第三話 鬼ヶ島は 三

補足するならば、その言語は初めて聞くものであり、魔界から訪れたばかりの鬼に理解できるはずもなかった。


『警告する!ここは我が国の領土である!すみやかに退去せよ!無断での上陸、立ち入りは―――』


鳥ではない、魔鳥の類でもないということはもはや完全に理解できた。

だが、『それ』がなんであるのかは理解できなかった。

結局のところ、何がいるのかわからないという予想は、当たっていた。


けたたましい鳴き声を―――――いや、けたたましい言語を上げる、『それ』。

言語の音量に気圧けおされた。

言葉の意味は分からない。

鬼族の言語ではない―――が。

意図せずして、その場から避難したくなってしまう。


奴の目が、赤色と黄色に、交互に点滅している。

これもいい気持ちがしない。

リンカイは目蓋をゆがめ、ひたいに、角のあたりにしわを作る。


「コハク………!」


リンカイは俺の名前を、小さく、落ち着いて―――呼ぶ。

どこかニヤけた面構えはまだ健在だが、奴もやる気らしい。


「ああ………!」


ヤバいことになったのはわかっているよ。

理解している。

まさか人間界の上陸二日目にして、重大な、何かに巻き込まれてしまったのか。

だが―――しかし。

ここからどう動けば…………?





重要な任務を任せられた軍鬼である以上、動揺を見せずに状況を検分する必要がある。

落ち着け。


この白い生き物がけたたましく警告する口調で話しているが、それは鳴き声ではなく言語。

つまり正体は動物ではなく、文化を持つもの。

人間に近い文化―――で、あるとみて間違いないはずだ―――

喋る言語の意味はわからないが。

途端に体調が悪くなってきた気がする。

なんだ、この感じは―――。

違和感は。


「コハクッ」


はたかれるように呼びかけられて、奴を見る。

視線は俺を見据え、胸元に取り付けられた機器に触れている。

それは最新式の魔道兵器―――などということはない。

むしろ旧式。

隊列で、部隊で、最低限必要な基本装備だった。


そうだ、最初に隊長に報告。

俺は通信用魔導具に指をかけて、隊員共通回路での通信を始める。


「こちらはコハクです、異常を検知しました」


「―――キンセイだ。なんだ、何があった」


「た、隊長―――…………ぅ、う」


「なんだ、何かがあった」


緊張で舌がもつれる―――というわけではなかった。

そこまで初心うぶではない。





『警告する!ここは我が国の領土である!すみやかに退去せよ!無断での上陸、立ち入りは―――』


また例の言語だ、意味は分からないが、人間界の言語。

俺たちの動揺を狙っているのだろうか。

イヤだ。

何が嫌かって、口調が嫌だ。

先程の言語と、一字一句同じだった。―――音量、音程までが完全に一致している、そんな印象を受けた。


それがひどく―――気持ち悪い。

気持ち悪いのだ。

しかも、なんだこの音質は。

通信を聞いているかのような―――それに、近いが。


畜生、クソッタレが。

動揺している。

し、しかし―――。

これは………どう説明すれば。


怖い、という感覚を持っている鬼は、この場にいないと考えている。

人間界。

こんな、故郷から遠く離れた任務を受けない。

感情を押し殺すことはできる。

鬼族の、未来のためならば―――。

だが―――。


今。

隊長になんと、説明すればいいのかわからない。

言葉が、言葉で―――どういえばいい。

それは白い、鳥のような何か、と言えばいいのか。

人間界で行う任務を控えた折に、急遽人間学についての知識は教え込まれたものだが―――水辺に降りて休む『白鳥』という生物に関しては、図説入りで見たことがある。

だが、人間界に訪れて初めて出会った動物が、どうやらこの鳴き声がすさまじい鳥………。

いや………?

動物ではない―――知識にないが。

動く、ものだ―――しかし。


『………に』


俺ではない。

聞こえた、自分以外の鬼の声。

ハッとして、リンカイの方を振り向く。







『―――人間と遭遇しました、隊長』


リンカイは、素早くそう言った。

俺は驚いて、口を開けかけたが、通信は、会話は止まらない。


『―――人間と遭遇だな、わかった。近くにいる隊員を向かわせる』


キンセイ隊長はそう返事をした。


『はい』


『―――いや待て、洞窟ねぐらまで付けられるな?そこだけは気をつけろ』


通信が終了する。


『ここは我が国の領土である、直ちに退去せよ―――』








++++++++++++++++++++++++++++++








「隊長、今の通信は何だったのですか―――?」


連絡を聞きそびれたケイカンが言う。

彼女は軍鬼服に身を包んでいるが紅い肌があでやかな女鬼だ。

今日は洞窟の内部が仕事場で、闇の中、奥まで調査に行って戻ってきた、というところだった。

外のことなど知る由もない。


「リンカイが現地の人間と遭遇したらしい」


一同は驚きに包まれる。


「おそらくコハクもだ」


「―――人間だって?隊長、早すぎます!」


リョクチュウが布団からはみ出すように、不格好に出てきた。

芋虫のような動作だ。


「早い段階から見つかると風土の調査に支障をきたすため、調査の二日目である今は集落、村に近付かないと―――」


言いながら眼晶装を、片手でせわしなく探す―――寝ていた時は外すらしい。


「それでも遭遇したということだろう」


「東の砂浜と、北の険しい岩盤地帯だったな、今日は―――」


キンセイは顎に指を当て、考え込む。


「上陸して二日目に俺たちの気配を嗅ぎ付けるたぁ、ずいぶんな働きもんだねぇ、現代の人間は」


軽口を口にする、バスタム。


「―――バスタム!」


呼ばれた紫色の顔色の鬼は―――もともとそんな色をしているが、興奮でさらに肌の色が濃く見える。


「はい!」


「お前はケイカンと一緒に砂浜へ迎え。正確な場所は追って通信する、通信具を手放すなよ」


ケイカンとバスタムは、装備を手に、素早く外に向かって走っていく。








++++++++++++++++++++++++++++++






「おい、人間ってなんだよ、ふざけんな」


俺はリンカイに尋ねていた。

どういうつもりで隊長にあんな連絡をしたのか。


「いいから!」


「いいからじゃねえ、何を嘘ついてんだ」


隊長への報告だぞ。

あの青い肌の、キンセイ隊長。

若くして抜擢された、俺たちとそう変わらないように見える鬼なので、実力に疑い、訝しみ―――のようなものを出す奴はいるかもしれないが。


「人間の言語を発している………文化を持つ生物だ」


単なる動物ではない、という意見で俺とリンカイの心境は一致していた。

しかし、一致していたのはその点だけだったようだ。


「人間である―――の、だろう」


リンカイは呟きながら再び、それに向き直る。

両手を、ゆっくり横に広げる。

手の甲の辺りに、紫陽花色のような液が、擦りついていた。

気になったが、さっきのがけで擦りむいたという、血だろう。

魔力が少ない、この人間界であるためか、青色が濃くなって見える。


両手に武器を持っていないということをアピールし、話かける。

もちろん魔界の言語だ。


「あぁ―――俺、ワタシたちは人間界を魔界から調査しに来たものだ。君達に危害を―――加えるつもりはなく、


『直ちに退去せよ―――』


だ、そうだ。

変わらない、一字一句、変わらない、言語。

なんだか、むしろ馬鹿らしく感じた。

文化を持つものと推測したが、さっぱりわからない。


鳥に似ている、と遠目には感じた、白い体表面のそれ。

赤い光で発光している目。

それは甲高い鳴き声を、発している、それ。


『直ちに退去せよ―――この領土から立ち去り―――』


言葉いみが解るか……………?」


「俺は人間の言葉を習ってきたつもりだったがね」


あの講義は本当に意味が解らなかったが、我慢して座っていた。


「ああ、大昔の情報だ、勉強の甲斐がないぜ―――」


リンカイは体をやや半身に傾ける。

そして、手を下げる。

じゃり、ぱき、ぱき。

足元の砂浜が鳴る。


「だが、まったくわからないわけじゃあない――――こんにちは、はじめまして、じゃあないってことは、わかるぜ」


それは、まあ---。


「―――同感だな」






『―――退去の意思はないものと判断し、これより攻撃を開始する』






『それ』は片腕を上げた。

正確で精巧な円形の目が、黄色と赤の点滅から、赤に変わった。

俺は白い鳥の持つ腕―――らしき『なにか』がこちらに向けられていることで、状況が変わったことを察して、一歩後ずさる。

―――と、同時に『武装』を取り出す。

任務に支障が出る可能性がある場合、少数の人間を排除することは上からも認められている。


リンカイは既に発砲を開始していた。

まだ攻撃されていないのに気が早い―――とは、思わなかった。

先手を取る。


一般的な軍鬼が支給される、小口径の魔道砲だ。

高濃度魔石の力で弾丸を打ち出して攻撃する。

二発、三発、連発するたびに魔石使用の独特の衝突光が、漏れる。


―――ミヴッ


………音なのだろうか、妙な音が響いた。

『それ』の腕が―――黄緑色に光った。

ように見えたが。


俺は砲を撃ちながら、砂浜を小走りにかける。

攻撃は、白い鳥の足元に何発か着弾した。

腕や足を、吹き飛ばす算段だったが―――走りながらなので、否、走ることを優先しているので、確認はできなかった。


考えなしではない。

岩場地帯から降りてきた俺たちだ。

地形なら、ちゃんと見ていた。


砂浜に混じり、俺たち鬼族をちょうど隠せそうな寸法サイズの、黒い岩が突き出ていた。


「―――シッ!」


俺は砂を巻き上げ、尻を砂で擦らせ、そこに滑り込む。


よし。


遮蔽物は確保した。

日陰が自分に被さっていない。

もう少し時間を稼げるか………。


ぎっちゃ、ぎっちゃ、ガシッ。


音が聞こえた。

奴が動いているようだ。

顔を半分だけ、遮蔽物から出して先程の場所を見る。

砂煙の中、見えた風景では、リンカイと白い鳥が、向き合っていた。


………オイ、リンカイ。

まだ交渉を試みるつもりか?

流石に向かい合っていたら危ないぜ。

と、言いそうになったところで、隊長から通信だ。

心の臓がびくりと跳ね上がる。


『コハク、リンカイ―――今二人がそちらに向かった。バスタムとケイカンだ。そちらの正確な場所は砂浜か、岩盤地帯か伝えろ』


遮蔽物の中にいるので、ここはリンカイではなく俺が言うべきだろう、通信具に触れる。


『砂浜です。森から出れば、すぐに―――見晴らしがいいので見えるでしょう―――今』


リンカイが見えた。

さっきの場所に、伏せている。

隠れているつもりなのだろうか?

砂を、手でひっかいている。

非常に緩慢な動作だ―――。


『………リンカイ?』


俺は奴の意図がわからず、様子を見ることにする。

流石に巫山戯ふざけているということはないだろうが、なんだ………?


リンカイは肘も手もしっかりと地面につけて、動いていたが、頭は上げていない。

ふと、奴が動いているのではなく、震えているだけだということに気付いた。

それも自己の考えで、震えているわけではなかった。

ある瞬間、奴が転がるように体を上げる。

リンカイの腹か、腰のあたりから、紫陽花色の体液が染み出ていた。


俺は奴の名前を叫んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます