デガロン砦

黒猫、史上最悪の呪い


 結果から言うと、床はバレなかった。

 獣人さんたちって、おおらかなんだと思う。細かいことは気にしないみたいだよ。

 ふぅー、助かった!


「スープおいしいです!」


 野菜たっぷりスープは豆もゴロゴロして、ごま油みたいな香ばしい香りもする。ウマーウマー。

 あとは黒パンと、骨付きチキン……? 鶏かな? 違う鳥かも? 塩でパリッと焼かれて中はムチムチおいしい。

 パンに塗ったリンゴジャムはハチミツの味もした。トムじい、クマだからきっとハチミツ好きなんだ。

 三人で囲む丸テーブルにはあったかおいしいものが並んでいた。


「そうか。口に合ったならよかった。都ならもっとウマいものがあるし、田舎料理で悪いんだがな」


「ううん、管理局のごはんと同じくらい、や、もっとおいしいです!」


「……そうか、管理局か」


 トムじいは眉を下げて、ちょっとだけ笑った。


「この時期はな、山鳥も太るし木の実も採れる。山で暮らす者にはいい季節だぞ」


「そうだねぇ、そろそろ熊もウマい時期になるね」


 ミネルバさんが舌を出してペロリと口をなめると、トムじいは苦笑した。


「わしは魔物の熊しか食べないが、たしかに冬眠前は食いでがあるな」


「熊、おいしいですニャ……?」


 そう聞きながらもトムじいの耳をチラチラ見てしまう。い、いいのかな……? 共食いとか……?


「ああ、そりゃぁウマいよ。ミュナは砦の辺りにしばらくいるかい? 向こうでアタシが熊食わせてやるよ。今の時期は安くたくさん出てるからね」


 よかった、ミネルバさんが近くに住んでるなら、ちょっと安心だ。

 寝るのに使ってくれと案内された部屋は、成人になって出ていった子どもの部屋だって。ミネルバさんは隣の部屋。部屋だけはいっぱいあるんだよと、トムじいは笑った。


 寝袋に[清浄]をかけて、ベッドの上に置いた。

 靴を脱いで魔法鞄の中に入れてしまう。そして魔法鞄をタオルでぐるっと包んで、寝袋の中に入れてまくらに。中に潜り込んで紐できゅーっと絞れば、寝る準備完了。


 馬車で寝たせいか、あんまり体を動かなかったせいか、すぐに眠れる感じじゃなかった。

 そうなると、思い出してしまう。


 バチッという音と焦げ臭い匂いと、逃げ去る後ろ姿。

 怖かった……。暗闇の中そんなことがあれば、そりゃコワイよ!

 悪い人だなんて思ってもいなかったから、裏切られた気持ちもあった。だから今は怒りも沸いてきている。


 きっと、気に入らなかったんだろうけどさ! こちとら申し子ってやつなんだから! チートなんだからな! へーんだ! くやしかったら上手くなってみろってんだ!


 ……いや、そんなやっすいあおりじゃダメ! 黒猫としての品位が疑われる!


 ――私の逆鱗に触れてしまったようだな……。地獄の果てまで呪われるがいい……。

 ダジャレがウケない呪いで氷点下の視線を浴びるがいい……。足クサの呪いで存分にフラれまくるがいい……。ククク……。


 私はひよこ色の髪の毛に向かって、身の毛もよだつ極悪非道な呪いを念じたのだった。






 次の日、朝ごはんまでいただいて、私とミネルバさんは馬車に乗った。

 トムじいは「いつでも遊びにおいで。ミュナのバサリトニャの家だと思ってくれればいいぞ」って大きい手で頭をなでた。

 そんなこと言われたら、また遊びに来ちゃうよ!

 荷車のうしろから、トムじいが見えなくなるまで手を振った。


 テブラレルニャは通り過ぎ、とうとう大きな街道に出た。小休憩で停まった駅から、御者台に乗せてもらった。

 ふんふん、御者台にも魔法陣が仕込んであるね。風よけされて、思ってたよりぜんぜん寒くない。

 そのうち道の左側にはちらちらと海が見えるようになった。


「海! 砦は海が近いですニャ?」


「ああ、近いよ。海の幸も山の幸もあるいいところだよ。ミュナはデガロン三叉さんさに着いたらどうするんだい? 何かやることがあるのかい?」


「えと……師匠に、店を出すように言われてて、場所を探そうかと思ってるんです」


「ああ、いいね。なんの店さ?」


魔法札マジックカードなんですけど」


「…………ミュナ、あんた魔書師なのかい?」


「はい!」


「……そうか、それで昨日……」


「え? なんですニャ?」


「いや、獣人の魔書師ってのは珍しいからさ」


「そうなんですニャ?」


「ああ。魔量が他の種族より少ないから、なるヤツも少ないさ。それに体を使う方が好きなヤツが多いだろ」


 ミネルバさんはニヤっと笑った。

 なるほど、それでマルーニャデンで魔書師が不足してたんだ。


 聞いてみると、獣人はマルーニャ領の辺りにはたくさん住んでいるけど、他の場所は人族が多いんだって。

 デガロン三叉のあたりはマルーニャ領から近いこともあって、人と獣人が半々くらいだから魔法屋も少ないみたい。チャンス?


 お昼過ぎに、馬車はデガロン砦へ到着した。

 うわぁ……。

 大きな砦にポカンと口を開けた。マルーニャデンの壁も大きかったけど、建物が大きいっていうのは迫力があるよ……!

 部族の砦みたいな、丸太を並べて壁にしてるようなのを想像してたけど、全然違ってた!

 黒っぽい石造りの建物は、城だと言われれば納得のものだった。


 砦は三叉路をまたぐように建っていて、建物同士を繋いでいる連絡通路をくぐって馬車は進んでいく。


「とりあえず、うちまで行ってもいいかい? 昼メシごちそうするからさ」


「はい!」


 ミネルバさんの家は、またちょっと森の中に入ったところにあった。

 おうちは小さそうなのに、馬車を停めた倉庫と馬小屋は広い。


「ミネルバさん、馬車代を払います」


 馬車から降りて私がそう言うと、ミネルバさんは手を振った。


「あー、いいよいいよ。トムじいがミュナの分も出したから」


「え?! そうなんですニャ?!」


「ああ、床のお礼だろ」


 あああ!! 知ってた!


「知ってたですニャ?!」


「そりゃ、知ってるよ。足元がピカーっと光ればさ、わかるだろ。でもあんたが何も言わなかったから、放っておいたのさ」


 あぅぅ……。


「なんでそんな顔してんのさ。いいことしたのに、おもしろい子だねぇ。さ、昼メシ食うよ」


 お昼ごはんをごちそうになったうえに、泊っていってもいいよと言われたけど、さすがに甘え過ぎなので遠慮した。

 獣人さんたちは、ちょっと親切過ぎる気がするよね!





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る