第十九話 猿~森林地帯~ 三

「―――頭上ずじょうか、くそ」


バスタムが歯を食いしばりながらそれだけを言った。

太陽の光は逆光というほどではないが、前が見えない。

正確には上が見えない―――舞い散る木の葉が邪魔でわからない。

舞い散り続ける木の葉が敵を隠す。

敵の正体が。

一面の緑、パラパラと、木の葉が舞い落ちる視界。

くそったれ、見えやしねえ。


ぱっし、ぱっし。

葉を指ではじくような音が頭上から聞こえる。

森というものは、なかなかどうして、小さな音を響かせる。


「―――射撃許可、だ、全員………」


キンセイ隊長が、敵の音に耳を澄ましながら呟く。

射撃許可。

無論、そのつもりである―――枝の合間を注視するのも一苦労だが。

頭上から時折落ちて来る木の粉のせいだろうか、目が痒い。

だが目を離すわけにもいかない。


ざぁ―――、としずかな風が吹いた。


樹上のどこからか、聞こえてくる音。

何かが。

何かが―――高速回転する音が聞こえてくる。

おそらくは硬度が高く。

金属質な。

何かが。

しかしそれが何なのか、魔導砲を構えている俺たち全員、答えることはできない。


俺は足音を立てず―――音がしないように体勢を変えて、目標が見える角度を探そうとする。

ゆっくり。

結局、あれから雪は吹雪にはならなかったが、木の葉か。

木の葉の雨が来るとは。

この場の誰が想像できよう。

落ちるその枚数が徐々に少なくなり、一応の落ち着きが見られた。


そして、別のものが落ちてくる。


「うっ―――」


ぽろり、と落ちてきたのは、単なるごみのように見えた。


木の枝だった。

単なる、木の枝だった。


俺は、その木の枝が落ちた場所の、すぐ近くにいた。

だから、視界に入ったのだ。


その木の枝が落ちてくる時。

その枝の切断面が、直線的、かつ滑らかで。

力任せに折られたものではないことを。

綺麗に切られて。

それこそ、美しささえ感じるものだったことを。


魔導砲が火を噴いた。

内部魔石の反応光が漏れ煌く。

最初に撃ったのはキンセイ隊長だった。


「いた!見えた!黒い―――黒いものが!」


辺りに射撃音が響きわたる。

二、三歩足を動かしたキンセイ隊長を見ている間に、俺は一瞬、目標から目を離していた。

バスタムも視界に入る―――奴もキンセイを見ていた。


目標は、葉の陰から飛び降りたようだ。

敵の正体―――いや、性質は直ぐに一つ、理解した。

敵は赤い光を湛えている。

正確に加工された円形の瞳。

直ぐに絡繰を連想したのは、俺だけではなかっただろう。

赤い光が落ちてきて、主張強い残像を印象づけた。


敵は高速で、斜めに落ちた―――いや、そこからさらに曲がる。

異様な方向転換。


「―――えっ」


目標から伸びたひものようなもの―――が、木の幹に吸い付き、黒い生き物が移動する。


「な―――っ!」


「シトリン、シトリン、今のは」


「ちぃッ―――!」


撃つ。

しかしそれは周囲の森、木に当たるのみ。


黒い目標は再び、しなる紐のようなものを別の木に伸ばす。

赤く光る眼を残像としながら、その身体を振り回すように移動した。

木の幹に吸い付いた紐が―――何故吸い付いたのかはまるでわからないが、それを起点として移動する。

振り子のようだ。

振りかざされる斧のようだ。

伸びたものは紐か?

触手―――のようなものか。


魔導砲を連射するリョクチュウと、ケイカンの近くをかすめて、そこで止まらず―――。


鈍い衝突音がした。


「えっ」


「あぁっ―――!」


再び俺たちから離れていく―――『敵』は勢いが付きすぎている。


「通り過ぎた?」


がさり、と樹上の葉の陰に飛び込み―――隠れた、見えなくなる目標。

魔導砲はそちらに向ける。


「走るぞ!」


キンセイに言われて、それまで自分が立ちどまっていたことに、立ちすくんでいたことに気付く。

息をつく。

呼吸が荒くなった。


「ケイカン!」


リョクチュウが叫んでいる。


「大丈夫!」


言っている彼女が背中を丸めて、片方の腕を抑えている。

紫陽花あじさい色の血が肩のあたりに染みにじんでいた。

その場にうずくまりはしない、すぐに歩き出す。

俺は目を見開く。


「大丈夫―――だから!」


ケイカンは叫ぶ。

胃の中の息をすべて出したあとのように声を出す。


刃物はもの!―――やいばがある!ヤツには!切られて!」


腕を押さえたまま、ちからいっぱい叫ぶケイカン。

状況を伝える。

俺は頭上を見上げ、目標を探す―――。

刃………刃だって?

畜生―――、人間め!


砲声が鳴り響く。

木の枝を、幹を削っていく。


再び、がさがさと、木の葉が落ちだした。

落ち始めた。

落ち葉の量が増える。

目標は移動している―――赤い光が、一度、二度、ちらついた。

樹上、その緑の海を泳ぐ魚のように。

波にもいそにも着かず、宙ぶらりんに、落ち着きなく、せわしなく動いている。


魔導砲を上に向けて、反撃の機会を待つ。

砲身を動かして、追う。

大丈夫、位置を完全には追えないが、樹上からなら、距離がある。

ある程度距離があれば、出てきたときに狙えばいい―――。

と、自分に言い聞かせているとき、それは遮られ、中断させられた。


「走れ―――!コハク、お前もだ早く!」


うっ。

と迷いはしたものの、言われて弾けるように足を動かす。

全員が、雪崩を打って駆けだした。

ここで突っ立っているのは危険である。

奴の動きは早く、しかもこの葉で視界が悪い―――動かなければ。

確かに動かなければやられるだけだ―――。

森を出なければならない。

俺も引き金を引くか、攻撃するかと迷っていたが、やむを得ない。

ばたばたと、斜面を下る。


汚れた焼け野原のような斜面を駆け降りる。

途中、幾度か転びそうになる。

森を突っ切る。

森を横切る。


―――ぱっし、ぱっし。

―――ざざざざざざざざ。

―――がさがさがさ。


後方から音が聞こえてくる。

音が迫ってくる。

俺は訓練の頃よりもさらに阿呆あほのように手足を振り、全力で走る。

前方にはキンセイ隊長やケイカンやウレックがいる。


「おい!おいリョクチュウ!」


背後では砲声に混じった怒鳴り声がする―――攻撃がすんなり当たるとは思えないが、攻撃している。


「おいリョクチュウッ、『これ』がッ、くそ、これが!人間か!」


「想定とは違うが―――、伏せろ!」


背後で風切り音が聞こえるが、バスタムとリョクチュウの安否を、見る余裕がない。


それでも皆走っている、森の奥の光を目指す。

あの光が天国のように輝いて見える。

安らかな光だ。


土がやけにぬめっているように感じられる。

どうせなら芝生を用意しろ、人間界よ。

くそう、もっと早く走れなかったのか、俺は―――心臓が痛いが、まだ遅い、遅いんだよ。

訓練の比ではないほどに疲労する。


視界の端から赤い光が迫る。


黒いものを見た。

体表面にはうるしを塗ったような光沢がある。

正確には、黒と、緑―――木の葉の色の縞々に近い模様だった。

迷彩が目的であろう。

触手で木の幹に支えを作り、勢いよく俺に降ってきた。

目は赤い色。

赤い色ではなく、発光していた。

足には銀色の、小刀ともいえる程度の刃が見えた。

足なのか、腕なのかはわからないが。

刃の磨かれたような表面が、木々の色を映して茶色く見えた。


黒い鉄鎚かなづちのように飛び込んできた、目標。

俺は魔導砲を盾にして、衝突を防御する。

剣と剣が衝突したような音が、辺りに響く。


「………!」


ぶつかった衝撃で、足が少し浮いてしまう。

―――着地。

腕がしびれた。

やつの胴体部に、虫の羽音の元凶があった。

心臓部。

それが振動―――いや、駆動し。

ぶぅ―――ん、と。

乱雑にガタガタと震えて、振動音のようなものを漏らしていた。


「コハク!」


「いい、走って!」


赤い光の残像をたなびかせ、樹上に飛び込むのが見えた。

触手を持っているので、魚というよりもたこに近い動きだ。

頭上を、樹上を蠢く蛸。

また木々の中に見えなくなった。


弾けるような音は、木の葉を吹き飛ばす音だ。


―――ざざざざざざざざ。

―――がさがさがさ。


背後から音がする。

『泳いで』いやがる、ヤツが。

死神の鎌を持って。

樹上を近付いて来る。


「くわばら、くわばら―――だぜ!もう!」


俺はとうとう、地獄のような森を出て、淡い光の中に飛び込んだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます