第四十一話 未来桃太郎 一

人間界、地下区画。

『大いなる英知』の部屋―――。


鬼たちが立ち去った、老人たちだけの部屋。


「『鬼の皆さまは、みんな、いなくなりましたね』


「鬼というのは―――ああいう人たちだったのだね、知らなかったよ」


溜息をつく、盲目の老婆。

人ではないがな、と爺は言う。


「あの子は、ちゃんとやれるかね」


「貴方の教育を受けているから大丈夫だよ」


少年が生まれたのは、ここよりもさらに深い階層である。

人類が地下に潜ってから生まれた。

『地上滅亡』の次の世代の子供である。

それでも周りの人間と生活し、大いなる英知に教育を受けた。


「貴重な経験ができた―――魔界のたみか」


おじいさんは呟く。


「できるなら、『こんなこと』になる前の――――もっと違うときに」


お婆さんも、悲しむ。

心が痛い。


「しかし、婆さんや、もうどうにもならん―――儂らが二人で決めたことじゃあない」


「………」


「儂ら二人だけの意思じゃあ―――変わりはせん」


何も特別なことではない。

少年が旅だったあと、残された二人は、静かに事態を見守る。

そうするしかない。


「なあ、爺さんや」


「鬼は」


鋭く、静かに言った。


「鬼は―――武器を持っとった。儂を撃とうと」


「それは………爺さん、しかしそれは」


「あの紫色の鬼に―――撃たれるべき、だったのかもしれん」


老婆は沈黙が増えていく。


「どちらにせよ―――こちらも命がけじゃ」


この国は疲弊していた。

しかし、『やらなければならないこと』があった。

それは、敵地から数人の敵兵が来ようが、そしてそれが鬼であろうが、これから行われる作戦には全く関係のないことであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます