第二章 ケイ、世界征服するってよ(冒険者編)

シンエン王国編

第006話 鍛練あるのみッ!

 次の日になった。

 ともかく、四天王は集まった。戦力は申し分ない。

 申し分ないのだが……。


「わーい! 朝ごはんですのー!」

「ほいほい、たくさん食べな。こんなのでいいんだったら」

 シオリは、さっそくミカエラを餌付けしている。今日は、小麦粉を練って焼いたものと、体力強化のスパイスグリル焼き(何の肉かは不明)だ。

「あむあむあむ! もぐもぐ! おいちーですわ!」

「にしても食べるねー……」

 どうも、カレーの件と同じように、日ごろから大量に食べるらしい、これに加えておやつもずっと食べてるし。あの小さい体のどこにそんなスペースが!?

「ぐッ! ボリって……」

「あー! 骨だよ。ほら、ぺッしなさいぺッ」

 ……母親かよ。

「シオリおねーちゃん! 大好きですの!」

「ふ、ふへへへへぐへへへへ」

 なんかよからぬことを企んでそうな笑い方だな。おい。

「いやー、ミカエラちゃんが懐いてくれてよかったです」

 相変わらずリンさんは常識人だなぁ。

「それで、新しい四天王というのが見つかったんですか?」

「そうだな」

「その魔法少女の人は、いったいどこに……?」

「あれ? そう言えばオトカが見当たらない……」

 そう言っていると、ギルドのドアが開いた。ベルが鳴る。

「「「お、おお……」」」

 冒険者たちがオトカの方を見る。

 いや、オトカは普通に美少女なんだよなぁ。変身してないときは地味なだけで。あと、とんでもない嗜好の持ち主だけど。

「おはよ、ケイ、シオリ。この二人が他の四天王?」

「あ、ああそうだ」

「なんか……みんなあんたより強そうなんだけど?」

「それは言わないお約束だッ」

「いや、魔王が一番弱そうとかどういうことよ!?」

「しょ、しょうがないじゃないか(涙目)! 強い方がいいだろ、世界征服するんだったら!」

「なに子供みたいなこと言ってんの引くわー」

「勝手に引いていろッ!」

「……よくこんな奴らが四天王なんかになってくれたね」

「みんなお前と同じような下らない理由だ」

「くだらないって何よ! 負けて『くっ……殺せ』とかめっちゃたぎるでしょうが!」

「たぎらねぇよ!」

 そんなこんなでクエストを受注することになった。いやー、白金級が二人もいるパーティーだったら、いろいろと受注も楽だろうな。


「えーと」

 僕は、クエストの掲示板を探る。

「まずは討伐系……と。ランタントカゲの討伐、モンキーゴブリンの撲滅、ダイオウカチャカチャ(カチャカチャの上位種。水辺にすむ巨大な鳥)の討伐」

 うーん。どれもかなり報酬が高いが、他も見て見ようか。

「んじゃあ、次は護衛系ね」

 シオリが掲示板を見ている。

「今日の昼頃に大規模な食糧の輸送があるから、モンスターや野党に襲われないように護衛する……うーん、あんまり美味しくはないけど、人数分報酬が出るみたい」

 リンが、他の掲示板を見て戻ってきた。

「じゃあ、製作系にします? 素材を集めたりして、指定のものを作って納品するクエストです」

「製作系は当たり外れが大きいからなー……」

 オトカが言う。彼女も最近は言った割には勉強しているな。

「やっぱり私は討伐系かな、負けてもおいしく頂かれるようなのが……」

「そんなものない」

 僕はオトカの頭をぶっ叩いた。

「いったー! 何すんの」

「よし、見てろ……」

 僕は、受付に髪を持っていく。

「……討伐系、全部引き受けます」


「「「えええええええええええええ!?」」」


 他の四人から悲鳴が上がった。そりゃそうだ。現時点での討伐系クエストは、二四種。ちょっとカッコつけたかったんだ(本音)

「……四天王よ、よく聞け(精一杯の魔王ボイス)。これぐらいの武力を持たずして、なにが四天王、なにが魔王だ。世界征服への道は遠い、鍛練あるのみだ!」

「どこの口が言ってんのさ」

「本当ですわ」

「そのー、無理かなー? ケイには、なんて……」

「は? アタマ沸いてんの?」

 四人それぞれに罵倒してきやがる。でも負けないッ! 負けないぞ!←

「ふっふっふっふっふ、僕に作戦がある」

「え?」

 シオリがとぼけた声を出した。

 まあ、見るがいい。前魔王直伝の帝王学を!


「よし、森に付いたな……ここらへんが一番のスイートスポットだ……て、聞けぇッ!」

 四人それぞれに野原で遊んでいた。

「いやー、ベニキウイ(マタタビの一種)最高だー(猫)」

「リン! みて、ちょうちょなのですわ!」

「あー! きれいですねー!」

「……ぐーぐー」

 オトカに関しては寝てるし。

「いいか、四天王諸君! これから一気に二四種の討伐クエストを達成するッ! そのために……さっきこれを作ってきたのだァァァァァ!」

「……ナニコレwww」

 シオリが笑っているが気にしない。見てるがいい、僕一人で終わらせてやる。

「見たらわかるだろう。罠だ」

 僕が魔法陣から転送させたのは、木製の大きな小屋のようなものだった。

 ランタントカゲをおびき出すための、鳥の脂をぶらさげッ!

 モンキーゴブリンを仕留めるために、縄で陣を作りッ!

 ダイオウカチャカチャを射るために、ボーガン発射装置を設置した!

 その他のクエストも、この機械に付属されている罠一つで解決する!

「ふッ……天才か……僕は」

「いや、単に罠をテキトーに置いただけでしょ」 

 オトカ、細かいことはいいんだ! 見た目は確かにショボいが、気にしては負けなのだ!←

「もー! いいから見てるの! 手柄は全部僕のものだぜヒャッハー!」


 数分後。

 全部罠にかかった。

 『僕も』

 どうしてこうなった。

「ギャーギャー」「グら! グララ!」「ケー! ケー! ケー!」「ボロボロボロ!」「くぇ くぇ」「ヒー!」「バサバサバサバサバサ」「キャキャキャ!」「たすけてえええええええええ!」

 地獄絵図だ。二四匹(ゴブリンは十匹以上かかってるから実質三四匹以上)が半径一メートル以内に敷き詰められている。いや、罠を解こうと思ったら、ゴブリン用の縄に引っかかったんですわ。トホホ。

「け、計画通りだ」

「どこがですの!?」

 と、とりあえずうるさい! 暑い! くさい!

「リン! 大鎌で縄を切ってくれ! そしたら罠が解ける!」

「それがその……言いにくいんですが」

「なんだ?」

「……罠を解いたら、全部放出されません?」

「……。あ」

 やべ。本格的にどうしよ、これ。宙づりになった状態で、僕は考える。

「と、とりあえずこいつら全部魔法で討伐できないか?」

「やっちゃってもいいけど、俺」

 シオリ! こんな時こそ高火力な召喚術師が役にたつ! 皆さんも一家に一人。シオリ・ロータスリーブズいかがですか?

「たのむ!」

「じゃあ、『アールバ』。爆裂魔法でやっちゃって☆」

 シオリが、精霊を召喚する。屈強な体格をした精霊は、そのまま火焔の球をこっちに投げつけた。

「え、まって、これ僕も巻き込まれない? ちょっと! シオリ!?」

「……(無言の笑み)」

 シオリ! きさまあああああああ謀反か!

「助けて! 助けてくださいお願いします!」

「ケイ……いい奴だったよ」

「ちょっと!」

「ケイは、クエストの犠牲となったのだ」

 み、ミカエラ! リン! オトカ! 僕は必死に視線を送る。

「「「……(無言の笑み)」」」

 こいつらああああああああああああああッ! 二四種のクエストの報酬に目がくらんで、僕を焼き殺そうとしてやがる! いくら吸血鬼でもこれ死ぬよ!? 我死ぬよ!?

「ぬおおおおおおおおおおおお魔法で消却じゃあああ! こんなところで死んでたまるk」


「ぐはぁ……」

 なんか毎回ぐはぁ……って言ってる気がする。

 周りには爆散した肉片が飛び散っている。焼き鳥だーおいしそー(白目)。

「と、討伐完了だッ! 皆の者、よくやった」

「『よくやった』って……よく堂々と言えるね、ある意味すがすがしい」

 オトカの罵倒は気にしないが、とりあえず、今日だけで二四種のクエストが達成できた。金はたまったはずだ。

 ちくしょうッ。なのになぜか悲しいぞ! 頑張れ自分! 負けるな自分!


 to be continued……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます