バケモノ×ケンゲキ

作者 伏見七尾

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全76話

更新

  1. 序.雪路に消ゆ
  2. その一
  3. 壱.雪と鬼
  4. その一.鬼切り、来る
  5. その二.紅梅社中
  6. 弐.瘴気漂う大東京
  7. その一.吹雪と時久、合わない二人
  8. その二.クグツとの鍛錬
  9. その三.化物デパートに来た
  10. その四.牛頭を狩り、馬頭を斬る
  11. その五.無双の男
  12. その六.霖哉との再会
  13. その七.分かち合う二人
  14. 参.犬神欠点
  15. その一.湯煙天国に不吉な予兆
  16. その二.獣の声を聞いたか
  17. その三.遠吠えに怯える
  18. その四.兄はカフェにいる?
  19. その五.抑圧の石炭袋
  20. その六.鼠の巣を駆ける獣
  21. その七.ジェヴォーダンの末裔
  22. その八.鬼切り、離脱する
  23. その九.サチと林檎
  24. その十.打開策
  25. その十一.夕子と綾廣の力
  26. その十二.舞い散る符に母を思う
  27. その十三.時久、忠告する
  28. その十四.獣に何を言う
  29. その十五.鬼切り、真を示す
  30. その十六.涅槃寂静
  31. その十七.豹変
  32. その十八.時久の発破、猛る吹雪
  33. その十九.語り合う
  34. その二十.私が友達でも大丈夫?
  35. その二十一.同じ空を見上げる
  36. 肆.サンダーボルト
  37. その一.自由自在十真
  38. その二.アヴァンチュリエの女主人
  39. その三.どうして、私は喜べないの?
  40. その四.鬼切りの重み
  41. その五.鬼切り、酒呑童子の末裔と
  42. その六.林檎のため息
  43. その七.時久を見舞う吹雪
  44. その八.首を洗って待っていろ
  45. その九.香我美伯爵邸にて
  46. その十.鬼灯の瞳と風神お燎
  47. その十一.猿面女性疑惑
  48. その十二.考えてはならないことを考える
  49. その十三.鬼灯通りの吹雪と時久
  50. その十四.庚申の夜に待つ由来
  51. その十五.一色伯爵家三男の情熱
  52. その十六.掃除人
  53. その十七.彼女はそれを忌まず、恐れず
  54. その十八.庚申の夜の始まり
  55. その十九.其れは天帝の使者
  56. その二十.怪盗が誘う
  57. その二十一.既視感と嫌悪感
  58. その二十二.我式太刀
  59. その二十三.どうしておまえがここにいる
  60. その二十四.庚申の夜の終わり
  61. 伍.鬼哭啾々大東京
  62. その一.燻る
  63. その二.スカーフとハンカチの違い
  64. その三.惑う吹雪、苛立つ時久、立ち去る霖哉
  65. その四.雷神様のお通りだ
  66. その五.愚兄と愚妹
  67. その六.てめェはずッと止まッてる
  68. その七.百年跋扈
  69. その八.鬼切りと大盗賊
  70. その九.吹雪、攫われる
  71. その十.彼の望みは押し殺され
  72. その十一.林檎はたどる
  73. その十二.己を呪うように懺悔する
  74. その十三.贄の支度は整った
  75. その十四.動脈と右腕
  76. その十五.熱き血潮の冷えぬ間に
  77. その十六.蛇のにおいのする街
  78. その十七.鬼灯の如き瞳を持つ者
  79. その十八.蛇の巣での再会
  80. その十九.鬼を斬れ
  81. その二十.風神お燎
  82. その二十一.雪一片ほどの儚き身なれど