スウィング・ロウ

作者 潮見若真

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全44話

更新

  1. プロローグ
  2. もう、その能力のせいで困ることはないよ
  3. 第1章 やさしく揺れよ、愛しのほろ馬車
  4. 1.「サイの犯罪」は、止めないとならないからな
  5. 2.常人の能力で行われた犯罪には見えなくて
  6. 3.そこへ行けるといいんだけど
  7. 4.十二月の冷たい風が吹き付けて
  8. 5.それは、きみ自身の才能に対する冒涜だ
  9. 6.この現象は、科学的に証明されている
  10. 7.だがそれは、禁忌なのだ
  11. 8.他人の気持ちが直接あたしの頭に浮かぶのよ
  12. 第2章 誰も知らない私の悩み
  13. 1.ずっと変わらないもの
  14. 2.きみの力になれると、彼は言った
  15. 3.能力を使って、人助けができるんだ
  16. 4.迎えにやってきて、故郷へと運んでおくれ
  17. 5.どこかにそれはあり、俺たちはまだそれを見つけられずにいる
  18. 第3章 かつて迷い、道を見失っていた私は
  19. 1.泥濘にじわじわと引き込まれていくような
  20. 2.犯罪をなくすことが優先です
  21. 3.カッコいいなんて思われなくたって、俺は構わないね
  22. 4.それはきみが、サイだからだ
  23. 5.あんまり嬉しいと、駄目なんだ
  24. 6.あいつの言葉は暴力じゃないのか
  25. 7.単なる人間観察だよ
  26. 第4章 あの約束の地に、私は行きたい
  27. 1.これは俺たちの信念の問題ですから
  28. 2.持って生まれた特別な能力なんだ
  29. 3.そんな危ない仕事だと分かっていたら
  30. 4.楠見は俺とハルのパトロンか?
  31. 5.先生も隅に置けないですな
  32. 6.サイの業界にも、秩序や治安ってものがあってね
  33. 7.神剣の選んだ能力者が、まだ子供だってだけだ
  34. 8.この能力は、暴かれてはならない
  35. 第5章 聖者の行進がやってくるとき
  36. 1.泣くほど心配したんだぞ
  37. 2.あなたもサイなんでしょう
  38. 3.というわけで、助けにきました
  39. 4.手を伸ばせば、もっといいロープが掴めるのに
  40. 5.このままじゃ、どこにも行けないんだから
  41. 6.サイ犯罪者がどうなるか、教えてくれたかい?
  42. 7.俺たちはスーパーマンを発見したいわけじゃない
  43. 8.あなたを「本当の場所」に連れて行ってくれる、魔法の馬車
  44. 9.超心理学にだけそれが認められない
  45. 10.研究者を陥れるってことがこれだけ簡単に
  46. 11.その場所へと彼らは行くのだろう
  47. 終章 迎えにやってきて、連れていって
  48. 1.きみのお手柄だよ
  49. 2.決して目に映らない。知らない者には知覚できない
  50. 3.その時まで、元気で
  51. エピローグ
  52. その場所へと、連れて行くから