第六話 人里に降りた鬼たちは 一

「人間は兵器を所持している―――新型の弓矢なのかもしれない。もっとも、千年前に既に火薬で弾を飛ばす兵器を生み出していた人間だが」


布団の中でリョクチュウは念仏のように唱えていた。

考察、だそうだ。

バスタムとケイカンの話から考えているらしい。


「―――寝ろよ、明日もなんかあるんだぜ、ほら………」


俺はと言えば、思考が働かない、働かせたくない程度には眠かった。


「千年の間に文明が進化していることは把握していた、だがしかしこんな小さな島の民族、どこにでもいる一般的な住人が殺傷力を持つ兵器を、普段から所持しているとは―――これではみやこにどれほどの人間戦力が集結していることか、しかしここで問題となるのは」


うん、うん。

そうだね………それは明日の昼に考えよう。

お前は寝る気が起きないのか。

俺は主張すると眼が覚めてしまいそうなので、徹底して布団を眺めるのみだった。


「あの白い人間がかなり訓練された兵士だということはあり得る―――そうは思わないか?」


「ん………ああ―――」


いや、俺眠いし。


天稚彦あめわかひこという人物がいた。日本神話に出てくる、一人の神だ。彼は天がつかわした一匹のきじを弓矢で撃つのだが、やがて天から返り矢が降ってきて、命を落とす―――」


なんだか、いつの間にか話や引用が壮大になってきた。

神話か、伝説か。

堅苦しい古典を引っ張り出してこられてもね。

お前ほど学がないのさ、俺は。


「雉だって………?」


何かを連想しそうになったことは確かだが。


「は、寝る前なんだからもっとさらっと聞ける話を頼むぜ、生まれたての餓鬼でも―――わかるのを」


と言ったら、リョクチュウは歯噛みした。

そんなに怒るなよ、俺は眠いって言っているだけなんだから。

今日はあやうく死にかけたしな。

そして任務は続行なのである、ならばそれに備えて休むしかない―――。


「バスタムは―――どう思う」


俺ではらちが明かないと思ってくれたのか、リョクチュウが問いかける。

奴はもう寝ていた。

すやすやと。

あいつに関しては、こう、壮大ないびきをかいていそうなイメージを抱いていたのだが。

うるさいし。

寝顔だけは可愛らしいくらいだった。


リョクチュウは布団を抜けて、立ち上がって、俺たちから離れていったのが見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます