黒猫、贄


 現在、『漆黒堂』は販売庫を三台置いている。

 私の魔法札を売っている小さくてちょっと古いやつ。小さくて最新型のは魔王の調合液売っているやつ。調合液は品質保持があるから、古いのが使えないんだよね。あと、一つの庫内が大きくて道具類を入れて売っているやつだ。

 ドワーフ製の道具を一つずつ販売庫に入れ、ルベさんの食器も入れていく。


 ――――魔人が召喚していたのだとしたら、向こう側にいるのは魔人だ。

 わけのわからない人とかエルフとかじゃない分、ちょっとはマシなのかなぁ。


 あちこちの魔人が召喚しているのかもしれないけど……でも、ルベさんが言う神官様って、きっとそれなりに魔量があるだろう。

 そしたら、それよりも魔量が多い魔人が何人もいるとは思えないし、一人が召喚していると考える方が自然だ。


 召喚された人たちは、そこにいるのかもしれない。


 そしたらやっぱり、行きたいって行ってもいいかもって思うのかな。


 そしたらやっぱり、止められないよなぁ…………。






「――――というわけなんですよー、師匠ー」


 私は魔法ギルドのカウンターの中に入り込み、トレッサ師匠のとなりのコニーの席に座り込んでいた。


「そういえば、コニーってこの時間何してるんですニャ? あんまりここで見かけないですけど」


「ああ、コニーはね、昼間はギルド会員のところを回ってるよ。仕事のフォローしたり情報を仕入れたりね」


 なるほど……。それで街中で悪いことをする時間があったのか。

 副主任のジョージさんは他ギルドとの連絡役だとかで、王都の魔法ギルドに行くことが多いらしい。


「――――ミュナ。それで、魔人の話だがね、二年前の大暴風までは魔人も町で見かけたんだよ」


 ごく少数だったけれどね。と、師匠は続ける。

 そういえばトムじいも魔人が通ることもあったって、言ってた。


「魔素大暴風で国が心配になって、帰ったんだろうと思っていたもんだがね……。もしかしたら違ったのかもしれないねぇ……」


「召喚された……?」


「可能性で言えば、ないとは言えないだろう?」


 魔人たちは大暴風後に次々と召喚された。

 ――――なんで?

 保護? 種族を絶やさないように、魔人を集めてる?


「なんで、召喚するんだろう……?」


「そりゃ、必要だから召喚するんだろうよ。よくて結婚相手かねぇ。あとは労働力か、もっと悪けりゃ……………………にえとかかね」


 ににに贄?!


 イカーーーーン!!!! 断じてルベさんの召喚を許すわけにはいかぬ!!


 いきなり慌てだした私の手を、師匠はぎゅっと握った。


「落ち着きな。いいかい、魔人を召喚する魔法なんてのは、相当なものが必要になるはずさね。魔量を始め魔粒か他の魔核か、いろんな資源と複雑な魔法陣が必要だろうよ。それを用意してまで、召喚するってことだよ。――――ただの愛種族心ってことはないだろうね」


 言われてみればその通りだよ。さすが師匠だよ。年の功?


「……はい、師匠。すごくよくわかりました!! 帰って話します!!」


「どれ、あたしも行ってみようかね。明日の午前中でも子どもたち連れて行ってもだいじょうぶかい?」


「もちろんです! ちっちゃい子たち、がんばってますニャ?」


「ああ、がんばってるよ。今も書写室で魔法札書いてるだろうよ。真面目な子たちだからね、たまには外へ連れ出さないとねぇ」


 トレッサ師匠はにこりと笑った。

 そうだよね。たまには外で遊ぶのもいいよ。


 いつもがんばってるご褒美に、おいしいもの用意しないと! 魔王が! お金はコニーで!






 夕暮れ時の黒猫国。といっても、空は厚い雲が垂れ込めていて、夕焼け色のかけらもない。ただ薄暗く今にも降りそうな気配だ。

 でも、仕事終わりの住民たちが集まってくるお風呂屋は、灯りに照らされて賑やか。


「あー、いい湯だニャー」


「お湯もいいもんですねぇ」


 今日は二人で露天風呂だけど、ルベさんもサウナ派だからわりとドワーフのお姉さんたちといっしょなんだよね。

 なんで、みんなそんなにサウナが好きかね。


「……ルベさん、あのね、召喚魔法なんだけど……召喚され――」


「ミュナ様、あたしも少し考えたんです」


 私の言葉をさえぎって、ルベさんは話し始めた。


「もしかしたら、召喚された向こうに、神官様とかみんながいるんじゃないかって」


「うん……。そうだよニャ……」


「でも、あたしはここがいいですよぅ。ここにいたいんです。ミュナ様と魔王様といっしょに黒猫国で暮らしていたいです。だめですか?」


「全然ダメじゃない! いい町になるようにがんばるから、いてニャ!」


「がんばらなくていいんですよぅ」


 ふふふ。とルベさんが笑うので、私も笑った。


 ――そのうちね、こっちにお客さんに来てもらえるようにしたいよニャ。

 ――ああ、いいですねぇ。買いにきたくなるような物を作らないとですねぇ。

 ――ルベさんの食器も売れてるよ?

 ――いえ、師匠を超す物を作るのが目標ですよぅ!(キリッ)


 お風呂トークに夢はふくらむ。

 どこにも行かなくても困らないし楽しいように、いつか黒猫国を大きくしたいものだよねぇ。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る