クラスメイトの妹に「死んでください」と言われてしまいました。。。。

作者 青見銀縁

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

完結済 全51話

更新

  1. 第1話 「死んでください」と言われても、僕は素直にうなずくことなんて、できるわけがない。
  2. 第2話 実際の泥水なんて、さすがに飲めるようなものではないはずだ。
  3. 第3話 クラスメイトの住所なら、緊急連絡網とかに書いてあったかもしれない。
  4. 第4話 政治家の娘だなんて、僕的には特に気にすることじゃないと思う。
  5. 第5話 僕の妹は、卓球部の練習でいつも帰りが遅い。
  6. 第6話 死神の世界も色々と大変らしい。
  7. 第7話 何かを選ぶ場合、どの選択肢でも、何かしらのデメリットはあるものだ。
  8. 第8話 ちなみに消去法は、選択問題を解く時に有効なテクニックだ。
  9. 第9話 ウソをつき続けるというのは、簡単なことじゃない。
  10. 第10話 シスコンは自覚があっても、なくても、シスコンだ。
  11. 第11話 再会というのは、嬉しい場合もあれば、嬉しくない場合もある。
  12. 第12話 悪夢とはまさにこのことだ。
  13. 第13話 死神はいつも近くにいるとは限らない。
  14. 第14話 校門前での騒ぎは目立つ。
  15. 第15話 クラスに溶け込むのは、人によっては容易じゃない。
  16. 第16話 確率が低ければ、それは全て奇跡と言い切っていいのかどうか。
  17. 第17話 強運のおかげで助かったのなら、命の恩人と思うしかない。
  18. 第18話 友人っていうのは、いいもんだ。
  19. 第19話 やっぱり、ウソをつき続けるというのは、簡単なことじゃない。
  20. 第20話 奇跡を起こすには、強運の持ち主を呼ぶしかない。
  21. 第21話 突然の電話は誰でも驚く。
  22. 第22話 ウソをつかれると、誰だって気分のいいものじゃない。
  23. 第23話 いざという時には覚悟を決めろ。
  24. 第24話 とっさの防御がそれなりの時間稼ぎにもなる。
  25. 第25話 一度あることは二度ある。
  26. 第26話 新たな選択肢へ。
  27. 第27話 怖いもの見たさという心理はどこからくるのだろう。
  28. 第28話 突然の告白は戸惑うだけだ。
  29. 第29話 自信を持つのは大事なこと。
  30. 第30話 守るくらいなら、攻めろということかもしれない。
  31. 第31話 まずは冷静になろう。
  32. 第32話 天使と死神
  33. 第33話 安っぽい祝福は効果があるのか、疑問だ。
  34. 第34話 ひとまずは、「死んでください」とは言われなかった。
  35. 第35話 最低最悪な話
  36. 第36話 生半可な気持ちではダメだということらしい。
  37. 第37話 運命を変えるのは難しい。
  38. 第38話 誤ったルートは訂正不可能なのか。
  39. 第39話 今日はそういう気分。
  40. 第40話 情けない男
  41. 第41話 モヤモヤをスッキリさせることはいいことだとは思う。
  42. 第42話 善は急げと言われても、急過ぎる場合、話は別だ。
  43. 第43話 予想通りの最悪な展開
  44. 第44話 至らぬところとは何なのか、気になってくる。
  45. 第45話 リタ、再び。
  46. 第46話 間一髪と思いきや。
  47. 第47話 一寸先は闇
  48. 第48話 リタ、再々登場。
  49. 第49話 提示された選択肢から、どれを選ぶのか。
  50. 第50話 明日香の選択肢。
  51. 最終話 これから先はわからない。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!