第八話 人里に降りた鬼たちは 三



「住民はいない」


場所は、人間界の村の中、とある民家である。


本来ならば鬼が入るはずも居座るはずもない、人間の棲み処である家屋。

天井の空間を感じる、立派な民家で、テーブルの上に蝋燭ろうそくを灯す。

その灯りを囲み、鬼たちは全員が座っている。

コハク、キンセイ、ケイカン、リョクチュウ、バスタム、シトリン、シャコツコウ。

夜に火を灯すのは本来ならば人間の習慣であるはずだが、その人間が一人もいない村である―――と、きている。

そういう状況だ。


その一室は二階まで吹き抜けであり、鬼たちが全員で会議をしても、べつだん狭さなど感じない程度の大きさはあった。

欲を言えば七鬼分の椅子が欲しいところだったが。

仕方がないのでコハクはシトリン、ケイカンとならび三鬼掛けで座れる場所に落ち着く。

内部に羽毛うもうでもつまっているのだろうか、異様に柔らかい腰かけだ―――コハクが連想する羽毛は、当然ながら魔鳥類の羽である。

魔界にも似たようなものがないわけではないのだが。


良い住処すみかだ、と感じた。

多くの資産を持つ者の家か、家でなくとも別荘であった可能性も高いだろう。

魔界にもそういった趣向の者はいる。

皆、示し合わせたように景色のいい場所、樹海の香りがする山の奥か潮騒しおさいの小島かを選ぶ。


しかし何故、家人がいないのか―――村人がいないのか。

その疑問に、答えるには情報が不足している。

それでも鬼たちは考えるしかない。

鬼たちは考えるしかない。


「住民はいないんだ」


もう一度、キンセイ隊長は言った。


「人間が住んでいない。人間がいない島だ」


今日の日中、村を調べることで得ることができた結論、事実を告げる。


「ちっ」


舌打ちするバスタムは、珍しく不機嫌そうだった。

いや、珍しくなどない………ご機嫌そうなのも不機嫌そうなのも、わかりやすいのが奴だった。

言動が幼いのだ。

俺も、冷静ではない自分を感じていた。

自分が、人間界に来てから変わってきている気はするのだ。

ここは、この島は苦手だ。

何かが。

釈然としない。

世界が違うことに、苛ついているのだろうか。

俺もリョクチュウじゃないが、世界酔いを?


隊長は加工精度が高い机の上を、指の腹でなぞる。

指を上げる。

蝋燭の灯りの中、すくい取られた白いほこりが、くるくると舞う。

部屋中が、何とも言えないが、白い。

清潔な白さではない。

快適とは言い難かった。


「住民がいないと言われましても、文明の跡がありますが―――」


リョクチュウが周りを指差してなぞる。

その民家の壁をなぞる。

素材を検分している。

人間の住んでいた家を。


「紙………白い紙………いや、もっと分厚いのか、あるいは―――天然で産出している素材なのだろうか………」


リョクチュウは壁に向かってぶつぶつと話しかけている。

いや、こいつがぶつぶつと話していない時などない。

物体ともよく話す―――魔界での訓練時からそうであった。

もはや気にするのも莫迦莫迦ばかばかしい。


この世界については素人である俺だ。

だが、これらの空間が高度な文明であることはわかる。

千年の時が立ったのは魔界も同じことなので、魔導兵器類の装備に限らず、文明レベルは高い。

魔界の建造物もまた、進んだ固有の文明を持っているのだが。


「―――隊長、失礼を承知で、申し上げますが」


ケイカンが少し顔を上げる。


「本当に『人間界』なのでしょうか」


と、彼女は言った。

ともすればすべてをひっくり返しかねない台詞だった。

ここは、本当に人間界のとある島なのか、という質問。

前提を問う。

皆、眉をひそめた。

俺も驚く。


「我々が到着したこの島が―――人間界なのでしょうか」


「間違っているというのか―――我々を送る界門が」


隊長は表情の変化が少なかった―――静かに反論する。

こういった落ち着きは、上に立つ者である、という印象であった。

対してケイカンはそのまま、言葉を紡いでいく。

彼女は続けた。


「そもそも、人間界にたどり着けるというのが、なんと言いますか―――やはり………実際には、魔界のどこかに移動している、ということはないのですか?」


実は俺たちは、人間界などという未知の異世界に旅立ったのではなく、近場に移動しただけでは、という説だった。

ここまで聞けば俺はケイカンの意見に賛成し、賛同しそうになった。

そもそも界門というものが、千年ぶりに開かれたものであり、調整した連中が駄目だということはないにしろ、困難だろう。

困難を極める。

何かのミスが、手違いがあったということはあり得た。

魔界から魔界に行く方が、理屈は知らないが楽だとわかる。


「人間界に確実に行けるという保証は」


「境界性通路の中を通っただろう、あれが嘘に見えるかケイカン」


光の乱反射する空間。

その道を歩いた小隊。


「ルシフェル公の御意志だ、いい加減なことがあるはずがない」


「では、人間がいないのをどう説明―――?」


「そんなの簡単じゃん―――立ち去ったんでしょう?」


シトリンがり入る。

人っ子一人いないんだからそれ以外ないでしょう―――、と。

彼女は言う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます