ユーロン・ユーサネイジア

作者 伏見七尾

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全42話

更新

  1. 序.閉眼
  2. 一.
  3. 一.幽龍城砦の魔人
  4. 一.一瞥で万象を殺す者
  5. 二.幽龍に至る
  6. 三.魔窟の晩鐘
  7. 四.首
  8. 五.龍の都の罪の王
  9. 六.生きている都で
  10. 二.眠る龍の魔窟にて
  11. 一.魔窟の朝
  12. 二.廃庭園の主
  13. 三.忌避すべき白の傀儡
  14. 四.魔人の問い
  15. 五.龍体穿孔
  16. 六.肉と骨と癌細胞
  17. 七.沈黙
  18. 八.夕暮れに奏でる
  19. 九.龍の眼の血族
  20. 三.赤い夜の不協和音
  21. 一.ひとごろし
  22. 二.黒廟娘々
  23. 三.魔都に壊人鬼の影
  24. 四.変転
  25. 五.哭き羅盤
  26. 六.穢らわしき子の群れ
  27. 七.きざし
  28. 八.五一四
  29. 九.殺人鬼
  30. 十.おばあちゃんが言ったから
  31. 十一.冷血財閥
  32. 十二.赤月の下に蠢く不穏
  33. 四.お前は安楽死を求めるか
  34. 一.『おかえりなさい』
  35. 二.躊躇い、戸惑い、ずれていく
  36. 三.選べ、天眼の子
  37. 四.選べ、魔人
  38. 五.龍の眼の子
  39. 六.人でなしの血族
  40. 七.森羅万象停止せよ
  41. 八.「むかえにきたよ」
  42. 九.真なる仙と彼は言う
  43. 十.『幽龍』
  44. 十一.龍の胎内
  45. 十二.天の双眸邪仙を許さず
  46. 十三.導きの星
  47. 十四.少女が見た景色