黒猫、黒き血の覚醒


「ただいま」


「黒猫! おかえり! だいじょうぶ? ちゃんと寝た? ごはん食べた?」


 魔王が飛んできて、心配そうに顔を覗き込む。

 ごはん……と思ったらグギューとお腹が鳴った。


「あ……」


「すぐ作るから、ちょっと待ってて」


 魔王は笑って、炊事場へ向かっていった。

 ルベさんは見当たらない。コニーも見当たらない。


「魔王、ルベさんは?」


「コニーが逃げようとしてたから、ついていったよ。一人で丸腰じゃ危ないからって」


 なんと魔人たちの優しいことよ。

 放っておけばいいのに!


 はいどうぞと、出してもらったのは野菜スープとチーズトースト。あっ! 野菜スープ、コショウが入ってる! ウマー!


「あのね、魔王。魔力がいるんだけど、わけてくれる?」


 もぐもぐと食べながら、巻物を取り出す。お行儀悪くてごめん。


「うん、いいよ。俺、魔力多いからいっぱいあげるよ。回復薬も作った分出しておくね」


「ありがとう。せっかく作った回復薬なのに悪いニャ。――――これ持って魔力込めて。倒れない程度でいいからニャ。魔力なくなると意識なくすらしいから」


「わかった」


 魔王は恐る恐る巻物を持った。じーっと固まっているのは、きっと魔力を入れてくれているのだと思う。見てるだけじゃわかんないな。


「ルベさんも魔人だしきっと多いんだよニャ。あとはコニーにも出させるニャ」


 二人と師匠を3000の計算で、9000。魔王は4000くらいあるのかな?

 で、私が45000だから58000。

 時間で回復するから日付変わるまででどのくらい回復するか。他の人たちにも回復したら入れてもらえばギリ間に合うかな。


 あっ、向こうの方に人影が。歩いている人と飛んでいる人がいる。ププッ。コニー、諦めたのか。

 ルベさんは、私がいるのに気付いてさーっと飛んで来た。


「ミュナ様! おかえりなさい! あたしのせいでごめんなさい!」


「ルベさんのせいじゃないよ。ちょっと不便になるけど、とりあえず魔法が使えなくなる結界を作ることにしたよ。たくさん魔力使うから、魔王の後にルベさんも魔力入れてくれる?」


「もちろんです! ありがとうございます、ミュナ様……」


「お礼も泣くのもまだ早いの! 成功したらニャ!」


 はい。とルベさんは泣き笑いだ。

 魔王が巻物をルベさんに渡す。ルベさんはひとつ深呼吸して魔力を入れ始めた。


「……ぜぇぜぇ……こら、おまえ……! 一人で魔法ギルドに行ってたのかよ!」


 息を切らせて走って来たコニーは、開口一番そんなことを言った。

 そんな急いで聞くようなことかね?


「行ってたよ? あの子たちは師匠にちゃんと教わってるし、師匠はかわいい弟子が増えてにこにこで、ギルド内が明るくなってたニャー。もうこんな悪い職員いなくてもいいんじゃないかニャー。そうそう、荷物は師匠のとこに置いてきたから」


「くっ……。トレッサさん、なんか言ってたか……?」


 ニヤリと笑ってやる。私の中の黒き血が騒ぐ……。


「私が答えるとでも? どうしてもと言うのであれば考えないこともない。しかし、その代償は高くつくぞ。キミに払えるかニャ……?」


 うっ……最後が締まらないぃぃ。


「……くそっ……!」


「黒猫、悪かわいい……」


「ミュナ様、悪ぶりたいお年頃でしょうか……。かわいい……」


 なんか言われている気もするけど、手元に戻って来た巻物をコニーに差し出す。


「これに倒れるまで魔力を入れたら、教えてあげようかニャ」


「するわけないだろ! なんで俺がそんなことしなきゃなんないんだ!」


「――――魔人はね、成人したら召喚されちゃうかもしれないんだって」


「い、いきなりなんだよ」


 唐突に言われて、コニーは緑色の瞳を揺らした。

 今までぬくぬくと暮らしてきたんだろうな。甘いもんなー。昨日だって、ただギルドに突き出されるんだと思い込んでたし、今も聞けば答えてくれると思ってるんだもんなー。


「召喚だよ、召喚。どこの誰かもしらないところに勝手に召喚されちゃうのって、どんな感じだと思う?」


「…………」


「いつ召喚されるんじゃないかって思いながら生きるのって、どんな気持ちだと思う?」


「…………っ」


「この巻物は、それを阻止する巻物。莫大な魔力を使うんだ」


「…………え。それって…………」


「そこのルベさん。さっきキミの逃亡についてってあげた魔人さんね、明日誕生日で成人迎えるんだよ」


「!」


「…………まぁ、コニーには関係ない話だったね。ほら、逃げるんじゃないの? 早く行けば?」


 コニーは巻物をひったくると、両手で握りしめた。


「くそっ! 倒れるまでくれてやるよ! 約束は守れよ!!」


「約束は守るよ。ありがとニャー」


「そこでそれ言うか……反則だろ……」


 コニーは本当に倒れる寸前まで魔力を入れてくれた。魔王がずぼっと口に回復液を突っ込んでいる。

 最後は私が魔量空になるまで入れるよ。

 手に戻ってきた巻物に魔力を込めていく。


 全力で入れる――――!!


 まだまだ入れている最中。

 突然、巻物から魔力がパチンと切り離された。同時に金色の光がぐるりと巻物を巡る。


 えっ――――?!


 もう足りたってこと?!

 おかしくない?! 計算が合わないよ!! どういうこと…………?!


「「「おおおおお…………!」」」


 他の三人は金色に輝く巻物を見て、声を上げた。

 金色の巻物は成功の証。

 ルベさんに巻物を手渡した。


「これ、敷地の真ん中くらいで[解巻物マリリースクロール]ってしてくれる?」


「……はい。わかりました……」


 飛んでいく後ろ姿を見送り、私はせっせと働くゴーレムのとなりへ行って唱えた。


「――――[対魔盾マジックシールド]」


 ずっと向こうの方で赤い髪がふわりと広がり、ルベさんが地面に降り立つ。

 そこを中心に金色の魔法陣が広がり、敷地の大半を輝かせて消えていく――――――――。




 こうして王城と同じだという[無魔法結界アンチマジックフィールド]が、黒猫国に成された。若干の仕掛けとともに。


 私にすっきりとしない何かを残して。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る