六日目(木曜日)

看病

 朝起きると、空はすっかり晴れていた。昨日の嵐が嘘のようだ。

 シリカはまだ寝ている。昨日の注射が効いているのだろうか。

 僕は一人で朝食をすませると、また布団にくるまった。

 今日の学園はお休みしよう……。

 自分も疲れていたし、シリカの調子も心配だ。今日は一日、シリカの看病に専念することにした。


 お昼になって、やっとシリカが目を覚ました。

「きゅる、きゅる、きゅるる……」

 まだ調子が悪いようだ。熱もあるみたいで、ちょっと体が熱い。

 僕はシリカに、薬を混ぜたミルクを飲ませる。

 シリカは僕の顔を見て安心したようだ。ミルクを飲んでしばらくすると、また眠りに落ちた。


 僕はシリカの背中をなでながら横になる。

『トリティは私達レディウ人の祖先なの』

 頭の中では、昨日のネフィーの言葉がぐるぐると回っていた。

 五日前、僕はミモリの森で誕生した。

 誕生する前、僕は何だったんだろう?

 ネフィーの言葉を信じるならば、誕生する前の僕は、ミモリの森に住むトリティだったということになる。

 そしてシリカは、僕がレディウ人になったその場所に居た。

 それが指し示すものは――

「僕とシリカは、トリティの仲間だったのか……?」

 僕は男。そしてシリカは……、ネフィーの分析によると女性らしい。

 もしかすると僕とシリカは、トリティの恋人同士だったのだろうか?

 隣で眠るシリカを見る。

 全身が白い毛で覆われているシリカ。最初に会った時、口元の小さな黒い斑点がなんだか見覚えがあるような気がした。

 でも……、誕生する前は一緒に住んでいたかと言われると、全く覚えていない……。

 僕の記憶は一体どこに行ったのだろう?

 ――コンコン。

 そんな僕の思考を中断したのは、玄関のノックの音だった。

「こんにちは。シリカちゃんは元気?」

 ネフィーの声だ。

 その声を聞いて、僕は胸の鼓動が高まるのを感じていた。

 ――ごめん、シリカ。昔、僕達は恋人同士だったかもしれないけど、今の僕はネフィーのことが大切なんだ。

 寝ているシリカに謝罪しながら、僕は玄関に急いだ。


「おはよう。元気? ホクト」

 えっ……、アンフィ?

 玄関のドアの外にいたのはネフィーではなくアンフィだった。

 声だけでは全くわからなかった。さすがは双子。

「なによ、そのガッカリした顔は。姉の方で悪かったわね」

 ぷいっと悪態をつきながら不意に笑い出すアンフィ。すると、玄関のドアの裏からそろりとネフィーが顔を出した。

「ごめんね、ホクト君。お姉ちゃんに命令されて仕方なく……」

 じゃあ、さっきの声はやっぱりネフィー?

