第十二話 人里に降りた鬼たちは 七

それからも、魔界から遠征した、やってきた選ばれし鬼たちの調査は続いた。


島の調査は続いたが、この島に関しては特に収穫がないようだった。

村の家屋はよく見なくとも古い蜘蛛の巣が天井脇に張ってある。

やはり相当古いようだ。

放置されてから三年、あるいは十年か、判然としない。

しかし、千年の時をそのまま、ということはあり得なかった。

ここは廃墟ではあっても遺跡というほどではなく。

人間が身を潜めている可能性はあったので、精神的には、そう楽な作業ではなかった。



この頃には全員が、新しい発見を期待しなくなっていた。

諦めか、安堵か。

または困惑か。

しかしそのたびに隊長が叱責する。

ここは敵地である―――と。


町を降りてさらに西に行くと港がある。

港と言っても、島の港だ―――小型の舟が二つあるというだけのものだった。

棄てられた、廃墟だった。

これもまた、ひどく腐食したような舟であり、埃をかぶっていた。



「しかし、舟で海を渡れる可能性はある」


「漕いでいけば、隣の島まではいけると思います―――きりさえなければ、よく見えますし」


自然の景観は。

日本の美しい自然そのものに見えた。

海に囲まれた国。

小さな―――ただ単に島が近くにあり、北側の岬からは、向こう岸が近く見えた。

この島よりも大きいかもしれない。

ここは地形的には、あまり海という感じはしない。

島々の中に海が存在する、そう表現してもよい、群島地形であった。


「行ってしまいますか?別の島に」


「任務とあればな。今はこの島だけだ」



島を一周した。

やや南北に長い地形の、普通の島だ―――という結論に至った。

最初に界門を設置したねぐらの大洞窟は、やけに立派なものだったが、それがかろうじて存在する、島の特徴だった。

森はあったが、浅い。

木々が痩せている。

潮風でバサバサとうるさいのだが、その所為で葉が落ちたのだろうか。


村へ降りるときに石垣のようなものが多い。

魔界で太古に繁栄していた遺跡を思わせる地形だった。

気になってはいたのだ。

それが、人の手で整えられた地形だということはわかっていた。


「ご先祖サマが作ったということはないの?」


シトリンは言う。

言われてみれば、人間ではなく鬼が作ったという可能性は、確かにあった。

何でもかんでも人間に関係する、と考えていた自分に気付く。

頭が固くなっていたかもしれない。

だが、そういった考えはすべて徒労に終わったようだった。


答えがわかったのだ。

潮風をよけようとして腰かけているときに、しばらくして気づいた。

避難してしばらくして気づいた。

なんのことはない―――、風避け。

海からの絶え間ない風を防ぐためのものだろう―――と。

そういう目的のものなのだろう。


家来けらいだけ出てきて、『桃太郎』は出ずじまい、か――――」


リョクチュウがぽつりと言った。

あの『雉』 の出現を警戒しながらの作業だったため、調査であったため、歩くスピードは、自然、遅くなった。

孤立しての行動も、極力、禁止だった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます