帰る場所

「さあ、行こうか。少年」

 僕の様子が落ち着くと、ミューさんが車椅子を押し始める。

「行こうかって、スクーターはどうするんですか?」

「ああ、スクーターね。後で歩いて取りに来るわ。とりあえず君を病院に送ることが優先よ」

 その言葉を聞いて胸が熱くなる。

 自分が誕生した時、ミューさんってすごくいい加減な人だと思っていた。

 でもそれは違っていたんだ。彼女は誰よりも弱者の気持ちを知っている。

 だって、早く消えてしまいたいという若者の希望を受け入れて、何回も移植手術を繰り返してきた人なんだから。

「ありがとうございます」

 僕の口からミューさんに対するお礼が自然と漏れてきた。


 車椅子が森に差し掛かると、ゆっくりとミューさんが語り出す。

「あれは八年前だったわ、シリカちゃんに初めて会ったのは……」

 僕は驚いて、車椅子を押すミューさんを振り返った。

「えっ、ミューさん、シリカのこと知っていたんですか?」

「そうよ、あなたのこともね」

 そう言って小さくウインクする。何でもお見通しという素振りで。

「今まで黙っているなんてズルいですよ」

「だって私、知らないなんて言ってないわよ。それに訊かれてもいないしね」

 意地悪そうに笑うミューさん。

 いやいや、訊かれたって黙っていたでしょ、きっと。

「八年前、あの花畑でシリカちゃんはレディウ人になった。その時、あなたはまだトリティだったわ」

 僕は想像する。八年前の出来事を。

 その日もきっと、気持ちの良い日だったに違いない。

「肌が透き通るように白くて、森の緑や花の青に映える綺麗な子だったなぁ、シリカちゃんて。そういえば、病院で会った時もそんな感じだったわね」

 一度目はミモリの森で、二度目は僕が入院する病室で、シリカはレディウ人になった。そのどちらの現場にも、ミューさんは駆けつけたということになる。

「シリカちゃんはね、右手で胸を隠して、左手であなたを抱いて下を隠してたの。そう、いつかのあなたのようにね」

 あはははは、シリカだって同じことをやってたんだ。

 僕はなんだか可笑しくなった。

「それでね、私が彼女に名前を付けてあげようとしたとたん、思い出しちゃったのよ。『私はシリカだから余計なことをしないで』って怒られたわ。そしてホクト、あなたの名前も教えてくれた」

 これも全く同じじゃないか、僕がレディウ人になった三週間前と。ただ、シリカと僕が入れ替わっただけで。

 なにか運命的なものを僕は感じていた。

「それからは、よく街でシリカちゃんを見かけたけど、いつもあなたと一緒だったわ。あなたはちょろちょろとシリカちゃんの後を追いかけるようにして、それは本当にほのぼのとした光景だったんだから」

 車椅子を押すミューさんがしばらく間を置く。

 きっと、その時の様子を思い浮かべているのだろう。

「でもね、二年前くらいからそんな光景は見られなくなった。噂では、シリカちゃんがトリティになったって聞いたわ」

 二年前、シリカはアクチニウム化を経てトリティに戻った。

 アクチニウム化――つまり、夢に出て来る青白く光る女性というわけだ。

 その後はお互いトリティとして、一緒にこの森で過ごしていたのだろう。

「そして三週間前、あなたはレディウ人になった。この森で」

 その時、僕の隣にシリカが居た。

 それは必然だったんだ。

 ミューさんの話によると、少なくとも八年前から僕達はずっと一緒だったことになる。姿かたちを変えながら。

 でもシリカは消えてしまった。

 二人で過ごす時間は、もう二度と来ることはない。



 急に視界が開けた。

 ミモリの森を抜けたのだ。

「ほら、あなたの未来が見えるわよ」

 ミューさんに諭されて前を見る。

 前方からは、ライトとネフィーがこちらに向かって歩いて来るのが見えた。これからミモリの花畑に水やりに行くのだろう。

「今は無理かもしれないけど、ちゃんと前を向きなさい。あなたには、あなたを必要とする存在がちゃんと居るんだから」

 ――ネフィー。

 僕は彼女と一緒に過ごすために手術を決断した。

 そして彼女は、僕と一緒に過ごすことを夢見て不安な夜を乗り越えたのだ。

「きゅるるるる……」

 ネフィーが悲しそうな声をあげる。

 彼女だって気付いているのだろう。シリカがこの森で消えてしまったことを。

「ホクト、どうしたんだよ、その服。まさか、シリカが……?」

 ライトも驚いた顔をする。

 まあ、当然か。名残惜しそうに僕は、シリカの服を抱きしめているのだから。

 するとネフィーは、ライトのもとから走り出してこちらにやって来る。そして僕の膝の上に登り、シリカの服に身を寄せた。

「ありがとう、ネフィー。シリカの心配をしてくれて」

 ネフィーのキツネ色の毛をなでると、彼女はこちらを向く。

 その時。

 二人の目が合う。

 瞳を通じて二人は繋がった。

 ネフィーの気持ちが僕の体の中に流れ込んで来るのを実感する。僕のことを心から心配してくれている瞳だった。

 ――やっぱりネフィーは、トリティになってもネフィーなんだ。

 倒れて看病してもらった時と同じ感覚が僕を包み込んでいく。

 瞳と瞳で通じる気持ちは、レディウ人であろうがトリティであろうが関係ないことを僕は知る。

 ――僕には帰る場所がある。

 ネフィーとシリカの服を一緒に抱きしめながら、ゆっくりでいいから前を向いて歩いて行こうと僕は誓った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます