第二十四話 大いなる英知 一

黒い眼晶装をかけた容姿の女性がいう。


「復旧の作業は進んでいるの?」


場所は魔界の人間界調査斥候部隊、その指令室。

隊長キンセイをはじめとした鬼の部隊と情報を伝達し合う、司令塔である。


「正確な情報はわかりません」


八本の手足で情報操作器を操作している彼は、土蜘蛛族の情報交換手である。

彼は続ける。


「今ある情報は」


「法族からの連絡です。境界性通路の不安定化は一時的なものである、時期に収まると」


「そう―――あっちがそう言ってくるなら信じるしかないわね」


今回の人間界遠征で急遽きゅうきょ設立した世界観移動のかなめ、界門。

その管理の全権をになう法族は、謎が多い。

そもそも界門自体が、禁忌のようなものである。


「千年もの間、扱えなかったものを扱う―――か」


「鬼族の部隊は勇気がありますね」


任務であるからにはやらなければならない。


「誰かがやらなければならないことよ―――私たちの魔界のために」


女性は報告書を眺める。

大型界門の接続は危険である、荷物輸送の第三級以下の界門ならば問題はない、いずれ復旧する。

そう書かれてある。


「ルバーヴさん」


土蜘蛛族の情報交換手が、彼女の名を呼ぶ。


「その―――法族でしたっけ、法族という方々は、界門をうまく扱えるのですか?」


「そもそも、管理はずっとやっていたらしいのよ」


「そうなのですか?」


「いえ―――そうねえ」


指を口元に当て、言葉を選ぶルバーヴ。


「管理というよりも、そもそも千年前に、界門を使うことを禁じたのが、法族―――という話よ」


「禁じたのが法族?」


「もちろん何十代も前のご先祖サマよ。一部の一族で禁止を続けてきた。法族は大規模な組織だけれど、その中でも、人間界についての法を管理する者。法を取り締まるのが彼ら」


「―――鬼たちの部隊は、帰ってこれるのでしょうか」


この調子が長引けば、帰路に影響が出る。

不安はあった。


「やるしかないのよ、これも誰かがやらなければならないことね」




++++++++++++++++++++++++++++++




キンセイをはじめとする隊の一行は町へ到着した。


そこも、外観を、外面を見る分には、ぼろぼろの廃墟であった。

島での調査任務よりも、はるかに巨大であったが。


亀裂が入っているが、塔のように高い建物。

空に向かって無数に伸びている。

傾斜している物もあった。



「中に入って大丈夫か」


「では森の中に入ったほうが?」


「―――いや、それはもういいだろう」


「黒い絡繰がまた来るぞ」


森であの黒い絡繰りに襲われるのがよいか、あるいは大都市で人間に襲われる可能性か。

二者択一である。


「丸一日、歩いて離れた………前に進もう」


「そうだな………行こう」



建物の質が、島にあったものとは違う。

一つ一つの大きさが、規模が違った。

見上げれば建物の映り方が違う。

様々な塔が伸びているので、空が狭い。


塔。

白い塔の、大群。

それは極めて正確に切り出された石材―――と言った印象であった。


「火事で燃えそうにはねぇな」


すべてが新しく見るものであり、やっとバスタムが言ったのが、それだった。


「ああ。まさしく異世界だ。技術がどうとか―――いうレベルではない………これは末恐ろしいな」


末恐ろしい。

隊の全員がそう感じた。

全容が見渡せないほどに、高層の建物が密集している。


「だが―――」


隊列は進んでいく。

まごうことなき大都市である、ここは。

大都市であった―――のだろう。

魔界の大規模な都、失楽園も莱贅院らいぜいいんにも引けを取らないだろう。

もっとも、華やかな金殿玉楼きんでんぎょくろうではない、簡素な造りであるが。


だがしかし、ここからも。

ここからも、人間はいなくなった。

文明の抜け殻を置き去りにして。

しかし抜け殻であっても、元が整っていたのだろう、整い過ぎていたのだろう、美しくもある。

圧倒的な静けさの中、死後の世界のようにも見えた。


「ここも………」


「ここも駄目か」


リョクチュウが言ったのを皮切りに、皆、呟く。


「引っ越したのか、鬼恋しくなって」


「人恋しくなって―――ね、もっと人間の多いところに移住したんでしょう?」


島にいたときと同じ台詞である―――流石にもう皮肉だとわかる。

状況が変わっている。

こんな大都市にも、人はいない―――魔界の住人である俺たちから見ても、これは異様だ。すべて探索し終えるまでに、見つかることを願う。


人がいない。人っ子一人いない―――。

人と、そして生き物も。


「まるで巨大な―――白い骨が並んでいるみたい」


「なんだ、ケイカン」


「いえ、なんでも………つい」


「お前は一番まともに見えて、しかし妙なことを言う癖があるな、お前は」


ケイカンは、なんとなく視線を下げる。

道にもゴミが多い、およそ手入れが定期的になされているとは感じない―――。

皆、一様に押し黙って歩くが、キンセイ隊長だけは、そういえば―――と思い出した。

建造物ではないが、白い骨のこと。


『これは―――鳥の骨よ』『海鳥の―――ということか』


魔界との交信での、彼女とのやり取り。

関係はないだろうが、連想してしまった。



「住んでいるわけがないですよ、アタシだったら、住みません―――」


「島とは違う、大規模であることは間違いない」


「隊長、もう報告書にはそれを書きましょう、それでいいじゃないですかぁ」


「落ち着けシトリン」


周囲に注意しながら進むのも、ばかばかしくなってきた頃だ。


「手分けして探そう」


隊長は言った。



++++++++++++++++++++++++++++++



俺はウレックと二人で、新しく入ってきた白い鬼と二人で、人間界の文明の跡を進んでいく。

二人で。

静かな灰色の世界を。

死体のように灰色の建物を。

進んでいく。

迷宮のような建物の、階段を上がっていく。

階段は細い道だったので俺が前、奴が後ろとなり、一段一段と埃が舞い、割れた水晶質の壁から指す光で白くなる。


「―――なあウレックよ、お前はどう思うんだ、人間は、何がしたいのだと思う」


新入りというべき鬼だったが、俺は内心、助けを乞うような気持だった。

状況に言いようのない不快感を覚え―――それでも進まなければならず、すぐに魔界へ帰れるような状況でもない。


「………どう思う、というのは?」


初対面のころから無機質な声のウレックだったが、俺は構わず訊ねる。

まず人間は攻めてきたこと―――リンカイが被害にあっているから戦闘の意志はあるってことだ。

しかしあの島や、大都市に人間はいなくて、当初の予定になかった絡繰としか戦闘をすることが出来ていない。

文明の廃墟には訪れているが、肝心の人間―――奴らの足どりが、まるでつかめないという、この状況の異様さ。

シトリンは女々しく恐怖を感じていたが、俺は俺で、人間界にいるのはいい気持ちがしない。


「―――まったく本当に、人間界で調査してんのかって感じだよな………!」


「島は探索していない」


「………ああ、ウレックは、お前はそうだろう確かに」


「状況が異質―――だが、これも調査だ」


放置された場所でも、それでもこの広さならば報告物には事欠かないだろう、ということだった。

確かに報告できるものは、この大都市には山ほど捨てられているだろうが………。


なんだっていうんだ?

人間はいったい、何がしたい―――魔界の千倍は不気味だぞ、人間界。

何もしたくないのか?


俺とウレックは階段をあがり、とある一室にたどり着く。

広い部屋だった。

物が散乱していたが、台の上に、目を引くものがあった。

手に取って持ち上げる。

埃を払った。

それは薄っぺらな、ちいさな―――俺の掌よりも少し大きい、絵であった。


「――――それは?」


ウレックが近づいてくる。

俺の手にした精巧な造りの絵は、水晶質がひび割れているものの、確かに『人物』を写していた。

小さな子供と、その父親か、母親かだった。


「人間の―――」


ここで俺たちは初めて、人間を見た。

人間という者の風貌を、千年ぶりに。

実物ではないが。

絡繰とではなく、人間との出会いだった。

ごくりと、生唾を飲み込む。

のどぼとけが鳴った。


つのがない―――」


「これは、隊長に報告できる内容であるな。人間の姿かたちをついに確認できる―――」








「―――マスクをつけずに、どうして歩いてるの?」



その言葉の意味はわからなかった。

音声の意味はわからなかった。


ただ―――呼びかけられた。

ただただ―――透き通った声だった。

部屋の入り口から聞こえた。

振り返る。


そこには白い衣服を身に着けた、小さな鬼がいた―――ように見えた。

いや、鬼ではない。

なにか、わからなかった。

白い布で覆われている子供。

顔どころか頭まで、白い布で覆っていて目のところに水晶質の窓が開いている。

目が見えたが、遠いのではっきりとしなかった。


俺たちは、一瞬何が起きたのかわからなかった。

ん?

子供?

ここは魔界のどこかなのか、と思った。

故郷で子供たちに呼びかけられた時のような、何でもなさがあった。

体の向きから察するに、ウレックに向けて話しかけたようだった。


小さな、白い衣服の子供は、俺たちが振り返ると、少し顔を上げる。

表情はわからない。

少しの間をおいて、踵を返し、素早く走って出ていった。


「………!」


俺とウレックは顔を見合わせて、走り出す。

彼を追いかける。


ずうん―――と、地響きが、鳴り響いた。

地響き、そう地響き。

建物の外からだ―――揺れて、足を預けていた階段から落ちそうになる。


「なんだっ!」


疑問に返答するはずもなく、建物が揺れる。

もう一度。

―――ずうん。


パラパラと、天井から細かい塵が落ちた。


「いくぞ」


ウレックが階段を駆け下りる―――子供を見失わないように。


「―――角がないように、見えた」


言って、駆け下り続ける。

―――ああ、俺もそう見えたよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます