第三十一話 第二十四小隊 三

魔界、別地区。

アグラ区のはずれ、森林地帯。

新しい部隊の実践投入試験が行われていた。


チキチキチキ………!


魔界の森林、いや樹海地帯である。

魔族もうかつには近寄らない秘境に、甲殻のこすれる音が鳴り響く。


暴動を生み出した元凶、

魔界の悪。

有害魔獣ルミリオは、森の中を歩いていた。


苔を張り付けたような、深緑色の体表。

尻尾を引きずっている………もとは沼地を好み、陸上にまでは餌を探すときのみ上がる。

両腕のはさみは、鬼の頭よりも大きく、その力も強力である。


三匹、四匹、後に続く。

軍鬼のような訓練された隊列などではない、野生の群集である。



魔導砲が鳴り響く。

ルミリオの甲殻は、命中し、弾丸に削られる。

削られたのは表面だけであり、弾丸はひしゃげて飛び散り、回り跳ねた。

地面に転がっていく薬莢だけが増える。

動作は緩慢ではあるが、歩みを止めないルミリオ。


「なんて硬さだ!」


三匹、四匹に迫られ、魔導砲を持った鬼たちはじわじわと下がる。

毒素を防ぐ顔装マスクをつけている。

後退する。

後退するしかない。


その鬼たちの間から、素早く駆けだした鬼がいた。

新型の軍鬼服を身にまとっている。

強固を誇る怪物、ルミリオ。

難敵に向かって、特攻していく。


走りながら、振りかぶった―――かたな

ルミリオの甲殻に振り下ろす。



一閃。

斬撃の際、光が飛び散る。


切り取られたルミリオの鋏。

それは鈍器のように、地面に転がっていく。

片腕を失ったことで、鳴き声を、悲鳴を上げるルミリオ。

興奮のままに、叫び、体液をまき散らす。


続いて走ってきた鬼がさらに刀で一閃。

ルミリオは地面に転がって動きを止める。


「魔導砲を持たない部隊なんて―――最初はだれも信用しなかったのにな」


単なる刀ではなかった。

高濃度魔石を刀身に使用した軍刀。

斬撃時に反応光が煌き―――。


「切れ味を増大させる新兵器―――か」


「ルミリオはこうやって退治すればいいのさ―――弾丸が効かないなら、切り落とすまで」


「前時代的だぜ」


「だが………有効だ」


目の中に感嘆の色を浮かべながら、後方支援の彼らは新しい部隊の背を見つめる。


第二十四小隊。

対ルミリオのために組織された

有害魔獣撲滅部隊。


魔界を救うべく組織された彼らは、森の奥へ進む。

鬼も恐れおののく怪物のるつぼへ、歩いてゆく―――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます