鬼鳴り

作者 風祭繍

21

  • 残酷描写有り
  • 暴力描写有り
  • 性描写有り

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全42話

更新

  1. Epigraph
  2. プロローグ I CAN WALK!!
  3. Verse 1. The Voices for RE; Vendetta
  4. 第1話 そこに私が居た
  5. 第2話 スロベニアがどこにあるかなんて誰も知らないのよ
  6. 第3話 地上の法と秩序には、みんな無関心だ
  7. 第4話 いい振動がガティワッツにビンビン来る
  8. 第5話 旧ユーゴスラビアの分割が平和的な手段で達成できると信じていた
  9. 第6話 音のスルーシュにかぶる鮮烈な映像
  10. 第7話 ブエノス・アイレスがブラジルの首都だと思っている外国人も多かった
  11. 第8話 ミリセントに逮捕されるような事は何も
  12. 第9話 彼らには王族だけの井戸があり、魔法使いの毒薬は撒かれてなかったから
  13. 第10話 我がガリバーには様々な回路がつながれた
  14. 第11話 実は、人と一緒にいることを必要としていた
  15. 第12話 精神病患者がちゃんとした順番で音を弾いたことなんてある?
  16. 第13話 今、美しい調べとなって私を動かす
  17. 第14話 英雄や狂人を、長年興味の対象としてきた
  18. 第15話 まばたき封じのリドロック
  19. 第16話 まず、自分が何であるのかということです
  20. 第17話 それでも楽園のヴィジョンが消えないんだ
  21. 第18話 エル・サルバドルもその一つだった
  22. 第19話 心から同情するが、君が初めてというわけではない
  23. 第20話 考えることと言ったら、ぶっ裂くことだけで
  24. 第21話 楽園のヴィジョンを描きたいんだ
  25. 第22話 順調に回復しているようね
  26. 第23話 澄み切った湖のごとく、夏深き青空のごとく明快です
  27. 第24話 本の中のいわゆる真実は物語作家の作り出したものだった
  28. 第25話 完璧に治った、なんてことをいったい誰が保証してくれるんだ?
  29. 第26話 ある程度の勇気と、ある程度の無理解がなければならないのだ
  30. Verse 2. Strike Back to the Economic Empire
  31. 第27話 俺の他にも潜入をこころみた奴がいる
  32. 第28話 脱出ポッドが一つ発射されましたが…
  33. 第29話 雇った方で用心しなきゃならねえ用心棒もあらぁ
  34. 第30話 あの偶然が無ければ、俺たちは出会っていなかった
  35. 第31話 その馬鹿げた魔法で取り返すことが出来たのかね?
  36. 第32話 博打打の仲直りくらい物騒なものはねえぞ
  37. 第33話 お前は犯罪者として語り継がれる
  38. 第34話 絶対に逃がしてはならんぞ
  39. 第35話 奴らはただ喧嘩に勝ちてえんだ
  40. 第36話 例えば、勇気や理想に裏付けされた強い意志が必要だ
  41. 第37話 私を殺すことはできんぞ
  42. 第38話 人をあんまり安く使うと、返って高くつくぜ?
  43. 第39話 実際に戦って、血を流しているんだぞ
  44. 第40話 そのトラウマが生きているとすると…