第七話 人里に降りた鬼たちは 二

「村に降りる」


翌日、人間界斥候調査せっこうちょうさ、三日目の朝だった。

キンセイ隊長は言った。

驚いた俺は発言を撤回しないのか、と期待したのだが。


「早いですね」


リョクチュウをはじめ、驚いた表情か、思案顔になる鬼たち。

物怖ものおじはしていない。


「予定は変更する。今日が最も適すると判断した」


「今日じゃないと駄目―――ということですか、それはまた何故」


「都合だ、天候による」


「天候―――?」


天気が昨日とは違うのだろうか―――すると雨でも降ったのかと考えた。

とにかく、全員で洞窟の入り口に出る。

洞窟を出てから、しばらくはよくわからなかった。


だが、木々が白い………白く見える。

白いものでうっすらと覆われ―――霞んで見える―――最初は小雨でも降っているのかとも思ったが、これは。


きり…………ですか」


「そうだ、昨晩からこうなっているとシャコツコウが報告した。好都合だ」


視界不良なのは人間も同じはず―――これに乗じて、村を調べる。

そういう作戦になった。


「………」


「この島はやや南北に長い形状をした、地形をした―――小島だ」


村は二つも三つもない、南側にあるだけだ。

この村だけを注意しておけば、人間に見つかる心配はない。

そういうことか。


霧の中、森を抜けて坂を下ってゆく鬼たち。

村は、高度に差がある。

半分坂のようなものだった―――そこに違和感はない。

島であるからには高低差があってもおかしくはないだろう。


物陰に身をひそめながら、散開した。

村を包囲していく―――昨日の件もあったため、全員が警戒を強くしながら進んだが。

物陰は多かった。

組まれた石垣のような塀がところどころにあり、戦国の世ならばさぞ攻めにくい城下町だろう。

気は抜けない。


石垣の一部で、何か黒いものが蠢いた気がした。

ぬるり―――と。

魔導砲ぶきの先端を向ける。


「なんだっ」


リョクチュウが俺に問うて、近付いてきた。


「何か動いた」


黒い縄状のものが、組まれた石の隙間を滑っていく。

霧の中、視界の外に行った。


「動物だろう………蛇ではないか?報告はするか?」


俺は少し考える。

気味の悪い生き物だが―――生き物………。

そう、これは、生き物。


「いや………人間ではないみたいだし、後で構わないだろう」


しばらく石垣を見つめていたが、大きさから推測するに、人間だということはあり得なかった。

寄りにもよって今現れるのか、と舌打ちをしたい気分だったが、人間の村に下りるという任務、それに勝る重要性はないと感じた。

気を取り直して、霧の中を進んでいく。



人間の棲み処というものは、木を組んだものに茅葺かやぶきの屋根がデフォルトだと思っていた。

しかし、ずいぶん変わったものだ。


千年前のものと比べれば、素材がまったく違う。

加工精度もだ。

最新式と呼べるのだろう。

それは認めるが。


家屋の壁の損傷がひどい。

透明な、水晶質の薄い壁があるのだが、その一部が砕け割れていて、落ち葉が吹き込んでいる。

埃をかぶっている床が見える。

ものが倒れていた。

倒れ、散乱していた。


俺は静かに、家屋に入る。

と言っても、意外と足音が大きくなる靴だと感じた。

やけに音が響く。

反響しているのか。


武器を持つ肩、指に力が籠もる。

石質の床が、散らかっているので少し踏み場に戸惑う。


足で踏むと、ぱりん、と音がして割れた。

水晶質の板はがしゃがしゃ、音が響きやすいとわかり、少し身をすくめる。

人間界でも、そうなのか。


見回す。

ところどころの、故障していて、しかも直された形跡がないところなどが多すぎた。

朽廃きゅうはいを極めている。


うっかり、塀を壊してしまい、下にあった金属板に接触、甲高い音が鳴って、ひやりとしたが、どれだけ待っても、人間が気付いてこちらを見る様子はなかった。

何の返事もなしのつぶてだった。

振り向いても、外には静寂の霧があるのみ。


「もぬけの殻だな、こりゃあ」


部屋に上がる。

土足で侵入した。

人間の英知の結晶であろう、あらゆる家具があったが、しかし心にはむなしさが降り積もっていった。


『―――コハクです、侵入した家屋は、何もいないと思われます―――』


『キンセイだ。了解した。バスタム―――聞こえるか』


『聞こえてまスよ』


『状況は』


『ちょっと待ってください―――今やってます』





バスタムは気が気でなかった。


人間と遭遇する覚悟ができていないわけではないが、もう少し後の日程になると思っていた。

村を遠目からでも、もっと観察して色々と把握して―――といったことをやって欲しい。

無計画すぎないか、キンセイ隊長は。

いくら天候がこうだからって。 


天井に張っている古い蜘蛛の巣が見える。

床を踏むと、ぎしり―――、と鳴った。


「撃ち殺してやる………武器を持っていたとしてもだ、俺の方が速い………!」


バスタムの脳裏に幻影が明滅めいめつした。

うっすらと血の色が透けた、白い肌のバケモノが日本刀を持って、物陰から出てくる。

突然。

自分の首の上にきらめく刃物。

振り下ろす。

自分の首を落とされる。

鬼の首を取ったように狂気の笑いを浮かべる―――人間という怪物。

幻影。


凶暴な人間という怪物は、非常に俺たちを殺したがる。

鬼を嫌う。

鬼を見たら見境なしに虐殺し、はらわたをブチ撒けるときく。

魔界ではその手の伝承が古くからある。


「はぁ………はぁ………」


そういえば隊長に返答しなければ、と思うと妙に焦ってしまう。

生来の落ち着きのなさは、異国の地、いや異世界の土地でも発揮する。


意を決して、部屋に飛び込んで床に転がる。

派手に、白い埃が舞う。

床には、埃が詰まっていた。


『たいちょ………隊長にゴホッゴッホ………ゴッホッホ、たちょ』


派手にせる。


『なんだ、攻撃か、人間の―――』


『ゴホッーーーいえ、い、いません』




++++++++++++++++++++++++++++++




「こちらは―――いなかったが」


キンセイ隊長は俺にも結果を、聞いてきた。

俺は首を振る。


「いえ、こちらにも」


結局夕暮れまでに、この島の集落、民家には人間はいないということが、確定した。

ゴーストタウンである。

他の家に入った隊員、鬼たちも、集まってきた。

周囲に気を配りながら、帰ってきた。


「………いいのかな」


「良かったねぇー、コハクさん」


シトリンがそうっと言った。


「あなたは昨日危ない目にあったばかりじゃない」


彼女に元気づけられているのは理解できたが――――うまく笑えなかった。

安全であることは、確かだが状況に言いようのない、気味の悪さを感じるのは自分だけだろうか。


やがて俺たちは、人間が住んでいたであろう民家のうちのひとつを見繕い、これだという広い部屋に集まった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます