第43話 ところどころで観光回が入ってくる

 前回のドラマギカは~?


 やっとのことで、入国()したケイ一行。しかし、着いた港は戦国乱世の影響で荒れ果て、挙句にみんなが戦闘準備をし始める始末。冬眠しようと試みるルーナ(メイド服)、パワハラするツムギ、兵士の股間にシュートを決めるミカエラとオトカ。現地の情報を聞き出すも、リアル県民府民を怒らせるようなことばかり……。

 はてさて、どうなってしまうのか。


「ひっでぇ」

「うん、シオリ。今回は同意する。『これはひどい』」

「これで世界征服が進んでるとか、これメチャクチャな世の中だったんだな」

「ふははははは! やっとわかったかシオリ! 父の偉大さが!」

「るせぇほざくなぶっ〇すぞ」

「ハイスミマセンデシタ、シオリサマ」

「ドラマギカ、はーじまーるよー♡」

「はぁ……(ため息)」


 あたりを歩き回るオトカ。しかし、どこを見てもただの焼け野原だった。

「うーん。この魔法少女オトカちゃんにかかれば、すぐに人ぐらい見つかると思ったんだけどなァ?」

 ピンク髪をくしゃくしゃかきむしる。

 すると、山奥から一人の少女が出てきた。大分小さい年齢だ。みずぼらしい格好をしており、痩せている。

「ぐへっへっへ幼女だ。幼女が現れた! オトカはどうする?」

「オトカテメェとうとう事案かよ」

 こいつ、男に相手にされないから、とうとうロリに行きやがった。

「うるさい! 私はただ純粋に癒されたいだけだ!


 1、なでなでされにいく

 2、だきしめる

 3、おもちかえり←」

 いや、『おもちかえり』とかもうアウトじゃね?

「誘拐で逮捕されるぞ……」

「ふええええん一家に一台幼女ぉ」

「幼女を家電みたいに言うな。話を聞いてくるんだッ!」

「あーあーわーったよ」

 そして山のふもとにいる幼女に近づく。

「うへへ、スーハ―スーハー、きみぃ、お名前なんて言うのかなぁ?」

 おい、犯罪臭を漂わせるんじゃない。

「ひ、ひええ、あ、あの。おねーさん?」

「むふふふふふ『おねーさん』! なんていい響きなんでしょう」

「わ、私は『お菊』といいます」

 おかっぱの少女はそう答えた。

「菊たん! いい名前だねー! 今、ここの近くにいる戦国武将って、誰か分かる?」

「うーん……わからないよぉ」

「むほー! かわゆいですなぁ。これはもうニシカさんからもらった『ヒトサライボール』で捕まえるしかないね!」

 なんだよヒトサライボールって。てかニシカさんなんでんなもんオトカに渡した。

「いけぇ!」

 幼女に向かって、某〇intendoのアレの形をしたボールを投げつけるオトカ。

「ひいいいいいい!」

 本能で危険を察知したのか、避ける幼女。

「野生の幼女! 野生の幼女!」

「野生いうな」

 言い方だよ言い方。

「いやなのー! ホントに何もやましいことしないのー! 幼女図鑑に載せるだけなのー!」

「三桁の数字が振り分けられてそうな図鑑だなおい」

「おや? 幼女の様子が?」

「そりゃ成長するだろ」

「くそう、もう一発ッ!」

 とんでもない剛速球を放ったオトカ。怖がる幼女は、たちまちボールに吸い込まれてしまった。

「ぬっほほー! 幼女! ゲットだZE」

「犯罪臭しかしない。てかまんま犯罪」

「ネットで交換しよう」

 すると、シオリがオトカの後頭部から1トンハンマーを振り下ろした。血を吹き出しつつ倒れるオトカ。

「ありがとシオリ」

「……こいつ、闇オークションでいくらで売れるかな?」

「シオリいいいいいいい!?」

 こいつ、売り飛ばそうとしてやがった。どういう思考回路してんだよ。

「けっこうかわいいし、健康状態もまあまあだから、……1000万ぐらいかな?」

「数字出すのやめい!? 早く解放しろっての、僕たち捕まるぞ!?」

「ぶぅ……」

 ふくれるな。シオリ。

「ごめんなさい。悪い人たちじゃ……いや、悪い人たちなんだけど、許してあげて……?」

 リンさんが怖がるお菊ちゃんをなだめる。

「とりあえず、貴方の家に行かせて?」

「うーん。わかったよぉ」

 どうやら、山菜を取っていたら山から出てしまったらしい。自分一人で帰れるところだったが、『運悪く』僕たちに見つかったようだ。


 それから話を聞いたものの、お菊ちゃんのお父さんとお母さんは、何も知らないと話した。しかし、聞けば港の近くに、Aカプの城下町があるそうだ。

「行きます?」

 ルーナがおそるおそるみんなに聞く。残金は十分だ。よし、行こう。

「あ、そうそう」

 ミカエラがバッグから何かを取り出す。

「そこらへんで、この国の服を買ってきたですの! リジコは、もう着替えてますわ!」

 すると、家の中から、この国の赤い着物を着ているリジコが現れた。

「どう?」

「おー、こりゃいい、町娘か。髪も結ってるしな」

 ツムギや凛さんから見ても、違和感はないようだ。

 たしかに、この服装でいくと、この国では目立つ。着替えるのもいいだろう。

「じゃあ、みんなも着替えるですの!」


 デン! お着換え終了。


「おい、なんで僕はボロなんだよ……!」

 草履はそのまま、上にボロい布羽織っただけじゃねぇか。

「じゃーん! 名付けて! 大和ホームレス風コーディネートですの!」

「悪意あるよな。それ?」

 ミカエラお前……。

「おー! 私も立派な町娘だ!」

 オトカも髪を結ってもらったようだ。ピンク髪ェ……。

「ミカエラちゃんも素敵です!」

 リンさん、写真撮りまくってら。

「おい、なんで私はこんな網タイツに頭巾なんだ!?」

「シオリさん、それは『クノイチ』、大和の暗殺者やスパイの服装です!」

 何故それをチョイスした……。

 そしてルーナはッ!?

「……(モジモジ)」

「なんだ、あの赤と白の服装は?」

 僕は、もじもじしているルーナをよそに聞く。

「ああ、アレですか。巫女服です。ちょうどいい女性用のやつがなかったので、神社から借りてきました」

 リンさん……だから服装のチョイスよ……。


 よっしゃ、次回は観光! ぜってぇ観てくれよな!←


 to be continued……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ドラマギカ K-sukelemon @k-sukelemon

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