黒猫、寂寥の廃墟を思う


 初雪が降った二日後、お風呂屋が完成した。雪が積もる前に完成してよかった!


 結局蒸し風呂は露天風呂といっしょに外へ設置した。

 男湯と女湯を隔てる壁代わりにもなってちょうどよかった。それぞれ水風呂も完備。水風呂はドワーフのみなさんがこだわり持って作ってくれた、岩風呂だ。


 中は広い浴槽が二つと洗い場。浴槽一つの予定だったんだけど、蒸し風呂分が空いたから二つ作っちゃった。温度を変えてるけど、なんか入れてもいいよね。家族旅行で薬草風呂とかリンゴ風呂とか入ったのを思い出す。

 …………いや! さびしくなんかないんだから!


 広い休憩室には厨房も完備。小さい販売庫にフルーツ牛乳……じゃなく果実水を入れる予定(魔王が)。


 そして、二階には個室が――――……。


「ミュナ様! これ、宿じゃないですかぁ!」


 いっしょにお風呂屋の中を見ていたルベさんが、くわっ! と怒った。

 二階南側に伸びる廊下には、片側は窓、もう片側は部屋の扉が間隔を置いて並んでいた。

 個室は五部屋あって、お風呂屋兼宿屋な感じ。

 前にドワーフのダースタさんとドルガさんが来た時に、宿泊場所必要だなって思ったんだよ。


「温泉に宿が付いてたらいいニャーと思って……」


「やっと、ミュナ様も建物の中に住むと思って安心してたのに! 最初から住むつもりなかったです?!」


「ギク。そ、そんなことないニャ……」


 ルベさんは怒った顔を一転して、ニヤリとした。


「そんなことじゃないかと思っていましたよぅ?」


「え……?」


 三番目の真ん中の部屋の扉がガチャリと開けられる。


 ――――はしご?!


 ベッドを三つおけるほどの部屋は、今は空っぽだ。

 手前側には、なぜか知らないはしごが付いている。


「はしごは魔王様が作ってくれました。さぁ、上へどうぞ」


 はしごを上りひょこりと覗くと、そこは丸窓がかわいい屋根裏部屋になっていた。


 ――――なんと!! いい感じのすっぽり感です!!


「ここがミュナ様の部屋になりますぅ。荷物は強制的に移動させていただきますぅ」


 気に入ったことがわかったのか、ルベさんのしてやったりな言葉が背中から聞こえる。


「……いつの間に?」


「気付かれないように、みんなでこっそりですよぅ」


 ふたたびガチャリと扉が開き、コニーと魔王が顔を見せた。


「――おう、テントたたんで持ってきてやったぞ」


「黒猫に机作ったよー。ここで魔法陣も書けるね」


 魔法鞄に入れてなかったテントだけたたんで持ち込まれ、新しい机といすも運び込まれる。

 なんというか、いろいろと誤解されている気がするけど、別にテントでも困ってなかったんだよ?

 でも、こんなにされたら……。


「……それじゃ、しょうがないから、住んでもいいニャ……」


「あたしの心の平穏のために、そうしてください!」


「素直じゃないな」


「そこが黒猫のかわいいところなんだよ」


 ……なんでこんな生暖かい目で見られないとなんないのか。解せぬ。


 完成パーティはまずはみんなでお風呂に入った。露天風呂へ行くと男湯の方から大変盛り上がってる声が聞こえている。水がザバーンいってるから、ホントに泳いでるんだなぁ。

 女湯の方は落ち着いたもんですよ。私一人で広い露天風呂を独り占め。


 お風呂の後は、魔王が作った料理を食べた。火熊の鍋だ。デガロン砦に魔法札を納品に行った時に、たまたま火熊の肉が売ってたから買ってきたやつ。トウガラシかな? 赤くて辛いのが入っててピリ辛ウマー!


 がんばってくれた使役精霊たちにも、魔王製回復薬をあげた。いつもいっぱい働いてくれてありがとね。私の魔力だけでいいはずなんだけど、魔王の回復薬は好きみたいで喜んでる。


 ちなみにお風呂の掃除はスライミーが担当してくれている。一旦お湯を止めて、抜いた後、空になったところへべろーんとくっついて、汚れを取り込んでくれるのだ。ゴーレムってすごいと思ってたけど、スライムも万能だよね……。






「師匠! 空札ブランクカード空巻物ブランクスクロールくださいー。あ、あと記憶石も」


「はいよ。ちょっと待ってな」


 マルーニャデンの魔法ギルトは相変わらず人が少ない。


 あんまり魔法を使わない獣人たちの町だからしょうがないのか。なのにトレッサ師匠みたいな大ベテランがいるのが不思議だったけど、魔法札マジックカード調合液ポーションの足りない分をギルドで補わないとならないからなんだろうね。


 受付フロアの奥へ下がった師匠は、私が言ったものを奥からカゴに入れて持ってきてくれる。


「ほれ。これでだいじょうぶかい?」


「はい。しばらく間に合うと思います」


 身分証明具を水晶にかざして、銀行からの支払いにする。

 品物を魔法鞄に移していると師匠がさりげなく話をした。


「ミュナ、召喚魔法だがね、やっぱり記録はないよ」


「……そうなんだ……。でも師匠、じゃどこに行っちゃうんでしょうね?」


「さぁ……。あたしゃその現場を見てないからなんとも言えないがね……。ただ、どんな悪い魔法だったとしても、魔法陣の組立て文を残せなくても、禁忌としてだけは記録に残るはずだよ。それが全く残ってないわけだからね。その魔法は本当にあるのか疑わしくなってくる」


 もしウソだとして、ルベさんになんの得があるかっていうと、なんにも思いつかない。

 だんだんと元気をなくしていって、怯えて諦めた顔をしたのが演技だったとも思えない。


 無残な廃墟となっていた魔人国が、脳裏に浮かぶ。

 何かがあった。あの国のあの姿は事実なんだよ。


「師匠、気にしてくれてありがとうございます。――――これ、私の町の[位置記憶]です。お風呂屋できたので、よかったら来てください!」


 記憶石を差し出す。

 師匠はちょっと目を見開いて、ニヤリとした。


「ありがとうよ。コニーもケイシーも住んでるんだろ? 近々遊びに行こうかね」


「……コニーはなんで帰らないんだろう? こっちに家あるんですよニャ?」


「あるね。まぁギルドの宿舎だけどね。――――なんでもあんたたちが放っておけないらしいよ?」


 なんと! アイツの方がだまされやすくて危なかしいのに!

 私の顔を見て、師匠は笑う。


「――――楽しそうだねぇ。子どもたちも連れて行っていいかい?」


「ぜひ! 待ってます!」


 使役精霊たちを見て、喜んでくれるかな。魔書師のタマゴたちだから、魔法陣から作れるって聞いたらびっくりするかも。


「――あ! 黒猫も来てた!」


 横に並んだのは魔王だった。


「師匠! 薬草くださいー。ブルムとアバーブの葉お願いしますー」


「……あんたたちそっくりだね。同じこと言って買いに来て。はいよ、ちょっと待ってな」


 笑って師匠は奥へ行った。

 そっくり? こんな金髪碧眼のふんわり魔王と?

 私と魔王は顔を見合わせた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る