第三十五話 犬 二

「もう一度、地下に行くんですか?」


バスタムが訊ねた。

まだ表情に覇気がない、とても鬼の端くれには見えない。

が、それでも先程よりも立ち直ったようである。


「界門がずっと不安定ならばな」


隊長キンセイは、ずっと界門から離れず、操作している。

不安定の原因の究明にもあたっている。

界門は単なるポンコツになっているだけだ、もともと信頼性は薄い―――とバスタムはいった。

なんだか反論しづらかった。



「もう少し人間界でやることもあるだろう―――」


「町に降りることはいいけれど、気をつけないとな。あの『犬』は、いまだに、地下の人間を守るためにああやって動いている」


「あれは―――もちろん避けるさ」


大都市を巡回する、大絡繰り―――、人間の科学が生み出した、犬。

人間が住む地下から離れて、付き従っている。

地上を守っている―――。

誰から、敵から。

いつか言った、家来のように。

人間たちの最後の砦を守るための、巨大な番犬

敵国と戦うための、おそらく最後だろうか―――番犬


魔界の番犬、ケルベロスがかわいく見える。


「人間界は恐ろしいことは、確かだったがな」


人間は、魔界や魔術、精霊と言った、、我々の文明と離れた。

魔術と縁を切った。

縁を切って久しい―――・

魔界の文明力ではない、科学を独自に進化させて、千年がたった。


「ウチの母ちゃんがよぉ、俺が軍鬼に入る時、は喜んだものだったけれどな―――立派になった、と。でも人間界に行くことになったときは、いくんじゃない、死ぬに決まっているといわれた」


「まあ―――今となっては」


わからなくもない。

島の滞在と日本本土の行軍、町の地下に訪れて知った真実。

人間界など来なければよかった。

そう思うコハク。


「いいや、そんなことはない、」


リョクチュウは、いまだに納得のいかないようだった。

島に来る当初、境界性通路内で、非常に興味深いといっていたのは奴だった。

非常に興味深い人間界がこんなことになり、ここから得られるものがないとわかった今、その心は。  


「まだなにか―――何かあるはずだ」


地面を向き、ぶつぶつと呟く。






「さしあたって―――大いなる英知に、この後何を訊ねるか」


「犬か………」


「国を守るために、稼働している―――いまだに」


「生き物とどう違うんだよ、同じじゃねえか、なわばりを見回るなんて」


「………」


丘の上から眺める、絡繰。

絡繰りは巡回している。

大都市を。

高い、四角い箱の建物の合間を

それの正式名称がなになのか、俺たちは知らない。


「あいつは、いつからああやってた―――?白い、鳥………『雉』についてもそうだが」


犬の『表面』ボディを遠目から観察する。

お世辞にも毛並みが良いとは言えない、犬だった。

銀色だ、と表現したがそこに光沢は多くなかった。

煤けている。

清潔ではない白いものにおおわれ、足の付け根の辺りには、ちぎれた部品もあった。

敵軍は、過去に戦ったのだろうか。

攻められたのだろうか―――最初は犬に恐怖を感じたものの。

冷静に見れば、傷と腐食は多かった。



駆動音は軋みが混じっていた。

無駄に歩行音が大きく響くのは、その影響もあるのか。

地下で見た、老人と、その座る椅子を連想―――した。

いや、これはかなり違う種類だろうか。

時代遅れの兵器。

時代に取り残されたものだ、と感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます