ネナベが往くっ!

作者 雪野=バルバロイ=大吟醸

138

55人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初は主人公のイーワンのことはあまり好きではありませんでした。記憶を失くしているとは言え、あまりにも「薄っぺらい」と感じました。

しかし物語の途中、ヒロインに自分のコンプレックスを明かし、前へ進もうとしているシーンを見てほんの少し好きになりました。
これから彼らがどう進んでいくのかワクワクしています。

★★★ Excellent!!!

 同じSFジャンルでのコンテスト応募作品ですので、本当はレビューしたくないです。
 それでも投票せざるを得ない。それだけ僕の好みに合致していました。
 続きが気になる一本です。

 021発表時追加。
 騙されたと思ってここまで読んでください。

★★★ Excellent!!!

主人公イーワンは良くありがちなVRMMOからの転移者。だけれども本来の自分からは大きくかけ離れている上、過去の記憶も思い出せない状態で転移してきている。
そのことが考え方に大きく影響を与え、この世界でどう生きるのか模索する、そんな作品。

また端々にあるふかしすぎた未来技術に関する設定が腹筋を襲ってくる。
特にそれが濃厚に出ている即席魔術で反撃するシーンは必見。