レディウム

作者 つとむュー

フォロー 1話目から読む

せつなく静かなラジウムの恋物語 つとむュー

 レディウ人――それは放射性元素ラジウムで形作られた、突然現れて突然消える存在。
 現れる時は自分に関する記憶を持たず、消える時は今までの記憶を失う。それは、変化する時に失われる、『四』という数字に秘密があった。
 ホクトは、そんなレディウ人としてミモリの森で誕生する。そして学園に通い、新たな友達と交友を深めていく。
 ある日突然、友人が不調を訴える。それは、二度と元に戻れない変化の前兆だった。ラジウムが持つ運命に翻弄されながら、ホクトは『四』という数字に秘められた真実と、彼を優しくつつんでいた深い愛を知るのであった。

目次

完結済 全44話

更新

  1. レディウム
  2. プロローグ
  3. 青白く光る女性
  4. 一日目(土曜日)
  5. 誕生
  6. 出発
  7. アパート
  8. 新芽
  9. 二日目(日曜日)
  10. 女の子
  11. 有効期限
  12. パフェ
  13. 双葉
  14. 三日目(月曜日)
  15. 学園
  16. 出会い
  17. クレープ
  18. 四日目(火曜日)
  19. ラジウム
  20. 性別
  21. 五日目(水曜日)
  22. 半減期
  23. 六日目(木曜日)
  24. 看病
  25. 七日目(金曜日)
  26. トリウム
  27. 開花
  28. 八日目(土曜日)
  29. 九日目(日曜日)
  30. 頭痛
  31. 十日目(月曜日)
  32. トリティの里
  33. 天使のレディウ人
  34. 十一日目(火曜日)
  35. 初恋
  36. 遺産
  37. キス
  38. 十二日目(水曜日)
  39. 寄書
  40. 異変
  41. 提案
  42. 約束
  43. 十三日目(木曜日)
  44. 手術
  45. 十四日目(金曜日)
  46. 匂い
  47. ナース
  48. 十五日目(土曜日)
  49. ぬくもり
  50. 十六日目(日曜日)
  51. 心配
  52. 十七日目(月曜日)
  53. 車椅子
  54. 奇跡
  55. 彼女が遺してくれたもの
  56. 帰る場所
  57. エピローグ
  58. 二年後
  59. 告白
  60. 光の玉
  61. ミモリの花

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

レディウム

@tsutomyu
執筆状況
完結済
エピソード
44話
種類
オリジナル小説
ジャンル
SF
タグ
ラジウム 擬人化 純愛 記憶 半減期 放射性元素 科学 児童文学
総文字数
159,106文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
9人
応援コメント
0件
小説フォロー数
16

アクセス数