二日目(日曜日)

女の子

 ピンポーン、ピンポーンとやかましく鳴り響く呼び鈴の音で、ようやく僕は目を覚ます。いつの間にか朝になっていたようだ。

 隣のシリカはまだ眠っている。

 そして再び、ピンポーンと呼び鈴の音が……。

「うるさいなあ、誰だろう? って、もしかして!?」

 僕はようやく、ライトと出かける約束をしていたことを思い出した。ベッドから飛び起きて玄関に走る。

「ごめん、ライト。今起きたところなんだ……」

 釈明しながら玄関のドアを開けて、

「えっ!?」

 僕は固まった。


 そこに立っていたのは一人の金髪の女の子。


 驚くのはそれだけではなかった。

「お早う、ホクト」

 その女の子は、太く低い声で僕に挨拶をしたのだ。そう、それは正にライトの声で。

「えっ、君はライト?」

「そうだよ。早く着替えてきなよ」

 確かにライトの声だ。

 これは一体どういうことなのだろう? ライトが女の子になっちゃった!?

「もしかして、ラジウムって物質は、男になったり女になったりするとか……?」

 僕が目をパチクリさせていると、女の子が笑い出した。

「そんなことあるわけねえだろ。この街では『日曜日のお出かけは女の子の格好で』という決まりになってんだよ。ほら、お前もスカート穿いて来いよ」

 そう言いながら、女の子が両手でスカートつまんで片ひざを曲げる。

 スカート? そんなもの自分の部屋にあるわけないだろ?

「女の子の格好って、そんなものないよ……」

「おいおい、クローゼットの中身をちゃんと見たのか? あるに決まってんだろ、この街の決まりなんだからさ。よく探してみなよ」

「ええっ!? ちょっと待ってて……」

 僕は半信半疑でクローゼットに向かう。中身をよく見てみると……あった。スカート、ブラウス、ストッキングまでちゃんと揃っている。

 ということは――ライトの言うことは本当だったのか?

 でも、なんでそんな不思議な習慣があるんだろう……。

 僕は、頭にハテナマークを浮かべながらスカートに穿き替える。すると、やっとのことで起きてきたシリカが僕の脇をすり抜けた。

「おい、シリカ!」

 僕の制止も聞かずに、シリカは嬉しそうに玄関に走って行く。

「まあ、可愛い~」

 どうやらシリカは、女の子に飛びついたようだ。

「見て、ライト。このトリティ、真っ白よ」

 それって、ええっ!?

 女の子がライトだったんじゃなかったのか?

 それに今の声は確かに女の子の声だ。決してライトの声ではなかった。

 むむむむ、何かおかしい。

 僕は着替えているフリをしながら、玄関を覗き込んでシリカとじゃれあっている女の子を観察する。

 長い金髪をポニーテールにした女の子。背の高さは僕より低い。そういえば、昨日のライトは僕より背が高かったじゃないか。それよりもなによりも、顔がぜんぜん違う。

 もしかして僕は騙されている?

 そう感じた僕はスカートではなくジーンズを穿き、女の子に見つからないようにそろりそろりと玄関に近づいた。

 すると、なにやらささやき声が聞こえてくる。

「なんだよ、バレちゃうじゃないかよ」

 これはライトの声だ。

「大丈夫よ。まだ気づかれてないから」

 こっちは女の子の声。

 やはり、僕は騙されていたんだ。

 どうやらライトは、ドアの後ろに隠れているようだ。

「きゅるるる!」

 すると僕の姿を見つけたシリカが嬉しそうに鳴いた。

「あっ……」

 そして女の子と目が合う。

「…………」

「…………」

 気まずい雰囲気に耐えられず、僕はライトに向かって声を掛けた。

「隠れてるの分かってんだよ、ライト」

「ちぇっ、バレちまったか。もうちょっとだったのに……」

 ドアの後ろから残念そうにライトが顔を出した。


「ごめんね、ホクト。ライトが騙そうって言うもんだから……」

 金髪の女の子は僕に向かって手を合わせた。

「アンフィだって面白がってたくせに……」

 悪気もなくライトが口を尖らせる。

 どうやら女の子の名前はアンフィというらしい。

「君は、アンフィっていうの?」

 僕はライトをそっちのけで女の子に声をかけた。

「ごめんなさい、自己紹介もまだだったわね。その通り、私はアンフィ。よろしくね」

「僕はホクト。こちらこそよろしく」

「ライトから聞いてるわ。昨日レディウ人になったんですって?」

「なんかそうみたいだけど」

「おめでとう! ホクト」

 女の子はニコリと笑う。

 うわっ、可愛い……。天使の笑顔とは、こういうことを言うのではないだろうか。

 僕がアンフィに見とれていると、ライトが咳払いした。

「ホクト、アンフィはダメだぞ。俺の彼女だからな」

 なぬ、そうなのか。

「なによ、ライト。挨拶くらいはいいじゃない。ははーん、それともあんた妬いてんの?」

 アンフィは横目でライトを睨む。その仕草も可愛らしかった。

「バ、バカ言うんじゃねえよ。それよりも、アンフィのせいで計画が失敗したんじゃないかよ」

「なに、それは僕を騙す計画?」

「えっと、それはだな、ホクト……」

 ライトはもごもごと弁明を始めたので、なんだか可笑しくなる。

「いいよ、いいよ、楽しかったからさ。僕は本当にライトが女の子の格好をしてるかと思っちゃったよ。ところで、なんで女の子の服が僕の部屋のクローゼットに入ってるんだ?」

 必要のない女の子の服がどうしてクローゼットに入っているか、僕には不思議だった。それと、ライトがそのことを知っていることも。

「レディウ人の新人が男か女かなんて、そんなの現れてみないと分からないだろ? だから新人用のアパートの部屋には、あらかじめ男性用と女性用の両方の物が揃えてあるんだよ。だから俺の時もアパートに女性用の物があったんだぜ。全部コイツにあげちまったけどな」

 ライトはアンフィを向く。エへへと笑うアンフィ。

「へぇ、女の子の服が置いてあるのはそういう理由だったのか。というか、危うく騙されるところだったよ」

「後で実際に着てみてもいいんだぜ」

「えっ……」

「あら、私も見たいわ。ホクトが女の子になるところ」

「アンフィまで、そんなこと言わないでよ。い、嫌だよ……」

「きゅるるるる!」

 するとシリカがアンフィの腕の中に飛び込んできて、嬉しそうに鳴いた。

「ほら、この子も見たいって言ってるじゃない」

「あははははは……」

 女の子の服のおかげで、僕達は一瞬で打ち解けてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます