第021話 二度目の上陸ゥ!

 さて、なんやかんや(話すときりがないので省く)あったわけだが……。

 発情したオトカの処理(何とは言わない)をしたり、猫獣人の癖に酒飲んでるシオリの介抱(あれやこれや)をしたり、そのくせ酒豪なツムギが一向に勝手に加わり……。

 うん、ろくな旅路じゃなかったことだけは確かだ。さっきのに加えて他の四天王三人だからな。騒ぎが起こって飛行船が墜落しなかったのが不思議だ。


「というか、さっそくシンエン王国行きの直行便がでてるんですね……」

 リンさんが、窓際に腰かけて景色を見ている。

 そう、今僕たちが乗っているのは、インスパイア帝国経由のシンエン王国直行便だ。国際社会対応早すぎないか……開国宣言されてからもう直行便を出すとか……。

「いやー、この機会にシオリさんには、今度こそ祖国に引きこもってもらいましょうふふふ」

 ……何も言わんぞ。リンさんけっこう黒かった(白目)。

「だってぇ、ミカエラちゃんの教育に悪いんですもん。あんな大人にはなってほしくありません」

「うん、そこは同意する」

 ミカエラ、今のままでも十分ヤバいけど。

 すると、奥の個室からでかい笑い声が聞こえた。

「うぇへ、うぇへへへへへへへへあひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」

 これ、酒というより麻薬飲んでない? ダイジョブ?

「ツムギィィィィィィ、相変わらずひでえ顔してるよなあひゃひゃひゃひゃ」

 だめだ。猫に酒飲ませたらいかんのに。

「シオリ……そろそろ着くからほどほどにしt」

「をおおおおおおケイいいいいいいいいだまっとレイッ吐きそう」

 さっき吐いたばっかりだろ。

「おえええええええええええええええええええ」

 ……。

 こうして最悪な空中旅行はシンエン王国で終わった。


「うおぷ。キモチワル」

 シオリのやつ。

「へっへっへへへへへへへこのまま部屋に連れ込めばうひゃひゃ」

 ん? ツムギが危なそうなこと言いだしたけど、ほっといた方がいいか? これ?

「楽しかったですのー!」

「ミカエラちゃん、また冷麺一緒に食べましょうね!」

 リンさんとミカエラは、健全だなァ。

「ッ! ツムギさんが、まさかの泥酔〇〇〇(自主規制)!? これは私も足し算して、『ツムギ×(シオリ+私)』にしなければッ! 鬼って、そっちの方はどうなんだろう!? そりゃあ、精力満タンニクショクうへへへへへへ」

 オトカって、媚薬なくても十分危ないな。歩く十八禁(一七歳)。

「ところで、なんでツムギはシンエン王国に来たんだ?」

 すると、チェリーさんが答えた。

「あらー。そう言えば話してませんでしたー。ツムギさんは、私と同じくシンエン王国のギルド建設に加わっているのー」

 なるほど、ツムギも冒険者なのか。

「でもー、ツムギさんって問題児なのねー? 実際には辺境の地に厄介払いされたって感じだけど」

 そうだろうね←

「はっはっは! 何が問題児だ! ギルド長に腹が立って目にレモン汁ぶっかけたりしただけだ」

「もー、それだけじゃないでしょー? いろいろとドクズじゃないのー。ギルドの金銀財宝強奪して島に立てこもったり……」

 それなんて桃太郎? あ、鬼か(納得)。

「おかげで、『ギルド財宝の奪還クエスト』を立てなきゃいけなかったのよー?」

 クエストたてちまってるじゃねえか、モンスター同然じゃん。

「けッ、これでも金級ゴールド級なのによ」

「文句言わないのー」

 それはそうと、首都の辺境に付いた。

「で、何をするんですか?」

 僕は、チェリーさんに聞く。

「うーん。ギルドの建物も出来てないみたいだしー……。クエストも受注しないと……」

 チェリーさんが困っている。

「もちろん、ナンバー級やアルファベット級のクエストはすぐ集まるでしょうけど、問題はそれ以上の冒険者向けのクエストね……。冒険者を育てるには、上位のクエストがないと」

「それなら大丈夫ですの!」

 ミカエラ!?

「私たち魔王一味がクエストを出すですの!」

「まあ、助かるわーミカエラちゃん」

 まさか、そのクエストって……。

「クエスト名は、『魔王城建設』ですの! 報酬は、ケイの全財産ですの!」

 なんで、僕の財産なんですかねぇ……。

「それはいいわね! 沢山の冒険者が集まりそう! じゃあ決定!」

「え!? ちょっとまって僕の許可……」

「そんなものないですよミカエラちゃんの案なんですよいいですね」

 リンさん怖い……。ハイライトがない眼をしてる……。

 

 こうして、半ば無理やりクエストを通された僕。魔王城建設は僕の財産と引き換えだったのだー。


「おう、それなら俺もやってやってもいいぜ?」

 ツムギ! 実はいい奴だった!

「魔王一味についてはシオリから聞いた。世界征服するんだってな? それだったら宝やなんやらも好き放題だろ?」

「あ、うん」

「高級な酒も浴びるように飲めるって話だ。いいじゃねぇか」

「つ、ツムギ……!」

「建設担当は俺でいいな?」

「たしかに……僕たち五人の中に建設ができるものはいない。経験があるなら頼む」

「おう、任しとけ。魔王(笑)」

 チクショウ、煽られた。

「じゃあ、善は急げだ」

 ツムギは、魔法陣から斧を取り出す。

「とりあえず、材木とコンクリ、それから魔導錬成のレンガだ」


 数時間後。

「「「「「どうしてこうなった」」」」」

 僕たち五人は唖然とした。

 え? 何があったかって? 

 『山が無くなった』。

 いや、山が一個消えたんよ。ほんとよ?

「がっはっはっはっはっはっはっは! とりあえず山一つ消して、全部材木とコンクリレンガにしてやったわい!」

 ひええ、これ大丈夫か?

 すると、近くの住民たちがなんか来た(語彙力)

「何してくれとんじゃわれェ!」

「うちの土地もあったのにどうしてくれるんだ!」

「散歩コースは!? 登山客は!?」

「ちくしょお! このケイとかいうやつを血祭りにあげろ!」

 え? なんで僕? え?

「「「「「「ケイ、頑張って!」」」」」

 ……みんな、ひどい←


 こうして、十字架に吊り下げられたのち、ケイは復活した(どこのキリストだよ)。


「ふう、ひどい目に遭った」

「おかえりー」

 シオリは、復活したままお茶を飲んでいた。

「よー」

 ツムギがちゃぶ台の前に座る。

「お帰りですのー」

 ミカエラがキッチンでつまみ食い。

「十字架の味はどうでしたか?」

 リンさんが冷蔵庫をあさる。

「くかー」

 オトカはそのまま床で寝ているが……。

「いや!? これってただの家じゃん!? 僕がいた六畳アパートと変わらないんですけど!?」

「何言ってんだ、ケイ。住めば都。ここが俺たちの城だ」

 ツムギ!?

「そーそー、お城ってのは心で感じるもんだよ」

 シオリ、なんかいいこと言ってんのはわかるけど、これに限っては通用しないぞ?

「いや、なんだよこれ? 実家じゃん! 故郷ですやん! 外観も豆腐だし! 屋根真っ平だし! 二階もなけりゃ部屋分けすらないんですが!?」

「あー、めんどくさかったわー」

「余った材木とコンクリどうすんの!?」

「もう一度山に戻せばいいじゃねぇか」

「できるわけないだろ、てか作り直しだろこれ!?」

 うーん。建築業者呼ぼ。


 to be continued……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます