第四十三話 未来桃太郎 三

ついに人間界を離れ、この任務の終了を迎えることとなった。

無事に界門を通り、境界性通路に入った、第二十三小隊の面々。


「めまいがしそうだな―――、相変わらず、ここは」


リョクチュウが目を細めながら歩いている。


「しかし、やっと帰れるぜ」


バスタムはそう言う。

なんとなく目を細める瞼に力が入る。

これから俺たちは、故郷に、魔界に帰還する。

光の乱反射は初回よりも慣れたものの、面倒である。

俺はといえば、人間界から帰還するのが―――寂しいという気持ちがあった。


シャコツコウが、俺をじっと見ていることに気が付いた。

彼は尋ねてくる。


「どうした―――気分が悪いのか」


「ん、いいや」


「人間界は、汚染されたといっていた。気になっている。影響を受けないか」


「………」


そういえばそんな話はあった。

俺の感覚としては、そんなことはないが。

それよりも俺の身体に、心をえぐったのは人間界の真実だった。

虚無という、攻撃に似た―――なにか。


「今のところ、身体に異常はないけれど」


ケイカンが言う。

その片腕にはまだ包帯が捲かれていた。


「―――いやいや、お前が言うなよ、腕は大丈夫か?」


「ん、平気よ」


腕を振っている。

あまり動かすなよ。


「そもそも人間界の大気自体が、魔界とは異なるからな―――」


「ああ、そりゃあそうだ」


もっと言えば、鬼と人間では体質がまるで違う。


「瘴気は一定量摂取していた。魔界の食料も取った―――」


「島から一度帰ったとき、身体検査があっただろう」


魔界での検査。

その後、ウレックと合流した。

俺はあの白い鬼を見る。

人間と会話してから、その表情はあまりよくない。

悩んでいるように見える。

………あの老人たちと接して、何の感情も動かないというのは変か。


「とにかく、検査で正常だと判断され、次の任務、日本本土上陸も任された。影響がないと判断されたなら、まだいい」


元々界門適性試験に合格したのが俺たちだった。

環境が多少変わろうが、デリケートにやられたりしないのだ。

そうだといいのだが。


「これからどうなる」


人間界は―――人間と争うかは別として、地下区画に攻め入る?

上が判断するかもしれないが。


「魔界のための軍鬼だ―――人間界が駄目なら、ルミリオの討伐か」


「………新しい任務ですか」


「では、隊長―――そうなるとこの部隊は、その新兵器―――魔石刀、でしたか。それをもちいて任務にあたるということですか」


「そうなるな………いや、任務だけではないかもしれない」


「と、言いますと?」


「第二十四小隊が、その有害魔獣の任務だ。我々の隊は一度解体され、そちらに吸収される形になるかもしれん」


「………我々の隊が、なくなる」


そう思うと、なんだか―――さらに虚無を増す。


「ルミリオと、暴動の鎮圧と」


シトリンが言う。

付け足してきた。


「そっちは勘弁だな―――」


「いいじゃねえか、どんぱち、派手にやれるなら」


「お前はいいよなバスタム」


「なんだよ、馬鹿にしてんのか?俺は暴れ足りねえぜ?」


「それもやるしかかないか―――」


「人間界に行く界門も、不安定になることがあるしな。それでいい」


界門の不安定が、時期や、突発的ななにかで起こったのならば、帰れない等のリスクを背負うよりも、魔界で活動した方がいい。

今後は人間界に行くことはないのだろう。

そう思うと。


「隊長、境界性通路って一本しか出せないんですか?」


シトリンが言った。


「大まかにはな、専門でないから知らん」


リョクチュウが、少しの間をおいて、呟いた。


「二本目が、作れなかった、ということは―――」


「はあ」


小さい声なので、俺からはよく聞き取れなかった。

日本?

日本がなんだって?


「あの時、作れなかったのは―――界門がつながらなかったとき、実はほかのところでつないでいた―――なんてことは」


今度は聞き取れた。

だが、聞き取れたところで、よくわからなかった。

ええと―――


「あの第三界門、大都市の近くのでは無理だったことか?」


「一時的な不調ではなく、理由があったのでは」


「そんなこと―――別のトコでつないだって、司令部がそんなことをするなら」


あの、薄黒い眼晶装をかけた女性を思い出す。

彼女がそんなことをするのだろうか。


「彼女がそんなことをするとは思えん―――私は聞かされていない」


隊長は言う。

俺も同感だ。任務に支障が出ることを自分でやってどうするのだ。


「だが―――ほかならば―――法族や、王族などならあり得ます」


リョクチュウは言う。


「まあ、法族は界門を扱っている専門家だし―――王族は、ルシフェル公の御意志ならそれは言うとおりにするのだろう」


界門を開けないことはない。

むしろ、俺たち魔軍鬼ですら、法族に開いてもらって、そこを通っているという図式だ。

あちらが専門家で、俺たちはついでではないものの―――外部に委託している立場らしい。


だが彼らは、そんな危険を冒すだろうか。

危険地帯に行くとあっては、戦闘経験、訓練ともに少ない彼らではよほどのことがない限り向かわない。

王の気まぐれ、というやつか?


「王様なら、何か理由あっていくんじゃない?」


「その御心みこころは俺たちのような下っ端の知るところじゃあない―――」


やや放心気味に、遠い目をするバスタム。


「―――バスタム」


歩みを止めないまま、隊長が呼んだ。

妙に声色が硬い印象だった。

体調に怒鳴られる前兆と思ったのだろうか―――バスタムは背筋を伸ばす。


「バスタム………『両側から操作をしないと界門は安定しない』」


隊長はゆっくりと話す―――一文字ずつ、というほどではないが、噛みしめるように。


「は、はあ………その通り、ですはい」


否定はしないという立ち位置のバスタム。

横から聞いている俺には何のことだか、よくわからない。

界門についての話か?


「両側のことを考えなければ良い橋はかからない………そうだな、実際の、現実の橋の事を思えばわかりやすいか」


「はぁ………それは、確かにそうでしょうね………」


「ならば―――最初は?」


隊長が訊ねる。


「最初―――最初?そもそも、それはかなり昔―――じゃあない、結構前に、そう、人間界の島でおっしゃられた言葉ですよね。それも初日か、二日目か」


「そう、そうだ―――」


「覚えていますよ」


隊長とバスタムの、二人で界門の調整をしていたのは知っていた。

境界性通路の安定は、人間界と魔界をつなぐという役割を果たすからには、魔界にいる法族たちだけで完成させるのは難しい。

俺はその、キンセイ隊長とバスタムの会話の場にいなかったが―――。

隊長は会話を続ける。


「そうだ―――ならばその前は」


「………前?え、最初に調整したのはその時で―――俺は。俺がやったのはその時が最初。、そうですけど」


ふらふらと彷徨ったバスタムの視線が、俺と合う。

―――コハク、お前何か知ってるか?お前界門の調整したのか?

と、目で問う。

視線で問う。


俺は首を振った。

俺の方を見るな―――俺に振るなバスタム、俺まで怒られるだろうが。


「何故千年ぶりに界門が開いた―――?できなかった、千年―――何故、いや、不味まずい!これは」


隊長の台詞せりふなのだが、要領を得ない。

何がなんだかわからなかった。

ケイカンも心配し始める。


「隊長…………?」


「いいか―――?」


キンセイ隊長が両手を上げる。

まず、右の手を開いた。

五本の指をぴんと広げる。


「『人間界』が!魔界に信号を送る、通信を送る―――界門を開け―――と。そして―――」


今度は、左手を開いた。


「『魔界』が通信を承諾し―――界門を示し合わせて開く―――!」


右手と左手を、ゆっくり近づける。

ぴたりと付けた。


「隊長―――?それはおかしいと思います。これは魔界から人間界へ、つないだのでは?」


人間界への侵攻はルシフェル公の御意志だ。

宣言だ。

千年ぶりに人間界に侵攻する―――というのは。


「ルシフェル公が宣言したんですよ」


「そうそう、魔族がやったんです、そもそも人間界は科学に頼り切っていたのでしょう?魔界や界門を必要としませんって、よっぽどのことが―――ない限りは」


科学に頼り切った人間界。

人類の行く末は、俺たちが全員、目の当たりにした。

この目で見た。

進化の結果があれでは―――ご先祖サマも浮かばれないだろうが。

自然、口調が寂しくなっていく。


キンセイは指を顎に当てている。


余程よほどのこと―――」





「余程のことが―――起こったならば。千年ぶりにでも、魔術に頼ってでも、やらなければならないことがあったのならば?」


俺たちは、静かになった。

頭の中で、それはつながり始める。

隊長が言葉にした。


「例えば―――だ。『人間の多くが死ぬ大惨事』が起きて―――、地上が住めなくなり、地下で生きている、追いやられてしまった―――それでも戦争は続いていて、終わる見込みがない。改善のきざしがない―――などのこと、が」


起こったならば?

どうなる。


「隊長………それは」


「何をおっしゃるつもりですか」


「つまり―――………」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます