お久しぶりです! K-sukelemonです!

 いやぁ、すっかり寒くなりました。カクヨム始めて、二年が近い……。
 一つ。報告がありましてね。完全欠陥吸血鬼なんですけど。

 何回も話した通り、完全欠陥吸血鬼は、処女作です。そして、今、一番力を入れている作品でもあります。この近況ノートを投稿した時点で、50万字をこえています。自分で言うのもなんですが、書き始めて挫折せずに、遅いペースですがここまで書き上げたのは、非常に凄いことだと思います。でも、やっぱりいい作品に仕上げたい。
 もちろん、処女作ですから拙い描写、ぎこちないキャラクターです。リメイクも、技術が身についたと自覚できるようになったらするつもりです。

 ただ、それでも一つ気になることがあるのです。Twitterでアドバイスをもらったのですが。
 『K-sukelemon、完欠ばっかり書きすぎ問題』。
 そう、これです。僕、書き始めてからほとんど完欠しか書いていないのです。これは非常にまずい。
 なんでまずいかと言うと、アドバイスされた通り、『視野が狭くなってしまうのです』。やっぱり、いろんな作品を書いて成長したほうが、技術も伸びるもんですわ。目からうろこでした。なんでこんな単純なことに気が付かなかったんだろう。

 だからね。完全欠陥吸血鬼は、物語の大きな区切りである第六部を以て、いったん完結しようと思っているところなのですよ。
 もちろん、もともとそれに続く構成だった続編は決まっております。ただ、それを書いたら60万字以上連続で完全の世界ばかり書くことになる。……それじゃ、上達できません。アイデアも広がらないし、作品もつまらないものになってしまう。やっぱりここは、腹をくくって書くべきなんですよ。

 そう! 『カオス・オブ・ジャンク』をね!!!!
 ごめんなさい。ずっと休載して。
 技量に納得がいかないのを理由に、ずっと休んでました。なので、リメイクして、一から出します! 今の僕なら、書ける! 完全欠陥吸血鬼の第六部が終わったら、予定を変更した通り、『カオス・オブ・ジャンク』を完結させます。
 完欠の続編書くのは、少なくともカオス・オブ・ジャンクが完結してから!
 
 なので、みなさん。こうご期待。