「め、命令って、ネフィー、何を言うのよっ。あんただって乗り気だったくせに」

 ぐにゃりと曲がったアンフィの口が面白かったので、僕は思わず笑ってしまう。

「あはははは。二人とも昨日はありがとう。シリカはだいぶ良くなったよ」

「そっか、良かったぁ」

「うんうん、良かった、良かった」

 手を取り合って喜ぶアンフィとネフィー。本当に二人が僕の友達でよかった。

「そうそう、今朝ね、ライトと一緒にミモリの森に行ってみたの。新芽は無事だったわ。バケツも外しておいたから、今頃は陽をたっぷり浴びてさらに成長してるよ、きっと」

「ありがとうアンフィ。本当にありがとう……」

 わざわざ朝にミモリの森に行ってくれたアンフィ。新芽のことは気になっていたので、その情報はとても有難い。嬉しくて涙が出てきそうだ。

「ほらほらこんなところで泣いてないで、ネフィーと二人で水やりに行って来たら? シリカは私が看ているからさ」

 そう言って、アンフィが靴を脱ぎ始める。

「ええっ? いいよ、そんな。アンフィに悪いよ」

 僕がオドオドしていると、ネフィーが遠慮しちゃダメよという顔をする。

「いいのよ、ホクト君。ここはお姉ちゃんに甘えて私達でミモリの森に行きましょ? さっき騙そうと言い出したのはお姉ちゃんなんだから」

「ちょ、ちょっとネフィー……」

 約束違反よと言いたそうなアンフィをよそに、ネフィーは僕に手を差し出す。

 僕はアンフィの厚意に甘えて、ネフィーとミモリの森へ出発した。



「きゅるるる、きゅるるる」

 ミモリの森に差し掛かると、遠くでトリティの鳴き声が聞こえる。

 その鳴き声を聞いたとたん、僕はネフィーの言葉を再び思い出した。

 ――トリティはレディウ人の祖先。

 僕も昔はあのトリティのように、森の中を駆け回っていたのかな……。

 もしかすると、あの木々の中に僕が寝泊りしていた住処があるのかもしれない。

 ミモリの森を見る目が、すっかり変わってしまった瞬間だった。

「ホクト君、ほら、今日も夕陽が綺麗よ」

 ネフィーに言われて、僕ははっと辺りを見渡す。いつの間にか僕達はミモリの森を抜けていた。

「どうしたの、ホクト君。さっきからずっとぼんやりして」

 自分がトリティだった時の事を想像していたなんて、恥ずかしくて言えそうもない。

「いや、あの、その……」

 困って言葉を濁すと、ネフィーが僕の顔をのぞき込んできた。

「ははーん、シリカちゃんが気になるんでしょ。大丈夫よ、お姉ちゃんがちゃんと看てくれてるから」

「あ、ああ、そうだね……」

 本当は違うんだけど、そういうことにしておこう。

「ほら、シリカちゃんの分まで水をあげなくちゃ」

 僕達は小川まで水を汲みに行った。


 新芽のところに着くと、大きくなったつぼみはしっかりと上を向いていた。アンフィの言う通り無事だったようだ。この様子だと、明日には花が咲くかもしれない。

「きれいな花が咲くといいね、ホクト君」

 ネフィーが水やりをしながら声を掛けてくる。

「そうだね、シリカが命がけで守ったつぼみだからね」

 僕も新芽に水をかける。するとネフィーが小声で呟いた。

「私、負けないから……」

「えっ?」

 負けないって……?

「ううん、なんでもない」

 今日のネフィーはなんだかちょっと変だ。

「花が咲いたらシリカにも見せてあげたいな」

「そうね……」

 それからネフィーはじっとつぼみを見つめていた。


 アパートに戻るとシリカは起きていた。

「きゅるるる……」

 アンフィにミルクを飲ませてもらって嬉しそうだ。熱もほとんど引いているという。

「シリカちゃんはもう大丈夫よ。あと一日くらい安静が必要だけど」

「ありがとう、アンフィ。本当に感謝するよ」

 今日はアンフィにお世話になった。この埋め合わせはいつかしなくちゃいけないな。

「じゃあ私達は帰るから。ほら、行くよ、ネフィー」

「え、な、何か言った? お姉ちゃん……」

「さっきから何ぼおっとしてんのよ、ネフィー。帰るって言ってんの」

 ネフィーの様子がなんだかおかしいのが気になるが、シリカが元気になれば皆また元通りになるだろう。

「じゃあね、また明日」

「ホクト、また明日、学園で」

「ホクト君、おやすみ……」

 僕は、アンフィとネフィーに玄関から手を振った。


 シリカと二人きりになったアパートの部屋で、僕はシリカを抱きしめた。

「新芽は無事だよ。明日はきっときれいな花が咲くと思う」

「きゅるるるる!」

 僕がシリカに語りかけると、シリカは嬉しそうに鳴いた。

 シリカのぬくもりが心にも伝わってくるような、そんな安らぎを僕は感じていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます