伝い……なんでもないです!」


 あぶないあぶない。食べれないものにしてしまうかもしれない。ごはんの手伝いはキケン。


「アタシが手伝うから、子どもは遊んでな」


 馬の世話から戻って来たミネルバさんが、トムじいに付いて台所へ行ってしまう。

 そんなに子どもじゃないんだけどなー。

 庭に出ると、空はオレンジ色に染まっていた。


 ポケットから取り出した記憶石を見比べる。

 片方は『マルーニャデン魔法ギルド』もう片方は『竹の湯(マルーニャデン中区)』と表示が出ている。

 お風呂の方を手に持ち、もう片方はポケットにしまった。


「[位置記憶リコーディネイラマーク]」


 ふわりと光が舞い、魔法が成功。

『銀胡桃(バサリトニャ)』と表示されたのを確認してポケットに入れ、魔法ギルドのを取り出して握りしめる。


「[転移アリターン]」


 一瞬で目の前が変わった。魔法ギルドの庭だ。

 私は急いで魔法ギルドの中へ入った。見つからないように……。見つからないように……。

 そして入口近くの無人販売庫で記憶石と空札ブランクカードを買って、またトムじいの店へ[転移]した。


 何事もなかったように店の中に戻る。改めてお店の中をぐるりと見まわすと、隅に砥石や道具が置かれた作業スペースを見つけた。

 トムじいは道具のお手入れもしてくれるんだ。

 近くでよく見ると、周りの床板がささくれ立ち、たくさん使われてるんだなとわかる。

 ああ、でも、足ひっかけそうで危ないな。トムじい、足悪いのに。


 私はしゃがみこんで魔法を唱えた。


「[風刃マウィンドカッター]」。


 ごくうすーく軽く魔法をかけて、板のささくれを切り落とす。あ、いい感じにできた!


 ここからが考えどころなんだよ。

 うんー、どうしようか。

 魔法でささっとできちゃえば簡単なんだけど。私が書き写した魔法の中には、『へこんだ床をいい感じに埋める魔法』なんてのはなかった。


 切り落とした木片も使って、少量の粘土と混ぜて埋める感じ? ――――[創水]と[土壁]を足せばいいかな。

 そういえばゴムとかレジンとか琥珀って樹脂だっけ。ああいうので表面を固められればいいのに。ツヤっとして傷が付きづらそうな気がする。


 魔法鞄のリュックから空札ブランクカードを出す。あっ、書くものない……と思ったら、鞄の中に入れていた手にペンが乗っていた。

 これボールペン! 漆黒のボディがお気に入りのやつ! なんだキミ、鞄の中にいたんだ。


 愛用のペンを握り、トムじいの作業机をちょっと借りる。

 丸を書き、四大精霊エレメンタルへのご挨拶文を書いて、術組立て文へ。

 土少量と水少量を使って、そこにあるものと混ざり、床をたいらにする。骨組みはこんな感じかな。


 シロアリとかいたら困るから、土と木は熱処理で水は殺菌……いや、熱湯で混ぜればいいのか。耐えがたき熱さに全部滅されてしまうがいい……。

[煮湯]の魔法を上に付け足して、混ぜてこねてを強い[撹拌]で。


 樹脂は……よくわかんないから樹脂って書いてみる。私が書いた字は勝手に古代精霊語になるわけだし、なんとかなからないかなーっと。


 たいらにするのは風魔法でいいと思う。あ、乾燥を使うから、風を強くした[乾燥]なら無駄がない気がする。

 術終了。[札封]。


 そして魔力を込める込める込める込めるぅ~!

 光りが紙をめぐり、カードへと変わった。

 表面には[修復アリペア特殊ユニーク]と書かれている。


 なるほど、これ[修復]っていう魔法になるんだ。でも、そんな呪文あったっけ?

 中級も上級も必要そうな感じのものだけ写したから、見逃してるのかもしれない。今度ちゃんと見てこよう。


 さっそく使ってみる。


「[修復アリペア特殊ユニーク]」


 カードがふわりと溶けて、魔法陣が床に浮かび上がる。私を中心にして円は広がり、部屋の隅々まで満たして、消えていった。

 見ればが新品のようにキレイになっている。


 ああ! しまったー!! 範囲指定するの忘れてたよー!

 へこみをちょっと直すだけのつもりだったのに!

 どうしよう、知られたら悪い商人に働かされる…………!

 こんなド派手にやっちゃったら、ゼッタイおかしいって思われるよね?!


 …………うん、ナイショにしよう。

 言わなきゃバレないかもしれない。


 私はキョロキョロと挙動不審になりながら、二人がいる方へ向かった。

 店から家の方へ一歩踏み出す。

 そして、家側の床までキレイになっていることに絶望した。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る