第四十二話 未来桃太郎 二

ルミリオの毒気が霧のように広がっている。

もう慣れたものだ―――マスクは正常に機能している。

毒素を清浄にしている。


「四分隊はこの辺りの敵をあらかた倒したらしいな」


腹に穴の開いた、ルミリオの残骸が、死体が転がっている。

ルミリオの腕の爪、その切れ端が見えた。


無線通信具を作動させる。


「オイ、三分隊だ。四分隊へ、応答しろ、位置を知りたい」


数秒の間、返答はなし。


「ちぃ―――夢中か、と倒すのに?」


そうあわてるな、と隣を歩く隊員が言う。

悪態をつきつつ、進む。


またルミリオの死体だ。

その背には大きな穴が開いている。


仕事熱心なことだ―――と感心しつつ、新型魔石刀を構えなおす。

道が入り組んでいる―――木の陰に注意しながら進む。

樹海の中は視界が悪く、木も蛇のように曲がりくねった変形樹が多い。


気は抜いていない。

―――しかし、そこで異変を目にする。


前方で倒れているものがいた。

それはルミリオではなく、同じ魔軍服を身に着けた、仲間の鬼、であった。


「どうした!くそ―――やられたのか、奴らに」


恐れていたことは、あった。

味方の負傷、鬼の負傷。

ルミリオに対抗する武器はあっても、それでも防具の強度に関しては完全ではない。

あり得ること---だ、これは安全な戦いなどではないのだ。


「ルミリオの脅威は数だ………一度に襲い掛かられたら対処できない。刀の威力を過信するな………」


紫陽花あじさい色の血を流している隊員に、声をかける。


「うう………ち、ちが」


「血が出てる!待て、応急を」


「違う―――」


まわりに応援を要請しようとしたところで、木に背を預けて倒れている隊員を見る。

彼も、腹に大きな穴が開いて血が流れている。

やられたのは一鬼でないのか―――益々、こうしてはいられない


「違う―――」


もう一度、隊員が言った。


ふと、考える。

待てよ―――腹に大きな穴が?

穴が、円形が。

あれは―――あれ?

ルミリオの鋏では、挟み切られる―――のだ。

魔石刀で切ったのなら、切れた断片になるはず。

少し変な使い方だな、穴が開くとはどういうことだ。

どういう………?

あの刀で突き刺したの、だろうか………?


立ち上がって、前方を見る。


鬼の目にも涙、という言葉があるが、彼は最後まで、涙を流すことはなかった。

瞳には、赤い光が映った。


赤い光の目を持つ、鳥のようなもの―――を、見た。



―――ミヴッ。




黄緑色の閃光。

それが―――光ったように思えた。


彼は数秒後、腹のあたりのを手で押さえながら、よろめく。

血潮がぱちゃぱちゃと音を立て、地に落ちる。

彼はゆっくりとそこに倒れた。


数瞬ののち、彼の身体の隣を、通り過ぎたものがいた。




ぎっちゃ、ぎっちゃ。

ぎっちゃ、ぎっちゃ。

ぎっちゃ、ぎっちゃ。


音を立てて、それは、森の中に消えていく。

ルミリオとは違う、それ。

バランスを崩しつつ前へ前へと足を繰り出していく―――そんな動作だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます