第三十四話 犬 一

人間界。

森の中の、高くなった丘の地形。

大都市を見渡せる場所がある。

長い棒のような建物が、いくつも連なる都市。


ずうん―――ずうん―――。

人間界の文明の跡地、廃墟と化した大都市には、地響きが鳴り響いていた。

魔界の調査斥候部隊の一味。

鬼たちは。

彼らは、遠くから観察する。


地響きの正体は、足音であった。


「アレは、なんだ………?」


コハクは呟く。


「『犬』、かな」


「『犬』だよ―――」


バスタムとシトリンが言う。


鬼たちが『犬』と形容した、銀色の絡繰が、町を歩いていた。

大都市の間、かつては舗装されていた路上を、歩く。

鋼鉄の前足を地面に降ろすと、古い半重力車が、一瞬浮き上がる。

建物の陰から、後ろ脚を下ろすのが見えた。

白い煙が舞う。

その爪は一本一本が丸太のような大きさだった。


彼らは、遠くから観察する。

近付いて観察など、できるはずもない―――見上げるような大きさだ。


「首が一本しかない―――犬だな」


「ああ、犬だ―――ちょっと、思ってたのよりはデカいけど」


小隊の皆は、目が死んでいる。

どことなく。


「道路が揺れてるぜ、お散歩してるだけでよォ」


『人間が生み出した大いなる英知』はこれについては教えてくれなかった。

聞けば教えてくれただろうか―――いや、動物についてならまだしも、軍事的に重要なことについては、口が重いらしい。


「いい『番犬』だな―――うちにも一匹欲しいぜ」


「町中を守れる」


「ご先祖サマも、見ればびっくりだろうな」


その四足歩行の銀色の絡繰。

大都市を守るため―――なのだろう。

実際、あんなものがうろついていたらたまったものではない。



人間界の地下に行く前にずうん―――ずうんという地響きを聞いたが、逃げることに徹してよかった。

大都市の探索中になり出した、地響き。

地響きの正体はあれだったということに、今更ながら気づく。




「お前んち、犬飼ってたっけ?」


「ああ、田舎いなかで飼っているよ、ケルベロスの雑種」


「へえ、エサ代とか、ヤバくね?」


「いや、そうでもない。首が三つで、胃袋はひとぉつ―――」


「ああ、そうなのか―――」


「可愛いんだぜ………べろべろ舐めてきてよぉ」


だがこのご時世だ、そう言ったものを逃がした、手放した家も多い。


「それでさーうん、うちの子がかわいいのよ」


「うん………うん?なんだっけ、赤ちゃんいるの」


「ケルべロスの」


何でもない会話だった。


「さて―――」


さてどうするか。


「もう一度、あの、地下の部屋で―――『大いなる英知』に会うか」


「まだ聞きたいことはあるはずだ」


一同は考え込む。



「魔界と連絡をうまく取れない以上、他のことを整理しよう」


もう一度、地下に向かうことに決めた。


「………で、『犬』とはどうする?戦う?」


魔導砲の柄を握り、少し揺らして示す。

リョクチュウは難しい顔をした。

なんの役に立つのだ、という目で。


「………人間の家に上げてもらうのだ、番犬とじゃれつきに行くのが目的ではない」


「だろうね、俺も勘弁だ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます