第二十七話 大いなる英知 四

バスタムが床にへたり込んでいた。

口を開けたまま、止まっている―――身体の動きが、止まっている。

視線は、ゆっくりと隊長に向けた。


隊長、と、か細い声で言う。


「………バスタム」


隊長は、静かに答える。


「人間と接触し、今の状況、人間界全体のことまでわかるとは―――ここまで、把握できれば、私たちの任務は十分全うできただろう」


「任務を………」


「任務は、完了した―――」



大いなる英知の部屋。

部屋の、天井を見上げる。

思い起こす。


島に上陸した時からの、人の気配のなさ。

棄てられた舟。

白い絡繰。

廃墟と化した村。

砂浜の、鳥の骨。

凍った洞穴。

雪。

黒い絡繰。

人間の作った絡繰りの残骸に、降り積もった黒い灰。

廃棄された大都市。


思い起こす。


「人間が生み出した大いなる英知とやら―――感謝するぞ」


『質問にお答えするのが、私の使命です』


「とうとう、人間との接触か、しかし―――」


シャコツコウは呟く。


「人間………なんだ、これは、俺たちはもっと―――そう」


リョクチュウは呟く………言いたくもないように。


「科学の力で、人間同士での争いも起こっているなんて。白い絡繰はそれの名残だったのか」


リンカイを撃った。

鬼を、攻めるために作られた兵器。

そう思って疑わなかった。

人間は俺たちを狙っている。

そんな、壮大な―――、疑心暗鬼。

我々は、戦うつもりで、争いを覚悟し、そしてそれでも勇気を奮って進軍してきた。

だが―――。


「そして人間同士の争いも起きているのか。何をやっている。鬼を倒せばいいのだ。刀を振りかざして襲い掛かってこればよかったのだ、それが、人間だと―――そんな、千年前のままで、鬼の現れた島に乗り込んで我々と争えばよかったのだ。それでも―――それでよかったのではないか」


「いえ」


ケイカンだった。


「人間は、人間はもっと―――そう、幸せであってほしかった」


「………これから、界門に向かおう」


そうして、魔界と連絡を取る。

ここを出よう。

キンセイ隊長はそう言った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます