第二十二話 猿~森林地帯~ 六

キンセイ隊長に報告を終えた後に、その夜を越した。

森で休むという案は見送った。

流石に危険である。

岩場が、朝日を受けて薄く輝き始めた頃、皆起き出した。


欠伸あくびをする。

眠気ねむけまなこで少し歩き、そのせいで俺はひび割れた地面に、足を引っかけてしまう。

危うく転倒しそうになり---


「おっと---」


ばん、と岩に手をついて。

転倒を防ぐ。

岩の表面から、灰が少し舞う。


「何やってんだ、行くぞ」


俺はバスタムから呼びかけられても、しばし、ぼうっとしていた。

何か---何かが判然とせず。


俺は岩を見る。

黒く、灰色く、残骸のようにがたがただった。


「おおい、コハク」


「あ、ああ---」


俺は歩いていく。灰色の、俺たちの背丈ほどのサイズの岩が並んだ岩場地帯を、今日も行く。










ケイカンは隣にいたシトリンに近付いた。


「シトリン、気になってたことがあるんだけれど---」


「え?」


「あの時---島にいたとき、何故持ち場を離れたの」


「えっと---」


「洞窟を見つけたとき」


「ああ、あれね!」


妙に楽しそうである。

任務に違反したといってもいい事案なのだが。


「潮の満ち引きがあるの、知ってた?」


言われて見れば―――いや、気づかなかった。

小規模の、氷点下の洞穴どうけつは。

海辺の、海水が半分入り込んだ地形だった。

海水の上昇具合によっては全く見えなくなるだろう。


「海のあの辺り、あの時間帯じゃないと無理だったの。探しやすいのは夜の間」


「だからって」


「いいじゃん、人間いないし」


もはや絶句する。

あっけらかんと、彼女は笑顔だった。

かける言葉は見つからず―――ただ、この任務が終わったら軍鬼をやめてほしい。

いずれ近い未来、これとは違う何かをやらかして処分を受けるだろう。



「遠くに町が見える」


眼下に、都市が見えてきた。

魔界の中心部とは建物の形状が違うようだが。

そのまま進めば、町に降りることができるだろう。

朝の霞がうっすらと白く覆っているが、以前に見た無人の島の村よりも、はるかに大規模だった。


「人間は千人、住めるかな」


バスタムが言う。


「もっといると思うけどね」


シトリンだ。


コハクは真下を見ていた。

地面を見ていた。

地面は、ボロボロに劣化している。

いたんでいる。

そして―――。







後ろから殴打する音が聞こえたので、振り向く。

バスタムは驚愕に目を見開いた。

コハクが岩を殴りつけ始めた。

灰色の岩を。

片手で、いや両手を使い始め、ばん、ばん、ばんと音を響かせて。


「はぁ………?」


コハク、一体、何を―――?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます