アラサー寸前幼女小説家と予測不可能な天才美少年編集者

作者 ゆづ あんみつ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全45話

更新

  1. 第1話 『件名:おめでとうございます』
  2. 第2話 「とても、きれいな色ですね」
  3. 第3話 「……どんな人体構造してるんですか?」
  4. 第4話 「膝とは足の関節部分を指しますので、これは太腿枕ですね」
  5. 第5話 「はい、こうするんです」
  6. 第6話 「……どうやって、家の中に入ったんですか?」
  7. 第7話 「あの子も、変なのに捕まっちゃったわねー」
  8. 第8話 (包帯だけ、回収すればよかった)
  9. 第9話 「へ、完結してますよ?」
  10. 第10話 「ご褒美かひどいのかどっちかに統一しなさいよ、喪女ヒキニートが」
  11. 第11話 「ぴゅぎゃあああああ!!」
  12. 第12話 「ユノちゃん生き別れなの? 属性過多?」
  13. 第13話 「センパイ、おたくんとこの先生中身お花畑ですか」
  14. 第14話 「仕事をお持ち帰り!! いいなー、わたしもしてみたい!」
  15. 第15話 「魔法、かけてくれるんでしょう?」
  16. 第16話 「魔法をかける準備、してもいいですか?」
  17. 第17話 「り、リアル目つぶしですか……!?」
  18. 第18話 『ありがとう、ぼくのまほうつかいさん!』
  19. 第19話 「ぼくは着れませんし、焼却処分で」
  20. 第20話 「やあああ!! 彩花さんのばか!」
  21. 第21話 「なんでそこで俺。先生なんですか」
  22. 第22話 「えへへー、不二子ちゃんスタイル!!」
  23. 第23話 「約束……素敵なサイン、考えておくって言いました」
  24. 第24話 「……にお、後ろみてみなさい。もっとどきどきするから」
  25. 第25話 「うるさい、引っ込んでろユト」
  26. 第26話 「戦場が……去った……」
  27. 第27話 「Daughter,why do not you dating and I?」
  28. 第28話 「通報してもよろしいでしょうか?」
  29. 第29話 「嫉妬、しましたよね?」
  30. 第30話 「……知ってますよ」
  31. 第31話 「……うん、えへへ。お姉さん的に満点を上げましょう!!」
  32. 第32話 「あの文字Tシャツとかですか?」
  33. 第33話 「すいません、パーティーっていつでしたっけ?」
  34. 第34話 「あ、全然怒ってないんで大丈夫です」
  35. 第35話 「隠れメイド」
  36. 第36話 「……あれはお出かけじゃなくて、デートです」
  37. 第37話 「第29回カクヨムWeb小説コンテスト、俺。先生・鳩目にお先生W受賞記念パーティー」
  38. 第38話 「編集長、例のお話ですが。受けることにしました」
  39. 第39話 「わたしを『普通』だと思ってる彩花さんを、信じる……?」
  40. 第40話 「本当は気づきたくないだけなんじゃないの?」
  41. 第41話 (ああ、泣いてるんだ)
  42. 第42話 「先生、もう喋ってもいいですよ」
  43. 第43話 「……っていうことで、わたしの恋は終わりました!」
  44. 第44話 (彩花さん、わたし輝き続けられてますよ。だから、見失わないでくださいね)
  45. 第45話「言ったでしょう?」